『偉人の残念な息子たち』 新刊ちょい読み

成毛 眞2012年01月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
偉人の残念な息子たち (朝日文庫)
作者:森下賢一
出版社:朝日新聞出版
発売日:2012-01-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

エジソン、ヘミングウェイ、ゴーギャン、ロックフェラー、チャーチルなど11人の偉人たちの業績や人柄の「おさらい」と、その不肖の息子たちについての歴史エッセイだ。小見出しを少し抜き出してみよう。雰囲気がお判りになるだろう。「酒と女に溺れるケネディ家最後の息子」「エジソンの名を使って詐欺」「たった3ドル50セントの万引きで逮捕(アル・カポネの息子)」「鬱病、麻薬常用の末に、性転換(ヘミングウェイの息子)」「ゴーギャンの息子をウリに飲んだくれ」「酒の飲みすぎで死んだ大宰相の息子(チャーチルの息子)」

いやはや、かなりの息子たちが酒や薬に溺れて人生をメチャクチャにしている。小見出しどころか、マハトマ・ガンジー(本書では正しくガンディーとしている)の章のタイトルは「酒と女に溺れ、反抗心でイスラーム教徒になる」だ。あの「非暴力・不服従」にして「インド独立の父」の長男の生涯は悲惨だ。父ガンジーの理想主義的な教育方針に反抗しつづけた長男は最後には暗殺された父を追うように亡くなったという。

息子たちだけでなく、偉人たちの生涯についても非常に手際よくまとめられているのだが、その雰囲気は透明水彩の風景画のようだ。枯れた歴史エッセイとでもいうべきであろうか。文庫版だし、ちょっとした小旅行に帯同するにはもってこいの本だと思う。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら