『劇薬時評』 新刊ちょい読み

成毛 眞2012年02月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
劇薬時評: テレビで読み解くニッポンの了見
作者:佐野 眞一
出版社:筑摩書房
発売日:2012-01-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新潮社には「波」、岩波書店には「図書」、吉川弘文館には「本郷」など、老舗の出版社は月刊PR誌を発行している。たとえば「波」の場合、自社の新刊書評だけでなく、海堂尊や高橋秀実などによる連載を10本掲載している。A5版128ページ。電車の中で読むのには最適の重さと体裁だ。3年間で2500円。1冊70円。これで送料込みなのだ。もちろん、本屋の店頭で無料で手に入れることができるけれど、定期購読してしまったほうが手っ取り早い。本書は筑摩書房のPR誌「ちくま」に現在も連載されている、佐野眞一「テレビ幻魔館」の40回分をまとめたものだ。テレビをつけっぱなしにして仕事をしている、気骨の大ノンフィクションライターによる激辛エッセイだ。

2008年11月号では小泉チルドレンを引き合いに出し、佐藤ゆかりの白すぎる歯並びを見て「終電車の死美人」を思い出し、ファラ・フォーセット風の髪型を死守する片山さつきは「妖怪人間ベム」を思い出す。猪口邦子を見ると「おてもやん」を歌いたくなるのはなぜだろうとこき下ろす。あはははは。

2009年1月号では林家一門の御曹司たちをこき下ろし、制御不能なリビドーを抱えているとして、泰葉こそが林家三平を襲名するべきだと持ち上げる。これだけでもニヤリとできるのだが、途中でデヴィ夫人のコメントに対して「はあ、左様でございますか。スカルノの妾(正式には第三夫人だったそうだが)だっただけの分際でマスコミをさんざん利用してきたのは、どこのどなたでしたっけ。」と切りかかる。とばっちりである。わはははは。

じつは、連載開始からしばらくはこのような芸能テレビネタが続くのだが、後半になるとシリアス度が増してくる。鳥越俊太郎を「ジャーナリストというより、インテリ風味のテレビタレント」と言い切り、その鳥越から「ふぬけ」といわれたテレビ局そのものに激辛の目を向けるようになる。もちろん40編読みきりだから、著者には悪いがトイレに置いておくと丁度良い。わははと笑って快便快便。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら