35年続くガンダムムーブメントはいかにして創られたのか?『ガンダムを創った男たち。』

角野 信彦2014年03月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ガンダム」を創った男たち。 上巻 (カドカワコミックス・エース)
作者:大和田 秀樹
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2014-01-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
「ガンダム」を創った男たち。 下巻 (カドカワコミックス・エース)
作者:大和田 秀樹
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2014-01-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

機動戦士ガンダムの初回放送時の視聴率がどれくらいだったか皆さんはご存知だろうか。なんと全43回の平均視聴率がわずか5.3%である。『ガンダムを創った男たち。』の中でも主人公の二人がこんなやり取りをしている。

先週の第七話「コアファイター脱出せよ」の数字…
ビデオリサーチで1.9%
さらにニールセンでは測定不能
つまり…

実質0%ということか…?
うそだろ
おい…
ある程度の苦戦は予測していたが…

視聴率0%!!
それはテレビに携わる者として恐怖の事態であった!!

機動戦士ガンダムの初回放送は、こうした視聴率の低迷が影響し全52話の予定が43話で打ち切られことになる。後にロボットアニメの革新と言われる機動戦士ガンダムも惨憺たるスタートを切ったのであった。

現在であれば、この数字では43話まで放送されることも危ないと思えるが、名古屋地区で、その最終話の視聴率が16.5%、占拠率が33.2%とようやく火が付き始め、番組が終了したにもかかわらずバンダイという新しいスポンサーがあらわれ、もともとのスポンサーであったクローバーのガンダムDX合体セットが売れまくって再放送が決定されたのがなんと初回放送が終了したわずか39日後であった。今では考えられない未曽有の事態である。

そしてガンダムは1981年に劇場版3部作の公開がスタートし、関東地区の夕方の再放送で19.2%の高視聴率を叩き出すことになる。『ガンダムを創った男たち。』はこの奇跡の逆転劇をおこした男たちの魂のストーリーである…… とプロジェクトX風に始めてみたが、実際にプロジェクトXの新作が作られる機会があれば是非このエピソードオススメしたい。それほど美しい奇跡の大逆転劇だ。

この『ガンダムを創った男たち。』はギャグマンガという手法で機動戦士ガンダムがいかに創られ、ヒットしていったかを描いたドキュメンタリーである。ドキュメンタリーを描くのにギャグマンガはとても相性がいい。ギャグマンガであれば事実に対する多少の解釈の違いや、登場人物の描き方に誇張があっても許されることが多いだろうし、全くのドキュメンタリーよりも読者を物語に引き込みやすくなる。ギャグマンガが事実をより魅力的に見せるというのは、島本和彦の『アオイホノオ』と同じ構図だ。

作者の大和田秀樹は『ムダヅモ無き改革』で小泉元総理や毛沢東などの政治家をパロディ化して、現実の政治問題を麻雀バトルギャグマンガで描き出す天才だ。現実の政治問題をギャグマンガにして、むしろ分かりやすく本質を描き出している。『ガンダムを創った男たち。』でも実際の富野由悠季や安彦良和の特徴を失わずに、マンガのキャラクターとしていい意味で誇張された魅力的な人物に変換している。

このマンガの魅力はまだまだある。一つはところどころにちりばめられたガンダムで実際に使われたセリフのである。例えばワッケインが戦争の厳しさを語った「寒い時代だとは思わんかね」やジオン・ダイクンが語った「人の認識力が拡大していく」がマンガの中で効果的に使われている。こうしたセリフを見つけるたびにニヤリとさせられる。また、モトコンポや宮崎美子のミノルタのCMなどの、不意に現れる80年代初頭を思わせるカットが懐かしい。

1979年に、土曜の夕方からの子供向けアニメ番組枠で、戦争の悲惨さやそれに関わる人間たちのドラマを描こうとすることがどれだけ大きなリスクであったかが『ガンダムを創った男たち。』を読むとひしひしと伝わってくる。富野ヨシユキと安彦ヨシカズが劇中でこう語っている。

君のやろうとしていることは早い…
十年早すぎるんだ!!
視聴者はついて来れんぞ!!

だったら時代をよ
10年進めようじゃねえか
オレたちの手で

僕はこのセリフに強烈に引かれ、どうやって時代を10年進めたのか気になってしょうがなくなり、夢中でこの作品を最後まで読みきることになった。

1979年に初回放送され、35年たった今でもその瑞々しさを失わない機動戦士ガンダムの創作の奇跡を思う存分に味わえるのが『ガンダムを創った男たち。』である。いつかは自分もこんな物語の登場人物のひとりになりたいと思わせる、そんな一冊になっている。
 

機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
監督:富野喜幸(現:富野由悠季)
出版社:バンダイビジュアル
発売日:2013-08-28
  • Amazon

 TVシリーズをもう一回見直したい方はこちら。シナリオや絵コンテまでついてファンにはたまらない。

ガンダム者―ガンダムを創った男たち
作者:
出版社:講談社
発売日:2002-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 Web現代に連載されたガンダムを創った男たちのインタビュー集。図版も豊富でビジネスにも役立つ情報も。

アオイホノオ 11 (少年サンデーコミックススペシャル)
作者:島本 和彦
出版社:小学館
発売日:2013-12-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

学生時代の庵野秀明や岡田斗司夫が登場し、ガンダムに影響を受ける姿が描かれている。レビューはコチラ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)
作者:安彦 良和
出版社:角川書店
発売日:2002-06-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 TVシリーズや劇場版では描かれなかったシャアとガルマの士官学校時代やジオン公国が成立するエピソードなどが描かれ、ファーストガンダムの世界がより充実する。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事