魂は合っているか!?『大東京トイボックス』を読んで起業した男のレビュー。

小林 琢磨2014年03月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)
作者:うめ
出版社:幻冬舎
発売日:2007-03-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

そう・・・具体的に言うと・・・魂は合っている

はじめましての人もそうでない人もこんにちは!
株式会社サーチフィールドと言うイラストや漫画に特化した制作代理店を経営している小林です。

今回は僕にとって非常に思い入れが強い漫画、『大東京トイボックス』をご紹介させて頂きます。
僕が起業を決意した一つの要因になった漫画です。
仕事に対する姿勢と言うか、とことんまでやってみたい!自分の限界に挑戦したい!!ギリギリの所で踏ん張って勝負したい!!!と思ったきっかけになった漫画です。完全に魂が合ってました。
 

ゲーム業界の世界をリアルに描いた大人の作品。

こちらは前作である『東京トイボックス』の後日談というか続編的な漫画になるのですが、ゲーム業界に携わる全ての人に読んで貰いたいと考えています。いや、一度でもテレビゲームで遊んだ事のある全ての人に捧げたい!
なぜならこの漫画はゲームを作る大人達の物語だからです。そう、大人の物語なんです!

大人になったらゲームを卒業すると思っていた貴方、最近熱中出来る物がないなと思っている貴方!
思い出してください、最初は夢と希望しかないんですよ!
それで勝負するしかないんですよ!
いつの間にか大人になってしまった人達に情熱を取り戻して欲しいんです!!

物語は簡単に言ってしまうと、小さなゲーム開発会社を舞台に紆余曲折しながらも大人が本気でゲームを作り出す過程を描いていますが、実は前半部分は「少年犯罪とテレビゲームの関係性」と言う後に表現の自由に繋がる重いテーマが隠されています。(表現の自由については明日のマンガHONZをご期待ください!)

非常に難しく、重いテーマです。こうした問題に対して明確な答えはないのだと思いますが、作中に登場する仙水と言うプロデューサーが一つの返答を投げかけます。

他人の人生をそれだけ拘束しておいて 何も残らないようなモノなど 一体何のために作るというんですか?

賛否両論あると思います。あると思いますが、僕は確かに一つの答えだと思いました。
自分の人生を賭けて作っているからこそ影響が産まれるのです。
こそに善、悪は存在しません。ただただ真っすぐな大人の本気なんです。
全力を出せば他の人に影響が出て当たり前ですし、全力を出さない仕事に何の意味があるのかと?
最近はすぐに批判が出る世の中ですが、誰だって誰しものフィールドで本気で、全力で戦っているのです。
人の全力を笑うな!撃って良いのは撃たれる覚悟のある奴だけだ!!
 

ここにシビれる!あこがれるゥ!

主人公の天川太陽はすぐに「仕様を一部変更する!」とか言い出すし、協業会社の女社長はクセ(と主に足技)が強いし、新入社員の百田は深夜に自宅に押し掛けてくるし、パブリッシャー会社であるMMGは揉んで揉まれてごっくんちょだし、ゲーム開発って本当上手くいきません。でもそれがリアルなんです。実際の現場も上手くいく事の方が少なくないですか!?あっ違いますか?違いますよね、すみません。

ったく どいつもこいつも すんなりたぁ作らせてくれねぇみてぇだな

でも実際、ゲーム作る場合はそうなんです!
人と人が全力でぶつかり合うんです。ノーガードで殴り合いです。
上手くいかないのが当たり前。トラブルなんて日常茶飯事なんですよ!
それでもゲーム屋として面白いものを作るためにただひたすら前を向くのがカッコいいんじゃないっすか!

夢と希望の次の武器は努力と!根性かと!!

その通り!
夢と希望だけじゃ喰っていけません。
もう僕らは大人なんでそんな事は百も承知です。
じゃあどうするの?努力と根性でしょう!

高度な政治的判断は偉い人(ヴァチカン的な意味で)にやって貰いましょう!

大変だけど 楽しいよ

全てはこの一言に尽きます。
僕も起業して分かりました。仕事って大変だけど楽しいんです。
いや逆に考えるんだ!逆に大変じゃなければ仕事じゃないと考えるんだっ!


リアリティとは何です?

魂込めて仕事しましょう!
 

最後に

大切な事は全て『大東京トイボックス』から教わりました。
僕はこの作品を通して、仕事へ全力で取り組む姿勢を学びました。

ただ、天川太陽の様にリアルで仕様を一部変更するって言ったら社員からめっちゃ怒られるから注意な!

これ、豆な!

 ※『大東京トイボックス』の前に『東京トイボックス』を読む事をオススメします。
全2巻なのでこの機会に是非!

東京トイボックス(1) (バーズコミックス)
作者:うめ
出版社:幻冬舎
発売日:2007-09-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
東京トイボックス(2) (バーズコミックス)
作者:うめ
出版社:幻冬舎
発売日:2007-09-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事