来週から「キルラキル」がないなら『クロスロオド』を読めばいいじゃない。

兎来 栄寿2014年03月30日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キルラキル、面白かったですねぇ!

マンガソムリエの嗜みとして週に20本以上アニメを観ていますが、ここ数年でも間違いなくトップクラスだと言い切れる作品でした。

より多くの作品を観る為に普段は録画と倍速再生を駆使しているのですが(倍速なら4時間で20本観られますので)、流石に最終回は午前3時まで起きてリアルタイム視聴!せずにはいられないッ!という感じでしたね。

キルラキルは、一話一話の密度が序盤から抜群でした。
普通なら30分かけてやる展開を15分に圧縮してしまう疾走感は堪りませんね。
そして、後半は怒涛の展開の連続!
驚きの連続や、ニクい引きの上手さに画面に向かって叫んだ回数は今まで食べたパンの枚数のように覚えていません。
皐月様の気高さ、苛とマコの何とも言えない微笑ましい関係が最高です。
私も好代さんのコロッケを食べたい! 揃さんの淹れたお茶を飲みたい!
グレンラガンに続く、心の奥底から燃えられるアニメをどうも有難うございました!
今石監督の次なる作品にも、大いに期待します!

キルラキルがもう来週から観られないんだ、と考えると寂しいですが……
そんなココロのスキマを埋めてくれる熱いマンガを紹介します!

キルラキルと同じく「服」が作品世界のキーになっている作品。
そして、スピキュールのように燃え盛る魂で激しく華美なバトルアクションを繰り広げる物語。
それが『クロスロオド』です! 

CLOTH ROAD 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:OKAMA
出版社:集英社
発売日:2004-08-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

最初に出会った時は、その圧倒的なデザインセンス・線の美しさに惚れ込みました。
作画を担当しているOKAMAさんは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で使徒やセントラルドグマなどのデザインもされている方。

その緻密な筆致により描かれる服飾や背景美術が、唯一無二の世界観を生み出しています。
独特のアーティスティックなセンスが一コマ一コマに行き届いて、画集のような楽しみ方もできる漫画です。個人的には、背景を眺めているだけでも十分に楽しい作品。
きっとこの世界が好きだけれど未読という人は、まだ世の中に一杯いる筈!
是非ともそういった人に届いて欲しいと願います。

又、キャラクターもとても魅力的。
元々女の子の可愛さに定評のある方で、事実可愛いのです。

でも、それだけではありません。格好良いおっさんだって沢山出て来ます。

感情が迸ってくるようなキャラの表情も良いですし、躍動感溢れる構図は画面の外まで突き抜けて来るかのよう。

そして、ビジュアル面のみならず物語自体も実に面白いです!
脚本を担当するのは、今季では『東京レイヴンズ』『サムライフラメンコ』に携わっていた倉田英之さん。
『R.O.D』で紙を用いて戦う少女を描いていましたが、今作では服で戦う少女を巧みに熱く描きます。

ここで、ちょっとばかりその独特な作品世界を説明しましょう。

ナノテクノロジーが極限まで進化し、産業革命ならぬ「繊」業革命が起きた時代。
ケーブルは繊維に、基板は布になり、コンピューターは服と一体化。
世間では服を作る「デザイナー」と、服を着こなす「モデル」が脚光を浴びる中、生まれてすぐ捨てられた双子、デザイナーの少年ファーガスとモデルの少女ジェニファーを中心に物語は進みます。

この世界のモデルは、デザイナーの作った服の驚くような機能を駆使してバトルを行う存在でもあります。モデル同士のバトルは人気の競技であり娯楽。
生き別れの双子が再会し、ファーガスが作った服をジェニファーが纏って戦っていくという大筋です。

そして、物語が進むにつれ話はどんどんスケールアップ。

それこそキルラキルばりに、星をも巻き込む物語になって行きます。

ユニークな要素が沢山詰まった作品ですが、大筋を辿れば実は正統派ビルドゥングスロマン。
少年と少女の成長、人と人との暖かい絆、熱い絆を感じられるようになっています。

この部分がしっかり創られているからこそ、私としても多くの人に呼んで貰いたいと思うのです。

『クロスロオド』が素晴らしいのは、全11巻で11巻が一番面白いということ。
序盤はもしかしたら乗り切れないものを感じるかもしれません。
が、尻上がりに面白くなっていきますので安心して下さい。
とりあえず、まずは4巻まで読んでみるのが良いでしょう。
最初は三流・二流モデル達がメインですが、トップモデルやトップデザイナー達のキャラ立ちぶりは凄まじいです。

中でもメイ様と呼ばれるモデルは非常にカリスマ性が高く、格好良いです。

『クロスロオド』自体名言が頻出する作品ですが、特にメイ様は名言製造機と呼んでも良いほど。

少々引用すると……


どこで咲こうと花の美しさは変わらないよ


シャクナゲの花言葉は『威厳』『荘厳』君たちにはないものだ 
そしてもう一つは『危険』 君たちが今味わっているものだ


隣で世界が滅亡しても気づかない鬼の集中モードにいつでも入れるように


風まかせかい? ……違うね 
勝利の風は自分で吹かせるものだっ!

ああ、メイ様格好良いィッ!
ちなみに、一番好きな名言はここでは伏せておくので、是非実際に読んで昂って下さい。

一部キャラの激しい狂気や、ページを捲った次の瞬間に起きる衝撃という意味では『HUNTER×HUNTER』を思い出す位の内容です。
ジェットコースター的な展開が好きな方にもとてもお薦めです。

『クロスロオド』の華やかな世界と凄絶なバトルシーンも、アニメで観てみたいなぁ……

この精緻さを動画でやるのは非常に大変だと思いますが、その分創り上げてしまえばアニメ史に刻まれる作品になると思うので、こっそり期待しています。 

TAIL STAR 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
作者:OKAMA
出版社:集英社
発売日:2013-09-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

OKAMAさんが現在連載している、最新作。
こちらも独特な設定で、魅力のあるバトルアクションになっており注目しています。
若干ダークなお話が好きな方には特にお薦めです。
  

キルラキル 2 (角川コミックス・エース 393-4)
作者:あきづき りょう
出版社:KADOKAWA
発売日:2014-03-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 漫画版キルラキルは2巻が1巻より断然良くなりましたね!
見たいシーンがいくつもあるので、今後も楽しみです。 
 

キルラキル 9(完全生産限定版) [Blu-ray]
監督:今石洋之
出版社:アニプレックス
発売日:2014-09-03
  • Amazon

しかし、25話がBD/DVD9巻の特典のみで公開ですってねぇ、奥さん……
こんな予告まで見せられて、買わずにいられるかと! トリガーの商売上手!
でもまあ、そこは素晴らしい作品を見せて頂いたお礼としてお布施させて頂きましょう。
人衣一体、財布金欠!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事