絶対に真似をしてはいけない35の科学実験
『Mad Science2』

内藤 順2014年04月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mad Science 2 ―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験 (Make: PROJECTS)
作者:Theodore Gray(テオ・グレイ)
出版社:オライリージャパン
発売日:2014-03-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

絶対に真似をしてはいけないーーなんと甘美な誘い文句だろうか。

前著『Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54』では、「シャボン玉爆弾」、「オレオクッキーを燃料にしたロケット」等、数々のエクストリームな実験で話題になったあのシリーズが、さらにパワーアップして帰ってきた!

だが、本書の”真似をしてはいけない”度は、針が振り切れるほどのMAX。そのヤバさは”まえがき”に書かれている注意文を読めば一目瞭然であるだろう。

この本には、すべての実験を安全に行うために必要なことが、書いてあるわけではない。
いかなる実験であれ、本当にやってみようと考える前に、必要な知識と経験が自分にあるかどうか、自分に正直になって考えてほしい。

保護メガネを着用せよ!
本書の実験のほぼすべてに、視力を奪う可能性がある。

まず最初に紹介したいマッドネスは、”著者自らの手を危険に曝す”という章である。まさか著者の名前の「テオ」と掛けたわけでもないのだろうが、超低温から超高温、そして猛毒といった様々な環境の中に「手を」突っ込んでいく。

たとえばマイナス195度以下の液体窒素の中に手を沈めるとどうなるのか、それを試したのが以下の写真。

「クールハンド・テオ」容器に手を入れる時だけではなく、手を抜いた時に液体窒素が飛び散ることにも注意する必要がある。

即、凍傷にでもなってしまうのかと思いきや、驚くべきことに「冷たさすら感じることはなかった」とのこと。著者の手が液体窒素に触れた瞬間、気化した窒素ガスによる保護膜が作られ、安全が保たれたということなのだ。ただし、一瞬であればの話。これはライデンフロスト効果と呼ばれる現象であり、熱したフライパンの上で水滴が踊るのと同じ原理によるものである。

さらに、このライデンフロスト効果、反対方向の熱いケースでも同じように作用する。下記の写真は、260度以上の工作用ハンダに指を突っ込んでかき回した時の写真。著者は第一関節が隠れるくらいまで指を入れかき混ぜているのだが、無傷で済んでいる。これも十分に熱く溶けた鉛に指が触れると、指の湿気が蒸発して、水蒸気の保護膜が出来たことによるものだ。

「鉛フォンデュー」器の左側に見えるのは、スズで作られた兵隊。写真に多少の情感を加えるために入れたみたとのことだが、このあたり常人の域ではない。

この他にも、猛毒で発火性の強い白リンをゴム手袋の上に塗りつけてみたり、手にポリアクリル酸ナトリウムポリマーを塗りたくって炎を燃やしてみたりと、まさにやりたい放題である。

写真を拡大
「怪しい光」

写真を拡大
「この皮膚をすくえ」

一方で、そのシリアスさとは対極に、ネタとしか思えないような実験も数多く掲載されている。その一つが「アップル電池」と命名された以下の実験である。
 

「アップル電池」それぞれ25セル(リンゴのスライス)からなる、アップルペニー電池を6組並列につなぐと、なんとかiPhoneを1秒間充電出来るほどに。

野菜や果物で電池を作れることはよく知られた話だが、本書ではこれをリンゴで試す実験が紹介されている。どうも、「アップルでアップル製品の充電が出来ます。」と言いたかっただけなのではないかと推察する。

だが、そのために費やした労力は尋常ではない。iPhoneの充電に必要な電力を得るためには、<リンゴ/亜鉛/銅>の層からなる電池が150セットほど必要になるのだ。芯抜き器でリンゴの円柱を通リ、チーズスライスで円盤を切り出し、1セント硬貨を紙ヤスリで削りサンドイッチ構造を作り出す。そしてこれだけ手間暇をかけても、充電出来るのはたった1秒間だけ。

この他にも、液体金属の水銀をマイナス195度の液体窒素で冷やし、魚の形にしては「水銀魚」と騒いだり、十分に解凍されていない冷凍七面鳥を油に浸すことで大きな炎を出して「火の鳥」と命名したりと、とにかく忙しい。


水銀で汚染されたのではなく、
水銀そのもので出来た水銀魚

冷凍肉を十分解凍せずに推奨温度より50度高く
熱した油に入れれば、火の鳥ができる

著者は、数式処理ソフトMathematicaで知られるウルフラム・リサーチ社の共同創業者でもある人物。それだけでなく、『元素図鑑』のアプリを開発した人としても、よく知られている。この著者をもってしても、本書で紹介される全35の実験を行う際には経験したことのある人と一緒にやったか、何重にも安全対策を講じ、万が一のために逃げ出すための道を空けておいたのだという。

一見、科学の再現性をテーマにしたエンタテイメントのように思えるが、それを準備するための、非科学領域の再現性にこそ、これらの実験の本質がある。作業をする時に、どこにリスクとリターンを感じるかは人によって様々だし、バカバカしいネタをいかに根気強く続けることが出来るかということも、人によって大きく異なる。

それはまさに、再現性をめぐる科学と人間の対峙とも言えるだろう。与えられた諸条件さえ整えば、確実に同じ結果を生み出す自然界の法則に対して、人間の営みにおける再現性の低さは、そのものがリスクになりうる。それゆえ本書の中には収まりきらないほどの数多くの注意喚起がなされており、だからこそ決定的瞬間を収めた写真の数々は科学的であるだけではなく、美しく芸術的なのだ。

サイエンスの様式美、アートの拡散美、その双方が味わえる贅沢な一冊。本を読んで楽しむのが、一番ノーリスク・ハイリターンではないだろうか。

(画像提供:オライリージャパン)

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)
作者:Theodore Gray
出版社:オライリージャパン
発売日:2010-05-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
世界で一番美しい元素図鑑
作者:Theodore Gray
出版社:創元社
発売日:2010-10-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
世にも奇妙な人体実験の歴史
作者:トレヴァー・ノートン
出版社:文藝春秋
発売日:2012-07-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら