東京版スーパーカジュアルSATCを『いつかティファニーで朝食を』に読む。

山本 憲資2014年04月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いつかティファニーで朝食を  1 (BUNCH COMICS)
作者:マキ ヒロチ
出版社:新潮社
発売日:2012-09-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

東京版スーパーカジュアルSATCを『いつかティファニーで朝食を』に読む。

僕自身、食べることが好きなこともあって『美味しんぼ』をはじめとして、食べ物がテーマのマンガが全般的に好きである。好きな言葉を聞かれると「目指せ山岡士郎、探せ栗田ゆう子」とか本気で答えているアホなのである。去年くらいだったか、それを知ってか女友達が薦めてくれて読んだのがこの『いつかティファニーで朝食を』との出会いだっただろうか。

3巻〜4巻(最新刊)あたりになると地方の店がけっこう出てきて、朝ごはんのセレクションもそこそこ楽しめるのだが、登場する店はすでに有名でよく知られている店も多く、これを目当てに読むというほどではない。大阪中央市場の鮨屋は行ったことがなかったので、次回大阪で深酒することがあれば行ってみたいなぁと思ったりはしたけれど。

では、このマンガに何があるのか。タイトルの「ティファニー(のショーウィンドウを前にした状態)での朝食」というのがその象徴になっているが、少しの夢をまだまだ見るアラサー女子の生態を、様々な職業の女性の登場人物を通じて、現実感があるのかないのかわからないぎりぎりの範囲でうまく描いている感じ、これを淡々と読むというのがけっこう面白いのだ。そう、例えるなら東京版のカジュアルな「SEX AND THE CITY」そのものである。本家ほど華やかでもないし無謀ではないながら、ブランド名の展開、細かい音楽の描写など、リアリティとアンリアリティのアンビバレントな要素が同居しているかんじはそっくりだ。

アパレルや編集など、一見華やかだけど決して労働環境に恵まれてるとはいいがたい世界で働く女性の仕事観、結婚観、金銭感覚などなどをはじめとしたリアリティっぽいものが、確かに垣間見える。少し焦る結婚、結婚していたらの多少の退屈感、ちょっとは楽しくなってくる仕事……。本物のSATCだとNYというバックグラウンドが自分にとっての現実感をさらに取り払うのだけれど、本作は東京のかつ、自分にとっては割合身近な業界である編集やアパレルという世界の話なのに、なぜか個人的には全くリアリティが感じられないのだ。

そこで30歳を少し過ぎた独身の僕は気づく。ああ、それだけ腹を割って話せる同年代のティピカルな異性の友達が自分にはほとんどいないんだな、と。いたところで異性とはそういう話はあんまりしないんだな、と。では自分のリアリティはどこにあるのか。むしろ冒頭にも書いた美味しんぼの栗田ゆう子のほうが自分に”現実的に”フィットする感覚を抱くのだけれど、それはただただ自分にとってであって、そもそもそんな女性はあまり存在しないということはとっくに気づいていることをまた思い出すのだ。いったい何がリアルで、なにがそうじゃないのか。

男の幸せも、女の幸せも結局のところ、どこにあるのかはなかなか分からないし見つからない。けれど、美味しい朝ごはんを食べればエネルギーチャージ。そうやって毎日乗り越えていこうぜ、なのか、そこそこ軽い感じに納得させてしまうのはこのマンガの良さの一つのような気もして、とりあえず最新刊が出たら読む、というのを続けている。

いつかティファニーで朝食を  1 (BUNCH COMICS)
作者:マキ ヒロチ
出版社:新潮社
発売日:2012-09-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
いつかティファニーで朝食を  2 (BUNCH COMICS)
作者:マキ ヒロチ
出版社:新潮社
発売日:2013-03-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
いつかティファニーで朝食を  3 (BUNCH COMICS)
作者:マキ ヒロチ
出版社:新潮社
発売日:2013-08-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
いつかティファニーで朝食を  4 (BUNCH COMICS)
作者:マキ ヒロチ
出版社:新潮社
発売日:2014-01-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事