終了しました→『エピジェネティクス』刊行記念 HONZ公開朝会のお知らせ

遠藤 陽子2014年05月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

満員御礼 応募締め切りました!

ご応募いただいた皆様、早朝からの会にもかかわらず、ご興味を持っていただき本当にありがとうございました。また残念ながら今回はご希望に添えなかった方、誠に申し訳ございません。

応募いただいた全員に、参加の可否等をメールしておりますので、何のメールも届かない、という方は、event@honz.jp までご連絡頂ければ幸いです。

-----------------------------------------------
HONZでは、月に一度、朝7時からレビュアーが集まり、それぞれがとっておきの新刊本を紹介して語り合う「朝会」を行っていますが、このたび、『エピジェネティクス』(仲野徹著・岩波新書)の発売を記念して、第6回公開朝会を開催することとなりました。

エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)
作者:仲野 徹
出版社:岩波書店
発売日:2014-05-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『エピジェネティクス』は、HONZレビュアーが本業かと思いきや、実は大阪大学大学院・生命機能研究科および医学系研究科教授というウラの顔を持つ仲野徹が生物科学の新しい概念「エピジェネティクス」について、その分野の知識がない人でも理解できるよう丁寧に解説した一冊です。(塩田春香のレビューはこちら

「まだ読んでないよ」という方、会場で販売いたしますのでご心配なく!更に、当日ご購入またはご持参の方には、朝会終了後、仲野徹サイン会を開催いたします!!
(サインの対応は同書のみとさせていただきます。)

同書を引っ提げ、公開朝会のため全ての仕事を投げ打って上京する仲野徹、迎え撃つ代表成毛眞、そしてHONZの面々とともに、朝っぱらから本の世界にどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。


なお、今回は某出版社編集者さんにご自慢の新刊本一冊をご紹介いただくとともに、ココでしか聞けない編集裏話もご披露いただく予定です。どうぞお楽しみに!

HONZ公開朝会 概要について

今回より公開朝会へのご案内はHONZ会員の方に限らせていただきます。以下のログイン画面より、詳細をご確認ください。(既にログインされている場合は、そのまま表示されます。)

ログイン

こちらのコンテンツをご利用いただくためには、会員登録(無料)をお願いいたします。
また cookie を有効にしていただく必要があります。

2014年3月26日以降にHONZ会員になられた方、もしくは既にパスワード登録をされている方

メールアドレスとパスワードを入力してログインをお願いします。

HONZ会員ではない方、HONZ会員であってもパスワード登録をされていない方

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら