マンガHONZ「マンガ家へのインタビュアー兼ライター」を募集!! → 応募期間は終了しました。

東海林 真之2014年06月04日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガHONZはこのたび、マンガ家さんへのインタビューを行う、インタビュアー兼ライターを募集します。事務局としまして採用関連業務は私、東海林真之が担当いたします。

インタビュアー兼ライターとは

毎月1本程度のインタビュー(対象はマンガ家のみ)を記事にしていただきます。
マンガ家へのアポイントについては、マンガHONZ正規メンバーと協議のうえ行っていただきます(当初はマンガHONZ正規メンバーが行う想定でおりますのでご安心ください)。

記事についてはインタビュー後2週間以内程度に作成いただきます(当初はマンガHONZへの掲載については正規メンバーが協議して決定します)。

毎月第4月曜日夜7時からのマンガHONZ夜会に出席することができます。(六本木周辺)

募集要領 → 応募期間は終了しました。

◆募集定員:最大2名

◆応募資格:
・2014年6月時点でなんらかの執筆活動をしたことがあること
・過去1年間に最低10タイトルのマンガを読んでいること
・毎月第4月曜日夜7時からのマンガHONZ夜会に出席できること
(交通費は自己負担です。)

◆選考ステップ
1.書類選考
2.面接(書類選考通過者による個別面接もしくは集団面接を予定)

◆提出書類
2014年6月27日(金)までに、以下の内容をメール本文としてmanga@honz.jpまでお送りください。
・氏名、所属名と生年、性別
・過去1年間に読んだマンガで、おススメしたいもののリスト
(新刊・既刊を問わず、最低5冊)
・過去に執筆したことのある文章(記事など)
・メールのタイトルは「マンガHONZインタビュアー兼ライター応募」

◆選考スケジュール
・書類選考通過者には、2014年7月11日(金)までに面接詳細についてご連絡します
・最終的なメンバー決定は2014年7月下旬を予定しています

◆書類選考基準
・選書傾向がマンガHONZのテイストから大きく乖離していないか。
・読者がマンガ家あるいはマンガに感心を持つような文章を書けるか否か。

マンガHONZのテイストについては、過去のレビューを参考にしてください。

募集の目的

2014年2月のマンガHONZ立ち上げから約4ヶ月が過ぎ、正規メンバーによるレビュー体制も軌道に乗ってきたところであります。マンガHONZはこれからもますますマンガ界を盛り上げるべく挑戦していこうと考えており、新たな取り組みを次々と仕掛けていく予定です。そのひとつとして、今後定期的にマンガ家へのインタビューを届けていくことにいたしました。

マンガHONZは代表もメンバーも全員がボランティアで記事を作成しています。毎年数多く出版されるマンガの中から、埋もれている良著をそっとすくいあげ世に広く紹介することを目的としているためです。この想いに共感いただく方の応募を楽しみにしております。
 

マンガHONZとは

毎年数多く出版されるマンガの中から、埋もれている良著をそっとすくいあげ世に広く紹介することを目的とした団体です。公募と推薦によって選出されたマンガを心の底から愛する社会人16名がボランティアで記事を作成。2014年2月3日にWeb書評サイトを開設し、平日は毎日記事を更新しています。サイトTOPはこちら

【代表:堀江 貴文】
1972年福岡県生まれ。SNS株式会社ファウンダー。代表著書 『ゼロ』『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』など。

【編集長:佐渡島 庸平】
2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上 雄彦)、『ドラゴン桜』(三田 紀房)、『働きマン』(安野 モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山 宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂 幸太郎)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、『インベスターZ』(三田 紀房)、『鼻下長紳士回顧録』(安野 モヨコ)の編集を担当している。

※そのほかの書き手詳細については下記をご参照ください。
http://honz.jp/list/manga/reviewers

任意団体マンガHONZ概要

所 在 地 東京都港区南青山5-3-10 FROM-1st 3F 一般社団法人HONZ内
代 表 者 代表 堀江 貴文 / 編集長 佐渡島 庸平
設  立 2014年2月3日
内  容 マンガの書評サイト「マンガHONZ」運営
U R L http://honz.jp/manga
Email:manga@honz.jp
 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事