ただのギャンブル漫画じゃない! 極上の騙し合いエンタテイメント『嘘喰い』

苅田 明史2014年06月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嘘喰い 33 (ヤングジャンプコミックス)
作者:迫 稔雄
出版社:集英社
発売日:2014-05-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ギャンブル漫画の魅力は何だろう?

読者すら欺くような逆転に次ぐ逆転の騙し合い。いかに対戦相手や読者に気づかれずに勝利への伏線を忍ばせるか、それがハマったときの気持ちよさは他のジャンルのマンガにはないものだ。
今回はそうしたギャンブル漫画のなかでも至高と思う作品『嘘喰い』を紹介したい。

この作品でギャンブルに使われるのは脱出ゲームやババ抜き、あっち向いてホイなどを題材に独自のルールを加えたゲームだ。それぞれのギャンブルのネタにも趣向が凝らされていて思わず見入ってしまう作品なのだが、主人公の班目獏(まだらめ ばく)、通称「嘘喰い」が相手のイカサマを見破ったときの決め台詞「アンタ・・・嘘つきだね」は読み手を最高にシビれさせてくれる。

(嘘喰い5・410・29・31 (ヤングジャンプコミックス) 迫 稔雄 (著)より)


そして、このマンガには他のギャンブル漫画とは一線を画す要素が含まれている。
勝負所を見逃さない洞察力やそれをモノにする勇気に加わるもの・・・。

それはずばり「暴力」だ。

通常のギャンブル漫画であれば、主人公たちはその勝負に勝つことが主目的であり、勝った後のことまで考えない。むしろ相手をいかに巧妙に騙し、最終的に優位に立てるかという部分こそがハイライトだ。
しかし『嘘喰い』では、「ギャンブルに勝ったとしても、相手が殺し屋などを忍ばせていれば勝った瞬間に殺されるか、獲得した賞金などが奪われてしまう」という前提条件がキーになっている。

相手はどんなイカサマを使っているのか? こちらが勝利を手にした瞬間に、相手のボディーガードが襲い掛かってくるのでは・・・?

ゲームに勝つだけでなく相手の物理的攻撃にも予防線を張っておかなければ、「試合に勝って勝負に負ける」格好になってしまう。そうならないために予め手を打っておけるかどうかが重要なのだ。


例えば、富士山麓のトンネルでのギャンブルのシーン。主人公である嘘喰いは、テロリストと相対しババ抜きを行う。もちろん『嘘喰い』に出てくるのは単なるババ抜きなどではない。
最後に残ったババのカードに書いてある数字の分だけ処刑台が組み上がり、合計数が「11」になれば首を吊らなければならない、というルールだ。勝った方は数十億もの大金を手に入れることができるが、敗者はその場で処刑という、まさに命がけのゲーム。

対戦相手はこのゲームでは無敗を誇り、こちらがどんな手の札を持っているかを見透かしてくるため手が付けられない。ゲーム序盤からババばかり引いてしまった嘘喰いは一瞬で窮地に立たされてしまう・・・。果たして相手は一体どんなイカサマを使っているのか!?

(嘘喰い4 (ヤングジャンプコミックス) 迫 稔雄 (著)より)

勝負の行方はマンガを手に取っていただくとして、実はこのギャンブルには「裏」がある。対戦相手のテロリストは賞金でミサイルを発射する手筈を整えているおり、しかも背後には武装した兵隊も潜ませている。そう、単にギャンブルに勝っただけではテロリスト集団の突入やミサイル発射の非行を止めることは出来ないのだ。
嘘喰いたちは相手にババ抜きで勝つと同時に、事前に手を打って相手の隠し玉を排除しなくてはならないというウルトラCを実現させなければならない。果たして嘘喰いは相手の「暴力」を抑え込むことができるのだろうか・・・!?


『嘘喰い』はネオ・ギャンブル漫画とでも言うべき作品だ。「暴力」という要素はリアリティーとハラハラドキドキ感を読者に与えてくれ、一度味わってしまえば他の作品が物足りなく思えるほど中毒性が高い。
既に30巻を超えている作品だが、一度読み始めたら止まらない徹夜覚悟の作品である。 

嘘喰い 32 (ヤングジャンプコミックス)
作者:迫 稔雄
出版社:集英社
発売日:2014-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事