嫁がYesで旦那がNo セックスレスを明るく描く『ごぶさた日記』

佐藤 茜2014年06月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情コミックエッセイ
作者:たかせシホ
出版社:メディアファクトリー
発売日:2010-02-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

いやいや、すごい。セックスレスを主題にしたこともそうだし、しかもやりたいのは嫁のほう。フィクションじゃなくてエッセイだし。嫁の性欲について書いたものは、書籍でも中々ないんじゃなかろうか。嫁側の意見だけでなく旦那側がしない理由も書いてある。セックスレスで悩んでいる、もしくはこれから悩むかもしれない、すべての人に読んでほしい一冊です。

本作は、2児の母でもある漫画家の嫁が、旦那(同じく漫画家)とのセックスレス関係を明るくつづったエッセイマンガ。内容はいかにセックスしなくなったか、旦那に気持ちを伝えたらどうなるか、というところから始まり、セックスレスになりがちな日本の住宅環境にも言及するなど、原因をひとつひとつ探っていきます。

セックスレスという重いテーマなのですが、雰囲気はかなりライト。はっきりいうと笑けてきてしまいます。例えば住環境について。

 


(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

確かにな!! 

かわって嫁の現状を冷静に観察。
  

(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

残酷すぎる現実を適切に表現しすぎです。
(ちなみにこの後さらなるオチが続く)

夫婦のセックスについて本気出して考えて見た結果。
  
(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

それに対する旦那様のほうの言い分ももっともだなぁ、と・・・
 
(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

ちなみにママ友にもリサーチしたところ、その場にいた全員がレスとのこと。。。


(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

日本の少子化が進むわけだぜ。。。

 逆に週一必ずするわーという奥様もいらしたのですが、しんどそうでした。



(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

週一回やるのと、たまにしかやらないのでどちらが良いか、というのを比喩したのがこちら。
笑っちゃいかんのはわかるが。。。うはは。

 

(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

ちなみにここまで散々「セックスレス」って書きましたが、

(『ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情』 (著)たかせシホ メディアファクトリー)

確かに。

この本はセックスレスをテーマにしているものの、解消するためのハウツーはほぼ描かれていません。大体は、なぜなったのか、どうしてそうなるのかという現状の共有。セックスレスの原因は様々で、解決策もおいそれと出せるものではないということなのでしょう。鍋の汚れは重曹ですっきり!みたいに解決できるならば、主婦向け番組で「セックスレス解消策」とかやるでしょうが見たことないですし(NHKで取り上げられて賛否両論になったくらいか)。

この、「解決策ではなくて現状を描いている」感覚、何かに似てるなぁ、と思ったら女性同士の会話です(女子会?)。Aさんが悩みを打ち明けたとしても、そこにBさんが解決策を示すことはあんまりない。「あーわかるわかる」という同意が主です。でもそれでいいんです。「今悩んでることは、悩む私がおかしいのか、それとも悩むべきことなのか」というのを確かめられるから。悩んでいることに「わかる」と言ってもらえるだけで、孤独感から解放されるから。セックスレスどころか結婚できずにうだうだしている私なぞ共感するのもおこがましいのですが、そんなことを思いました。

この作者の方はセックスレスのままですが、離婚せずに続いています。旦那様とも腹をわって話し、折り合いをつけています。今すぐに解消するのは色々な理由で難しくとも、セックスレスで悩んでいるということを理解し合うだけで、悩みは少し和らぐのかもしれません。

嫁の性欲という未開の地を垣間見るために読むもよし、
実際に悩んでいるときの心のよりどころして読むもよし、
直接は聞ききくい男性側の参考意見として読むもよし、
もちろんマンガとして作者のセンスあふれる比喩を読むもよし。

よし、が沢山詰まった興味深い本であることには間違いない一冊。オススメです。

※ちなみに、Kindleでも出ているのでこっそり読めます。

喰う寝るふたり 住むふたり (2) (ゼノンコミックス)
作者:日暮 キノコ
出版社:徳間書店
発売日:2013-03-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こちらは夫婦ではなく付き合って10年、同棲して8年のカップルの話。一つのストーリーを、男女それぞれの視点から描いています。最近NHK BSプレミアムでドラマ化もされました。

2巻目でこれまた女性がYes、男がNo状態の話があります。

女性が性欲を解消できないというのはどういう状態なのかはっきり言及されています。「セックスなんてしなくても俺らうまくやってるし!」と思っているのはあなただけだったりするかもしれません。

ちなみに、3組ほど男性側にさりげなく読んでもらってレスが解消したというデータがあります(といっても私の周り調べですが)。これ、エスティーローダーの「婚活リップ」みたいに「セックスレス解消マンガ」のPOP作ったらもっと売れるんじゃないでしょうか。どうでしょうか書店員の皆様。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事