映画『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』を観る前に復習しておきたい10個の名言!

小林 琢磨2014年08月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙兄弟(27) (モーニング KC)
作者:小山 宙哉
出版社:講談社
発売日:2015-11-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

いよいよ8月9日(土)に公開となるアニメ映画『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』が楽しみでしょうがないですよね!?そうですよね、そうですよね!どうも株式会社サーチフィールドと言うイラストや漫画に特化した制作代理店を経営している小林です。こんにちは!

最早説明不要な国民的漫画である『宇宙兄弟』をマンガHONZで取り上げるのもおこがましいとは思ったのですが、映画公開に合わせて再度『宇宙兄弟』を読み直してみると、やはり胸に込み上げてくる物があったのでこの場をお借りしてみなさまにお伝えしたいと思います。

この『宇宙兄弟』には「夢」がある!

そう、『宇宙兄弟』には夢があるのだ!それは『キャプテン翼』を読んでプロサッカー選手を目指す様に、『スラムダンク』を読んでバスケ部に入部する様に、『幽遊白書』を読んで邪気眼に目覚める様に、人生に強く(閃光の様に)影響を与える作品なのである。

あと10年もしたら『宇宙兄弟』を読んで宇宙飛行士を目指しました!と言う人がきっと現れるだろう。現に僕も最近娘が産まれたのだが、将来は宇宙飛行士にさせたいと思っているし、英才教育として3歳くらいから絵本を読ませる様にこの『宇宙兄弟』を読ませることだろう。つまり『宇宙兄弟』とはそう言う作品なんだ!

夢を描いている作品ではなく、読んだ人間の心の中に夢を描かせる作品なんだ!!

もし仮に、漫画や映画と言ったエンターテイメント作品に教育的な要素を見出すとするならば、その歳に出会わなくては行けない作品と言うのが必ずある。

『13歳のハローワーク』ではないけれど、僕は『宇宙兄弟』こそ若いうちに読んでもらいたいと強く考えている。大人ではなく、子供にこそ読んで貰いたいのである。夢を描くには早い方が良い。可能性は無限大なのだから。

心のノートにメモっとけ!

では実際に『宇宙兄弟』のどんなシーンが、人の心に夢を描かせているのか10個の名言をピックアップする形で紹介したいと思う。いいか、これは頭のノートではなく、心のノートにメモっとけ!!

メロディなきメロディを奏で
道なき道を行こう
そこに俺にとって一番の
金ピカがあるのだ

迷った時はね、
どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。
「どっちが楽しいか」できめなさい

そうだな世の中には”絶対”はないかもな
でもダイジョウブ
俺ん中にあるから

グーみたいな奴がいて
チョキみたいな奴もいて
パーみたいな奴もいる
誰が一番強いか答えを知ってる奴はいるか?

ずっと知りたかったことがある。
日々人が月に降りた時
私の顔は笑っているだろうか。
それとも泣いているだろうか。
それがどっちか今わかった。

「両方だ」

本当は
死ぬ覚悟……………
できてません
多分「こりゃもう死ぬな」って瞬間が来たとしても
ギリギリまで
「生きたい」と思いそうです


「一番ふさわしいのはケンジです」
「でも一番なって欲しいのは・・・せりかさん」
「ところが実は……一番なりたがってるのは……」

俺です


「私が」
「夢だった天文学者になれたのはきっと………」
「若き日の”ドキドキ”を」
「信じたからです」
「もしあなたが何かの瞬間」
「抑えきれない心臓の高鳴りをきいたら……」
「信じてみてください」

俺の敵は だいたい俺です

本気の失敗には価値がある

如何ですか?どれもこれも金ピカに輝く至高の名言ですよね!
その中でも特に僕の心のノートに深く刻まれた台詞は「俺の敵は だいたい俺です」と言う六太の台詞です。

自分の夢を邪魔するのはいつだって自分自身です。
日々人の様に、自分の中の絶対を信じて若き日のドキドキを思い出しましょう。

そこに心の中に夢を描く方法があるのだと思います。

最後に

大切な事は全て『宇宙兄弟』から教わりました。
僕はこの作品を通して、人の心の中に夢を描く方法を学びました。

It's a piece of cake

楽勝だぜ!

宇宙兄弟(1) (モーニング KC)
作者:小山 宙哉
出版社:講談社
発売日:2008-03-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
宇宙兄弟(27) (モーニング KC)
作者:小山 宙哉
出版社:講談社
発売日:2015-11-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
 
新 13歳のハローワーク
作者:村上龍
出版社:幻冬舎
発売日:2010-03-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事