8月のこれから売る本-山下書店南行徳店 髙橋佐和子

髙橋 佐和子2014年08月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月、私は『立ちそばガール!』をご紹介しました。そして、「どなたか一緒に立ちそばを!」と声をかけていたのです。(ご存じない方は先月をご覧くださいませ)原稿がUPされる数日前、B&Bという書店でのトークイベントがありました。

一緒に登壇する前日に新潟のツルハシブックス店主さんからご連絡をいただき「これからお勧めの立ちそば屋があるからお昼に行こう」と誘われたのです。行ってみてびっくり。『立ち食いそば 名店100』に載っていた「福そば」だったのです。初めてご挨拶した方と初めての立ち食いそば。HONZの原稿がこの出会いを呼んでくれたとしか思えない出来事だったのです。立ち食いそばの良いところは、目線が低い状態では感じられないものを味わえるところなのかなと思えました。

ぱりぱり
作者:瀧羽 麻子
出版社:実業之日本社
発売日:2014-07-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今月は今までの自分の殻を破り新たな道を考えていきたい。切っ掛けをくれたのは、瀧羽麻子 『ぱりぱり』。私は幼い頃から「普通じゃないね」と言われてきました。褒め言葉のときもあるでしょうし、反対の意味の場合もあるでしょう。しかし、私の中には自然と「普通ではない=受け入れにくい子」とインプットされていきました。でも、そうじゃないのです。本書は、「普通とか普通じゃないとか何を基準にしているのか」という疑問を授けてくれます。一人一人の個性を枠に閉じ込めて話してはいけないのだと伝えてくれています。ぱりぱりと全身の殻を取り払った先にある輝ける言葉の個性を怖がらずにアウトプットすることの大切さを詩のように優しく伝えてくれる本でした。
 

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)
作者:柚木 麻子
出版社:東京創元社
発売日:2014-08-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

何かに違和感を感じていてもそこに「気づく」ためには、他者の存在が必要だと思います。8月11日発売予定。柚木麻子 『ねじまき片思い~おもちゃプランナー・宝子の冒険』。誰にでも夢があると思います。自分自身で掴み取る夢もあるでしょう。もう一方で、背中を押してくれる他者の存在が新たな見方を教えてくれることもあると思います。本書では「自家発電で一歩一歩前へと進むために、ねじを巻き続けていられる自分でありたい」と思わせてくれました。他者は必要ですが、やはり自分があってこそ。溢れ出る感情を隠さずに生きていくことが自分なのだと思いました。 

突然ですが、南行徳では『手羽矢』が一押しのお店です。接客に迷ったとき、パワーがないとき、『手羽矢』に行きます。細やかな接客に感銘を受け、元気をもらい、自分を鼓舞させているのですが、先日、ご紹介いただき、ご主人とお話することが出来ました。少し前になりますが、本も出されています。

ラストオーダーは稼ぎ時
作者:中島 孝治
出版社:商業界
発売日:2010-01-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今まで通っていたお店の接客が、何故あれ程温かく、細やかなのか。些細な言葉に反応したのか深く納得させられた内容でした。書店員として努力し続けてきた接客が、業界の枠を超えて居酒屋の接客とシンパシーを感じるとは思ってもいなかったのです。

書店業界は厳しい状況にあり続けています。息切れしそうな毎日の中で、私は接客に希望を持っています。全ては人と人の繋がりであるとさえ思います。人と人が繋がり、本と人が繋がる。そのために決して目立つことのない接客が、キラキラと光る砂の粒のように業界の未来を輝かせてくれると信じています。手羽矢の想いは、私に諦めない心を伝えてくれたように思いました。日々を大切に、私を信じてくれる人を信じて堂々と歩んでいこうと思いました。私は今、ぱりぱりと殻を破いているときなのかもしれません。本屋は日々変わります。ぜひ、ふらりと足を運んでみていただけたらと思います。
 

髙橋佐和子1982年、AB型。埼玉県にて育つ。大手書店、街の書店を経て、現書店で働く。4月から児童書担当に。その他、地図ガイドと文庫のお手伝いをしているアルバイト。今年の決意は自分を保つ、熱意を形にする、文章能力をあげる。本と同じくらい愛しているのは吐息が出るほどの美味しい日本酒。

【山下書店南行徳店】
〒272-0138 千葉県市川市南行徳1-16-1
TEL 047-314-5898 FAX 047-307-8977
「当店のフリーペーパー『ギフト』隔月刊行予定。地元に愛されるお店を目指す。」
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら