一足30万! 足元に気を遣うオシャレなあなたに靴職人の物語を『IPPO』

苅田 明史2014年08月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IPPO 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:えすとえむ
出版社:集英社
発売日:2012-12-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan

アナタは靴にいくらお金をかけていますか?

腕利きの職人が作るマスターピースはどれもかなり高い値段がつきます。
機械式の腕時計だったり、特注の高級スーツだったり。
「安物買いの銭失い」と言いますし、大事に使えば十分モトが取れるのですが、なかにはどう考えても自分の価値観の遥か上をいくものもあったりします。
特に靴は消耗品なだけに、注文靴(ビスポーク)とはいえ高いお金をかけるのはちょっと…という方も多いのではないでしょうか。

でもこのマンガを読めば、靴に30万円くらい払ってもいいかな、と思ってしまうかも!?
今回紹介するのは『IPPO(イッポ)』という靴をテーマにしたマンガです。

靴職人が繰り広げるドラマ

本作の主人公は一条歩(いちじょうあゆむ)というオーダーメイドの靴職人。
12歳からイタリア・フィレンツェに住み、祖父の下で靴職人の修行を積んで、若くして名門下の靴職人として働いた実績を持つ彼は、弱冠22歳にしてすでに著名人からオーダーが入るほどの腕前を持っています。
そんな主人公が日本に帰国し、祖父から引き継いだ自分のお店「IPPO」を立ち上げるところから本作は始まります。

日本人はまだ靴にこだわりをもつ人が少なく、既製品に比べて仕立て靴のマーケットはとても小さい(「注文靴 東京」で検索してみると、外反母趾対策などが多いみたいですね)。
でもそこで勝負を挑む主人公は、「日本人のため」ではなく「お客様一人ひとりのため」に、まっすぐに靴作りに向き合うのです。

彼が靴職人のおじいさんから受け継いだ言葉にこんな言葉があります。

“手だけで仕事をするものは労働者である”
“手と頭で仕事をするものは職人である”
“手と頭…そして心で仕事をするものは…芸術家である”

そう、彼は職人ではなく、芸術家。
だからこそ、その手製靴は多くの人を魅了し、高い値段を払ってでもその靴を手に入れたいと思わせるのでしょう。

IPPO 1 (えすとえむ、ヤングジャンプコミックス)

「IPPO」を訪れる人は、ただ人とは違うものを履きたい、高くてカッコいい靴が欲しいだけの若い男性。足を失ったファッションモデルの女性。父親の事業を継いだものの、その背中に追いつくことができず悩む経営者・・・などなど個性的な人ばかり。
こうした人たちとのやり取りで明らかになるのは、主人公の職人としてのこだわりや人を思う優しさ。
主人公が仕立てた靴を履くことで、人生の新しい一歩を踏み出していくお客さん一人ひとりのエピソードはどれもほっこりと心温まるものばかりです。

そういうところは、以前ご紹介した仕立てスーツ職人のマンガ『王様の仕立て屋』にも共通するところがある気がしますね。
(ちなみに『IPPO』はギャグ要素は控えめ)

靴のリペアについても学べます

このマンガを読んで、私が大学生の頃、知人の年上(30歳くらい)の女性が「私は靴の手入れがちゃんとしてる男が好き」と言っていたことを思い出しました。
靴って一生懸命磨いてもすぐに汚れるし、満員電車で踏まれると跡が残るし、ソールの張り替えだって安くはないし、酔っぱらって帰宅するとシューキーパー入れ忘れちゃうし。
でもそんなちょっと面倒なものだからこそ、大切に扱ってあげることでその人の生真面目さや誠実さを表わすのかもしれません。

『IPPO』では途中から靴修理(リペア)の職人も一緒にお店をやることになります。
リペアは既製靴も対象にしているので、高くて手製靴には手が出ない読者も靴との上手な関わり方を学べるのです。

作者のえすとえむ氏は、骨がゴツゴツした、職人気質のセクシーな男を描くのがとてもお上手なので、この作品の雰囲気にもマッチしてます。
『IPPO』、おすすめです!
 

IPPO 2 (ヤングジャンプコミックス)
作者:えすとえむ
出版社:集英社
発売日:2013-12-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
その男、甘党につき
作者:えすとえむ
出版社:太田出版
発売日:2013-07-25
うどんの女 (Feelコミックス)
作者:えすとえむ
出版社:祥伝社
発売日:2011-09-08
Golondrina-ゴロンドリーナ 1 (IKKI COMIX)
作者:えすとえむ
出版社:小学館
発売日:2012-02-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
 
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事