高橋留美子が!島本和彦が!細野不二彦が!

版元の編集者の皆様2014年09月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
作者:細野 不二彦
出版社:小学館
発売日:2013-04-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『ギャラリーフェイク』、『究極超人あ~る』、『伝染るんです。』、『サイボーグ009』、『うしおととら』、『犬夜叉』、『銀の匙 Silver Spoon』、『GS美神 極楽大作戦』・・・たぶん、マンガHONZにアクセスする人で、「これらの名品をひとつも読んだことがない」という人は皆無ではないだろうか。ご存じの方もいると思うが『ヒーローズ・カムバック』は、小学館のコミック誌で描く機会の多いマンガ家たちが、震災復興募金を目的とし、原則、自身の過去の名作のヒーロー(キャラクター)を読切の形で復活させ、それらを1冊にまとめた贅沢なオムニバス短編集である。

発起人は細野不二彦氏。「あの忙しい高橋留美子先生に、電話1本で読切を描くことを約束させてしまった」と冗談ながらに口にして、実質的に、責任編集長の立場を務めた細野氏は、「やるからには絶対、売る」という思いで集めたマンガ家の布陣には一分の隙もない。初版10万部にはすぐ重版がかかった。結果、発行後半年後には、岩手、宮城、福島各県の震災孤児の育英基金へ合計4千万円の寄付を実現したのである。

 ・・・という企画背景はともかく、作品集としての『ヒーローズ・カムバック』を「マンガ読み」が楽しむ方法のひとつとして、マンガ家が一度、完結させた作品(キャラクター)を復活させた過程を「妄想する」楽しみ方があるのではないかと思う。例えば、吉田戦車氏は『伝染んです。』を描く上で「カワウソくん、かっぱくんは(キャラが)すぐ動くけれど、カブトムシ斉藤はうーん・・・・・・」だったと、とあるシンポジウムで発言して、会場のお客を沸かせた。つまり、企画段階中に、マンガ家同士、「○○さん、あなたの中に○○は動きますか?」「いや、うちの○○は・・・」という、「うちの○○」的な会話が繰り広げられたのである。そうした過程を経て、マンガ家たちの奥底に眠る存在が同時多発的に放出された1冊という点で、震災復興の目的とは別の意味でも貴重な作品集ではないかと思うのである。藤田和日郎氏は、『うしおととら』のキャラを「走らせる」ために、「90年代の音楽を流し続け、執筆当時の気持ちを駆り立てながら描いた」と発言している。

 ちなみに私が担当した『ギャラリーフェイク』特別編については、細野氏はすらすらキャラが「動いた」そうである。最後のシーンで、主人公のフジタが「ニヤリ」と見栄を切るシーンがあるが、その表情に「フジタ健在!」と感じた読者は多かったのではないか。ブルーハーツの甲本ヒロト氏の言葉に「(作品は)○○○みたいなもの、作るというより出す」という名言がある(○○○は食事中の方もいるかもしれないので自粛)。3.11の震災当初、それが自分事でなかった細野氏が、その3か月後、被災地に自身が赴いたとき、被災地の空気を吸い「とてつもなく大きなもの」を背中に背負うような衝撃を受けた。その後、1年半が経過し、ある日、この企画が「出た」。その思いがマンガ家たちに伝播していき、作家が自発的ではなく、外部からの刺激で眠っていたキャラクターを揺り起こすようなムーブメントが起きた。「高橋留美子先生は、『めぞん一刻』、『らんま1/2』のキャラを揺り動かそうとしたのか」と想像するだけでも、マンガ読みとして楽しい気分になれる。マンガ読みを自称する方には、そんな思いをはせながら、ぜひ『ヒーローズ・カムバック』に目を通してほしいと思う。

 最後に細野氏が『ヒーローズ・カムバック』をPRするために描き下ろしたマンガを紹介したい。島本和彦氏が『アオイホノオ』で「細野不二彦がすでにやっているぞ!」といじり、長い月日が経った後、このPRマンガでは細野氏が島本氏をいじり返している。両者のいい関係が、ここからも垣間見られる。

(スピリッツ編集部 デスク 森岡正樹)

ギャラリーフェイク (1) (ビッグコミックス)
作者:細野 不二彦
出版社:小学館
発売日:1992-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
究極超人あ~る 1 (少年サンデーコミックス)
作者:ゆうき まさみ
出版社:小学館
発売日:1986-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)
作者:吉田 戦車
出版社:小学館
発売日:1998-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)
作者:島本 和彦
出版社:小学館
発売日:2008-02-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
うしおととら (1) (少年サンデーコミックス)
作者:藤田 和日郎
出版社:小学館
発売日:1990-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)
作者:高橋 留美子
出版社:小学館
発売日:1997-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
作者:荒川 弘
出版社:小学館
発売日:2011-07-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
GS美神極楽大作戦!!(1) (少年サンデーコミックス)
作者:椎名高志
出版社:小学館
発売日:1992-03-18
  • Amazon Kindle
  • ebookjapan
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事