【連載】小林凛くんと国立科学博物館に行く!① 成毛眞がその才能を絶賛!「ランドセル俳人」中学生になる

塩田 春香2014年09月17日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に子どもに対して天才という称号を与えるのはいかがなことかと思う。大人からの過大な賛辞や期待は子どもの成長にとっていかなる負担になるものかとも思う。しかし、少なくとも自分には今もってこのような才能を見いだせない。

2013年5月に投稿され、大きな反響を呼んだ成毛眞のレビュー。『ランドセル俳人の五・七・五』は当時12歳だった小林凛くんが、小学校で命に関わる壮絶ないじめを受けて不登校に追い込まれながらも、瑞々しい感性と人や生き物へのやさしいまなざしで心を打つ俳句を詠みつづけた、その記録であった。

あれから1年以上の時がたち、凛くんは中学生になった。そして、ここで大ニュース!! 来る9月19日、待望の2冊目の本が刊行されることに!! 

冬の薔薇 立ち向かうこと 恐れずに
作者:小林 凜
出版社:ブックマン社
発売日:2014-09-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

他者への思いやりに満ちた純粋な視点はそのままに、もう一段深く広がりをもった俳句の数々。子どもから大人になってゆく、凛くんの成長ぶりを感じさせてくれる。加えて、前著に推薦文を書いてくださった聖路加国際病院の日野原重明先生と俳句を詠みあう往復書簡や、『ランドセル俳人の五・七・五』を読んで全国から届いた応援俳句なども掲載され、とても読みごたえのある一冊となった。

蒲公英や試練乗り越え一斉に

苦しい時を経て、俳句にいきいきと描かれる自然への鋭い観察眼は、凛くんをサイエンスへの深い関心へと誘っていた。大阪で暮らす凛くんとお母さんが夏休みを利用して東京へ来ることになったのを機に、国立科学博物館を見学しよう!ということになったのは、至極当然のことだった。

今回の活動記では、凛くんの著書2冊から折々に俳句を紹介しながら、全3回に渡って博物館見学の様子をレポートします!

国立科学博物館上野本館(日本館)

携帯の音かき消して蝉しぐれ

小雨降るなか、アブラゼミとミンミンゼミが鳴いている。ここは、東京・上野にある国立科学博物館(以下、科博)の通用口。今回の見学は、凛くんとお母さんを、科博の折原守理事と鳥取県の中学から1年間の研修に来ている重道先生がご案内くださる。そこにHONZ代表の成毛眞、凛くんファンの私・塩田も同行させていただく。

科博の通用口にて。新刊名誉の献本第一号はこの人。HONZ代表・成毛眞。
凛くんは、まだちょっと緊張ぎみ?
 
わずか944グラムという超低体重児として生まれ、小学校でも小さな体でいじめを受けてきたという凛くん。それでも『ランドセル俳人の五・七・五』の写真のときよりも大きくなっているだろうなとは思っていた。

が、なんと!初対面の凛くんは、小柄な私やお母さんと同じくらいの身長になっていた! 顔つきも、「子ども」というより「若者」。親戚の子がしばらく会わないうちにすっかり大きくなってえ~、と、感慨深いおばちゃんのような気持ちになる。

凛凛と一三歳の夏来る

今日は常設展の一部と特別展「太古の哺乳類展――日本の化石でたどる進化と絶滅」を見学することになっている。わくわく。

展示を見る前に、まずは少しだけ科博の歴史や概要について、折原理事からレクチャーしていただく。

科博は、明治10年(1877年)に教育博物館として創立された。「国立科学博物館」は、じつはここ上野だけではない。上野の本館と、港区にある付属自然教育園と、調査研究を主とした筑波地区、3つの施設の総称である。

ネオ・ルネッサンス様式の日本館ホール天井。ステンドグラスなどの装飾が美しい!


上野には、「地球生命史と人類」をテーマにした地球館と、「日本列島の自然と私たち」をテーマにした日本館がある。日本館が建ったのは昭和6年(1931年)。現在は重要文化財に指定されているこの建物、上から見ると、当時の最先端科学の象徴だった飛行機の形になっているそうだ。何度も来ているけど知らなかったー。建物自体が、まさに「博物館級」。 

上野本館で展示されている収蔵品は、約1万5000点。だが、ゆっくり見ようと思ったら軽く3日間くらいはかかってしまいそうな上野の展示物も、じつは科博のもつ貴重な収蔵品の、ごくごく一部に過ぎない。多くは筑波の収蔵庫で保管されているそうだ。なんとその数、約420万点! 

では、ほかの美術館や博物館とは違う、科博に収蔵されているものの特徴は何か? それは、博物館の職員自らが調査して、採りに行ったものが大半を占めるということだ。化石や鉱物、生物標本しかり。収蔵品の数からして、わたしたちが目にする展示の裏で、長年にわたりどれほど膨大な調査研究が蓄積され、今も行われていているかが、うかがい知れる。まさに日本における基礎研究の殿堂であり、未来への遺産である。

無花果を割れば無数の未来あり

日本館ホールの照明(左)と階段の手すり(右)。
細部にまで趣向を凝らした日本館の建築も、科博見学の見どころ 

さて、それではいよいよ、展示を見にGO!

第2回はこちら

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら