NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」を深く楽しむために、『バーテンダー』北海道編はいかが?

苅田 明史2014年10月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK朝の連続テレビ小説史上、初めて純外国人がヒロインをつとめるということで放送開始前から話題だった「マッサン」(http://www.nhk.or.jp/massan/index.html)。

ご存知の方も多いと思うが、この物語はニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝とその妻リタがモデルとなっている。
玉山鉄二が主人公を演じている亀山政春は、スコットランドでウイスキーの醸造技術を学んでいる際、現地の女性エリーと出会い、国際結婚。国産ウイスキーを造る夢を叶えるべく、周囲の反対を押し切り彼女を連れて帰国する。

当時はまだ国際結婚などほとんどなかった大正時代。当然、二人の家族は大反対したが、二人は夫婦の愛を貫くことを決心する――というこんなお話なのだが、実はこの物語を予習するのにピッタリの漫画がある。
しかも、おそらく読んでもネタバレにはならない。むしろ「マッサン」で語られる夫婦愛により親しみを抱き、毎朝が楽しみになる事うけあいだ。
その作品が原作・城アラキ、作画・長友健篩による『バーテンダー』である。

Bartender 16 (ジャンプコミックスDX)
作者:城 アラキ
出版社:集英社
発売日:2010-03-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

大人のバー入門書としても最適

アニメ化されただけでなく、嵐の相葉雅紀が主演しドラマ化された作品なのでご存知の方も多いかもしれないが、主人公であるバーテンダー、佐々倉溜(ささくら りゅう)がバーに訪れる客やバーテンダー仲間たちと繰り広げるエピソードが描かれている。
(これまでレビューしてきた『王様の仕立て屋』や『IPPO』然り、個人的に職人が登場するマンガが大好きなのだ 笑)

私は以前、バーって何となく敷居が高い、とか、何を注文したら良いのか分からない、といったイメージをもっていたが、このマンガを読んだことで「バーの楽しみ方」というものを勉強できた気がする。

一人で家でビールや発泡酒の缶を空けるのも良いが、ちょっとした高揚を感じながらバーで飲むのもオツなものだ。もちろんデートや会社の仲間と少人数で飲むときも、居酒屋では味わえない緊張感を与えてくれると同時に、相手に向き合う誠実な心持ちにさせてくれる(緊張を覚えているのは私がまだまだバー初心者だからかもしれないが)。

他では味わえない特別な場所を手に入れる。そういう意味でも若いビジネスマンにはぴったりのマンガだと思う。
 

「マッサン」を楽しむために

『バーテンダー』のそれぞれのお話は基本的に短編なので、どこから単行本を読んでも楽しめる。今回の主旨である「マッサン」の予習として読むなら16巻がオススメだ。

この回は溜が北海道の余市にあるウイスキーの蒸留所を訪れるところからはじまる。
旅の途中の電車内で出会ったおばあさんと一緒に余市蒸留所を見学することになり、そこで竹鶴政孝とその妻リタのエピソードが語られるのだ。

(バーテンダー16巻(城アラキ、長友健篩 ジャンプコミックスDX)

スコットランドから夫とともに日本を訪れ、日本人として生きることを決意したリタ。周囲の猛反対や度重なる事故にもめげず、夫の「日本産ウイスキーを作る」という夢を一緒にかなえようとする姿には感動間違いなし。

けっして長編ではないため「マッサン」のマンガ版として期待されると困ってしまうが、ウイスキーがつくられる工程だけでなく、「マッサン」で描かれる物語の設定、特にリタが日本文化に馴染むために血汗滲む努力をした様子が語られており、『バーテンダー』のなかでも実に「読ませる」回になっている。
北海道まで旅行にいけないという方も、蒸留所を見学した気分にさせてくれる。

溜がカクテル作りに使った、「竹鶴政孝とリタを救った飲み物」とは一体なにか・・・?
電子書籍版も出ているので、ぜひ作品を読んで確かめていただきたい。

バーテンダー16巻(城アラキ、長友健篩 ジャンプコミックスDX) 

竹鶴政孝とリタの物語を描いたWebマンガもあった!

ドラマチックな要素に溢れているため、別の作品でマンガ化されていないかと調べてみると、日経BP社(日経BPビジョナリー経営研究所)とアサヒビールが立ち上げた「CAMPANELLA(カンパネラ)」というメディアでマンガ化されているようだ。
まだ数話が掲載されているに過ぎないが、こちらもぜひ注目していきたい。

『ウイスキーに捧げた二人 ~リタとマッサン~』
http://business.nikkeibp.co.jp/article/campanella/20141014/272511/

バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
作者:城 アラキ
出版社:集英社
発売日:2004-12-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
琥珀色の夢を見る―竹鶴政孝とニッカウヰスキー物語
作者:松尾 秀助
出版社:PHPエディターズグループ
発売日:2004-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
「マッサン」と呼ばれた男 竹鶴政孝物語 (NIKKO MOOK)
作者:
出版社:産経新聞出版
発売日:2014-09-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
 
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事