『刻刻』 - とにかく奇妙で疾走感のある世界に飛び込んでみる

堀江 貴文2014年11月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
刻刻(1) (モーニング KC)
作者:堀尾 省太
出版社:講談社
発売日:2009-08-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

第一巻を読んだ時に背筋がゾクッとした。これまでに無いタイプの漫画だったからだ。ごく普通の、だけどニートばっかりのダメ家族「佐河家」には秘密があった。全てのものの時間が止まった世界「止界」に行く方法が代々佐河家には伝わっていたのである。それを知っていたのは祖父だけだったのだが、それが原因で怪しげな新興宗教団体に家族が拉致されることになる。彼らは別ルートでその止界に行く術を知っていたからだ。そんな能力を独占して世界を支配してやろうと企む者達との戦い。そして止界を支配しているような「管理人」による慈悲のかけらもない処刑、そして異形の者達。これまでにありえなかったようなキャラクターが満載の漫画なのである。

どうやってこんなストーリーを思いついたのかわからないこのオリジナル感がなんとも堪らない漫画であり、最新の8巻で完結してしまったことは残念でならない。というのもこの漫画の設定はもっと複雑なはずで各登場キャラクターにはもっともっと背景がありそうで、キャラクターごとに一つのサイドストーリーが描けそうな勢いだからだ。結構人気な漫画かとおもっていたらそうでもなかったのだろうか?意外にあまり話題になっていないような気がしていて。。。

それと私の名前である「貴文」というキャラがダメ親父の名前として登場するところも個人的には見逃せない。。。が、とにかくハゲデブのダメ親父のキャラなのではっきりいってちょっと残念な感じもするんだけど、なんで「貴文」にしたんだろうなあ。。。とおもってみたりとか。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事