【緊急執筆】白泉社の電子書籍108円セール! ジャンル別お薦め作品まとめ

兎来 栄寿2014年11月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にか始まっていた白泉社の電子書籍セール。何と、あの名作もこの傑作も最初の3巻が108円……!? 期限は明日20日までとのことですので乗るしかありませんね、このビッグウェーブに!

という訳で、先日の角川祭りに続いてこのマンガソムリエ兎来栄寿が、取り急ぎカテゴリー別にオススメ作品を紹介させて頂きます。

かわいい動物たちに癒やされる!

みかん・絵日記 (第1巻) (白泉社文庫)
作者:安孫子 三和
出版社:白泉社
発売日:1997-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

猫好き必読マンガ。初めて山奥のお店でまたたび酒を飲んだ時は、この作品に登場するみかんのことを想いながら飲み、みかんはこれが大好きだったんだなぁとしみじみしました。普通の猫だと思っていたみかんは何と人間の言葉を理解して話せる猫だったのですが、読み進めるとその理由が明らかに……。大ゴマや見開きの使い方が巧いです。笑いと共に、暖かい涙をもたらしてくれる傑作。『みかん・絵日記』をスマホに入れポケットに入れて持ち歩けるとは、良い時代になったものです。

愛蔵版 動物のお医者さん 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
作者:佐々木倫子
出版社:白泉社
発売日:2013-10-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

メジャー過ぎますが、挙げない訳には行きません。大好きです。北海道の獣医学部に在籍し、獣医を目指す主人公と周囲の奇人や動物たちを描いたコメディ。この物語のお陰でシベリアン・ハスキーを飼った人や、獣医を目指した人・実際になった人がどれだけいることか。個人的にはまさかの大塚明夫さんボイスを当てられたヒヨちゃんやスナネズミが好きです。一話完結型なので、もし未読であればとりあえず一冊買ってみて間違いない作品。

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)
作者:大島 弓子
出版社:白泉社
発売日:1994-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

単純な動物モノではなく、少女の姿で描かれる子猫視点で世界を視る物語です。詩的な言葉選び、込められた想いの機微は、読み返す度にその時々の自分に応じた感動を与えてくれます。 「まっしろで……身も心もしずみこむようなすてきなかおりがする一面の綿の野」のような世界に、あなたも誘われてみませんか。本当に素晴らしいので定価でもお薦めする傑作が、何と今なら全4巻中3巻が108円! 

腹筋を鍛えられるギャグの世界!

パタリロ!―選集 (1) (白泉社文庫)
作者:魔夜 峰央
出版社:白泉社
発売日:1994-09
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

「妖怪ウォッチ」にてクックロビン音頭が出て来たことが話題になり「ネタが古過ぎて子供にはわからないだろ」「いや『パタリロ』は絶賛連載中」と交わされたやりとりがちょっと面白かった今日この頃。次に100巻に到達する漫画はこの『パタリロ!』となるでしょうか? 基本的には一話完結型のギャグマンガですが、サスペンスやミステリ、SFなどジャンルを飛び越えたエピソードが数多く存在し、中身も濃厚で読み応え抜群。バンコランとマライヒで「目覚めた」人も多いはず。ああ、誰か私に『パタリロ!』を1巻からシリーズ全作読み返すための精神と時の部屋を下さい!

サディスティック・19 第1巻 (花とゆめCOMICS)
作者:立花 晶
出版社:白泉社
発売日:1992-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

見た目は美少女、中身は混沌! 表紙の可愛らしい絵からは想像もつかない、奇想天外でブラックなギャグマンガです。だがそれがいい。絵柄は今となっては古いですが、綺麗な絵でえげつないネタを敢行する妙味。絶版となっていたために薦め難かった名作ですが、電子書籍化されたのは実に喜ばしいです。男性も騙されたと思って読んでみて欲しい一作。×-ペケ-』『学園革命伝ミツルギ春になるとウズウズしちゃうなどの系統の作品が好きな方は是非。

B.B.joker (Jets comics (188))
作者:にざかな
出版社:白泉社
発売日:1999-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

上記『サディスティック19』の流れを汲む、シュールブラックギャグ。かな先生の美麗な絵で描かれる、にざ先生のバーリ・トゥード(何でもアリ)なえげつないネタの数々。いいぞ、もっとやれ。感心する位頭の良いネタから清々しい程の力技まで多種多様で、笑わせてくれます。私は残念過ぎるイケメン・安藤大介が好き過ぎてたまりません。一度は解消したにざかなコンビが再結成しての『4ジゲン』共々、とてもお薦めのギャグ漫画です。

その設定・世界観にシビれ憧れるSF作品たち

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)
作者:日渡 早紀
出版社:白泉社
発売日:1998-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 『ぼく地球』と書いて「ぼくたま」と読むこの作品を語るには、このスペースは小さすぎますッ……! 名作過ぎるあまり、どれだけ多くの人が黒歴史を築き上げるのに貢献したことか。多感な時期にこの作品を読めば、それは「あの人と自分は前世では強い絆で結ばれていたのではないか」などと妄想もするってものですよね。くっ、いっそ殺せ……! そして、小林輪はある種の嗜好を決定付ける実に罪深い存在。壮大な展開に宇宙・世界の大いなる広がりを感じながら、その中でこれでもかという位に微細に丁寧に描写される人間のデリケートな感情の機微、心理の推移に心を揺さぶられ、涙すら流れます。

なお、続編である『ボクを包む月の光』はセール対象外の模様です。

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))
作者:清水 玲子
出版社:白泉社
発売日:2001-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 マンガHONZでもレビューされた傑作。本当は私がレビューしたかった位、大好きで実にクオリティの高い作品です。何せ、『秘密』の原画を目当てに六本木のメディア芸術祭に赴いた程。1巻だけでも十分面白いですし、2巻まで読めば清水玲子先生の真骨頂を味わえます。女性誌掲載ですが、それだけに読んでない人が多いであろう男性にも大変お薦めです。

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)
作者:清水 玲子
出版社:白泉社
発売日:1998-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

そんな清水玲子先生の、『秘密』の前に描かれたSF。 こちらも非常にオススメです。チェルノブイリをモチーフにした人魚の愛憎劇という途轍もない内容は、福島第一原発事故を経た今という時代に再読する意義のある作品でしょう。清水玲子先生の漫画は、ある種非常に残酷でありながらも読んだ時の印象として「美しさ」の方が強く残るのが凄く、それ自体が恐くもあります。巨大なスケールで描かれ、そして見事に畳まれる物語。

So what? (第1巻) (白泉社文庫)
作者:わかつき めぐみ
出版社:白泉社
発売日:1997-06
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

星雲賞受賞作。とはいえガチガチのSFではなく、明るい雰囲気が漂いファンタジーでもある作品です。全編に漂う優しさや、何となく心の中にストンと落ちて来るセリフの数々が読んでいて心地良いです。「郷愁にも似た青を少し漂わせた切ないほど透明な胸の水晶」といった言葉選びのセンスも冴え渡っています。そして訪れる切なさ……堪りません。今作に限ったことではないですが、文庫版はページ端のフリーコーナーが無くなってしまっているのがちょっと残念ですが。

OZ 完全収録版1
作者:樹 なつみ
出版社:白泉社
発売日:2004-11-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

同じく星雲賞受賞作。樹なつみ先生の作品は名作揃いですが、その中でも『OZ』は最高傑作として推されることも多く、私もそれに賛同します。今作単体でガッツリとレビューを書きたい位です。核戦争後の世界という舞台で、戦いも飢えもない都「OZ」を目指す者達の物語。人間存在や戦争といった重厚なテーマを扱いながら、魅力的なキャラクター達がドラマを熱く切なく盛り上げてくれます。ラストやその近辺のシーンはあまりにも美しく。完全版がセール対象ということで、諸手を挙げてお薦めします。少女漫画レーベルですが、男性も是非。

獣王星』や『八雲立つ』もセール対象だったら良かったのに……

マルチェロ物語(ストーリア) (第1巻) (白泉社文庫)
作者:樹 なつみ
出版社:白泉社
発売日:1999-12
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

あ、SFではないですが『マルチェロ物語』は対象でした。この表紙、綺麗な女性だと思いました? 残念、15歳の男の子です!(一部から「その方が良い」という歓声が聞こえる気がしますが……)若くしてトップモデルを務めるものの、美貌に反して性格や言葉遣いは野卑極まりない少年マルチェロや、彼の周囲の人物が織り成す群像劇。立場や才能に関わらず、苦しみ葛藤する等身大の人間ドラマとして上質で、共感が生まれます。

ブレーメン2 第1巻 (白泉社文庫 か 1-14)
作者:川原 泉
出版社:白泉社
発売日:2009-05-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

すべての少女漫画家の中でも私が最も好きなのが川原泉先生です。あらゆるジャンルを描き、哲学用語の混じったセリフのセンスは唯一無二。ただ、その作品群を好きな順に並べると相対的に一番下に来るのが『ブレーメンⅡ』であり、かつ電子書籍化されている唯一の川原泉作品が『ブレーメンⅡ』というのが何とも言えず……。それでも、短編「アンドロイドはミスティー・ブルーの夢を見るか?」の続編となるこの長編もまた星雲賞、及びセンス・オブ・ジェンダー賞を受賞した作品であり、川原泉節が炸裂した独特の世界観を形成しています。『空の食欲魔人』も『美貌の果実』も『フロイト1/2』もその他著作全て電子書籍化して、多くの人がカーラ教授の虜になりますように!

 

感動を噛み締めるセンシティブ&ハートフルな物語たち

バジル氏の優雅な生活 (第1巻) (白泉社文庫)
作者:坂田 靖子
出版社:白泉社
発売日:1996-12
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

今作については我らがマンガHONZ編集長である佐渡島庸平さんが素晴らしいレビューを書いておりますので、詳しいことはそちらにお任せします。文庫版は全5巻で、その内の3巻をコーヒー一杯程度の値段で買えるなんて、コストパフォーマンスが良すぎます。格好良い大人が見たい方、「世界名作劇場」的な雰囲気が好きな方にお薦めします。

目隠しの国 第1巻 (白泉社文庫 つ 2-1)
作者:筑波 さくら
出版社:白泉社
発売日:2008-11-14
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

未来が視える少女と、過去が視える少年が織り成す物語。設定を生かしたストーリー展開となっており、そこに少女漫画らしい恋愛要素が加わっています。超能力には憧れますが、果たして人と大きく違うということは幸せなのか。そんなことを考えさせられながらも、ヒロインの献身的で前向きな性格のお陰で後味は良い物語です。 ところで子犬のまろ太が可愛いです。

赤ちゃんと僕 (第1巻) (白泉社文庫)
作者:羅川 真里茂
出版社:白泉社
発売日:2001-12
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

説明不要の感動巨編。小学五年生にして母親を亡くした少年が、小さな弟と父親と共に懸命に生きる物語。笑いあり涙あり実験的なテーマあり。少年漫画を書かせても一流の羅川真里茂先生の作品全体に共通することですが、男性でも極めて読み易い少女漫画です。もし少女漫画というだけで敬遠している方がいたら勿体ないですよ! 一~数話完結のオムニバス形式ですので、単巻で買っても十分楽しめます。圧倒的オススメ作品。

フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)
作者:高屋 奈月
出版社:白泉社
発売日:1999-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

説明不要の感動巨編(既視感)。十二支をモチーフ取り入れたハートフルな群像劇です。「世界で最も売れた少女漫画」としてギネスブックにも掲載され、世界中に熱烈なファンを多く持つ金字塔。私にとっても『フルバ』は青春です。本田透さんの真っ直ぐな優しさと強さに無上の憧れを抱き、こんな人間になりたいと思って育ちました。……なれたかどうかは別問題ですが。

セール対象外ですが、『翼を持つ者』や『星は歌う』、『リーゼロッテと魔女の森』も良いですよ。

彼氏彼女の事情 (1) (花とゆめCOMICS)
作者:津田 雅美
出版社:白泉社
発売日:1996-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

説明不要の超人気恋愛漫画。完璧超人である有馬に対抗心を燃やす、ネコを被ったヒロイン雪野という構図のラブコメとしての面白さは言うまでもなく。有馬が抱える闇を扱ったシリアス展開、そしてそこからのカタルシス。アニメ版は庵野秀明さんが監督を務めガイナックスが制作したことでも有名です。マンガ的演出を大胆に取り入れたり、「ヱヴァ破」にはアニメのBGMも流用されていたり。

迸る熱いパトス!

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
作者:羽海野 チカ
出版社:白泉社
発売日:2008-02-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『ハチクロ』のイメージの強い羽海野チカ先生故によく少女漫画と云われますが、ヤングアニマルは純然たる青年誌です。ショウジョでなくショウギ漫画です。ただ、良い意味で少女漫画の技法を使っているのは確かであり、心理描写の凄絶さは目を瞠るものがあります。大人が実に格好良い作品でもあり、最年長棋士の背負ったものの大きくて多すぎる闘いの静かなる熱さは堪りません。又、いじめ問題に真正面から挑んだエピソードでの魂の叫びには涙しました。

尚、最新10巻は今月28日発売! BUMP OF CHICKENとのコラボレーションを行い、10巻限定版には新曲CDが、そして配信曲には描き下ろしエピソードの漫画が付くという珍しい試みにも注目です。

しゃにむにGO (1) (花とゆめCOMICS)
作者:羅川 真里茂
出版社:白泉社
発売日:1999-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今、大活躍で日本を沸かせる錦織圭選手が全米オープンで準優勝をした際に書いたテニスマンガ特集記事でも推した、本格テニス漫画で一番だと言える傑作。勝負の熱さは少年マンガにも引けを取らず、車いすテニスという題材にも挑んだ意欲作。巻数は多いですが、読み始めれば一瞬です。

スキップ・ビート! 第1巻 (花とゆめCOMICS)
作者:仲村 佳樹
出版社:白泉社
発売日:2002-07-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『ガラスの仮面』とはまた異なる、芸能界での闘いを描いた物語。仲村佳樹先生の作品はエンターテインメントのお手本のようです。キャラがよく立っていて魅力的であり、ギャグとシリアスのバランスが良いです。それは、同じくセール中の近未来アクション『東京クレイジーパラダイス』や、バスケットボール漫画『MVPは譲れない!』などにも共通する美点。とにかく読んでいて爽快で、読み終わった後に充実感があります。どれもお薦めできる作品です。

深遠なる人間ドラマ! 時代物

陰陽師 (1) (Jets comics)
作者:岡野 玲子
出版社:白泉社
発売日:1999-07
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

夢枕獏先生の原作を、岡野玲子先生が流麗な筆致で漫画化。古くは『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』から、現代では『ドリフターズ』や『晴明さんはがんばらない』に至るまで、最も有名で最強の陰陽師・安倍晴明を描いた物語は枚挙に暇がありません。その中でも現代を代表する一冊を選ぶとしたら、まずこの作品を思い浮かべます。序盤の和ファンタジーとしての完成度、考証のしっかりした陰陽道や平安時代の参考書としての価値、そして晴明の麗しさは素晴らしいです。原作から掛け離れた後半は賛否両論ありますが、とりあえず1巻だけでも読んでみる価値がある作品です。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
作者:よしなが ふみ
出版社:白泉社
発売日:2005-09-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

男性のみがかかる致命的な奇病の蔓延により、女性上位となった架空の江戸時代を描く物語。1巻だけでも読めば解る、その素晴らしい心理描写は圧巻。セリフや表情の一つ一つが、刺すように沁みて来ます。いつの時代、どんな場所のどんな地位の人間でも変わらない普遍的な想いは、特異な男女逆転劇という設定の中でも変わらずに息衝いています。高いクオリティが落ちることなく最新話まで続いている、情趣に満ちた作品。近年の中でも特に強くお薦めの一作です……と思ったら、もう一巻から十年近く経ってるんですねぇ(遠い目)。

ちょっと江戸まで 第1巻 (花とゆめCOMICS)
作者:津田 雅美
出版社:白泉社
発売日:2009-01-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『カレカノ』の津田雅美先生謹製。 江戸時代が400年以上続いた「平成20年(2008年)の江戸時代」という独特の設定で、現代的な要素も混じった江戸の人々を描いていく物語。『パタリロ』の時代劇編的な雰囲気ですが、考証はしっかりとしています。津田雅美先生の職人芸的な技巧を感じる、派手さはないものの堅実に面白い作品。毎巻違う言語の表紙は、海外受けしそうですね。

白泉社は少女漫画だけじゃないッ! 熱く滾るバトル作品

ベルセルク (1) (Jets comics (431))
作者:三浦 建太郎
出版社:白泉社
発売日:1990-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今更語るまでもない、日本を代表する剣と魔法のダークファンタジー巨編。

コマ一つで
確実に頭を割られる!!
一ページ捲るごとに骨が軋む!!
受け流せる様な漫画じゃねェ!!

前略 三浦建太郎先生。がくっぽいどのイラストを描いても良いです。 『ギガントマキア』(マンガHONZレビュー記事)を描いて下さっていても良いです。描きたいものがあれば、何でも気の向くまま描いて下さいませ。休載も全く構いません。如月千早は私も好きですので、プロデューサー業に精を出すのも良いと思います。その上でただ一つだけ。お願いですから『ベルセルク』も完結まで描いて頂きたいですッ……!  

エアマスター 1 (ジェッツコミックス)
作者:柴田 ヨクサル
出版社:白泉社
発売日:1997-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

どんな人間でも"安いプライド"があれば"戦える"んだ

何とだって!

柴田ヨクサル節と形容できる、独特のセンス。作者名が象徴するように時に哲学的ですらある太字セリフのテンションに脳汁ブシャーな格闘漫画の金字塔深道ランキング編は毎週の『ドラゴンボール』を楽しみにしていた子供の頃のように、純粋に狂おしく続きを求めて震える程嵌っていました。奇人変人のバーゲンセールな熱過ぎるキャラクター達によるストリートファイト群像劇。読んで地球ごと延髄突き割られればいい! 絵にクセはありますが、それで敬遠するのは勿体ないです!

谷仮面完全版 1 (ジェッツコミックス)
作者:柴田 ヨクサル
出版社:白泉社
発売日:2003-05-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

上記『エアマスター』、そして『ハチワンダイバー』の前身となる柴田ヨクサル先生のデビュー作です。ヨクサル節は既にこの頃から全開。格闘漫画にして、あらゆる漫画の中でも最もピュアで熱い愛が描かれた作品でもあります。読書家で村上春樹が大好きな主人公が辿り着いた「人は何のために生きるのか」の答、それに呼応するラストシーンは必見。かつて、通常版を持っていながらも 『完全版』収録の描き下ろし読みたさに発売当時悩んだ末に5000円札を握り締めて書店に走り全六巻を買ったものですが……それが1冊108円で読めるとは。何と恵まれた時代でしょう。

ホーリーランド (1) (Jets comics (846))
作者:森 恒二
出版社:白泉社
発売日:2001-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 『あしたのジョー』を読んで、ベッドをサンドバッグ代わりに左ジャブの練習をした人は友達です。そして、この『ホーリーランド』を読んで部屋でシャドーボクシングをしたりハイキックの練習をした人もまた等しく友達です。『エアマスター』と並ぶ、ヤングアニマルの格闘漫画。作者の経験論がそのまま作中のナレーションとして入る異色の演出が特徴であり、取り沙汰される作品。しかし、ボクシングやレスリング、柔剣道などの使い手による路上の異種格闘技戦は、それらの相手にいじめられっ子の主人公が対峙していく構図は純粋に面白いです。

自殺島 1―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)
作者:森 恒二
出版社:白泉社
発売日:2009-08-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

そんな森先生の二作目は、自殺未遂の常習者だけが集められた島でのサバイバルストーリー。極限状況下での生存を目指す物語は数多くありますが、『ホーリーランド』と同じく筆者の実体験を基にしたサバイバル術を解説していく森節は健在。他の作品なら「あったぞ!」「でかした!」で済むような、物語上省略されるような部分をも逆に丹念に描いていることで、独特の味わいが生まれています。何より、死を望んでいた者達・望む者達によって紡がれるストーリーと世界設定は、生と死の意義を強く問うて来ます。お話も佳境に入って来た昨今、果たして森先生はどのような結論に持って行くのか。『デストロイアンドレボリューション』共々、気になります。

 最後に

書いていたら、好きな『花ゆめ』系作品について語り明かす会などやりたくなりました。セール対象となる基準が解らず、語れていない作品も多いですからね。

『メタモルフォシス伝』や『ニューヨーク・ニューヨーク』、『っポイ!』や『星空のカラス』に『ミミア姫』、美内すずえ先生や山岸凉子先生、成田美名子先生に水森暦先生や都戸利津先生の作品群も、白泉社さんには次のセールまでに何卒お願いしたい所です。

ところで『闇の末裔』は……(以下無限に続く白泉社トーク)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事