少年ジャンプはカス!って思ってたけど『僕のヒーローアカデミア』に土下座したい

小林 琢磨2014年12月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)
作者:堀越 耕平
出版社:集英社
発売日:2014-11-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ちょっと前に『少年ジャンプ+』の事をdisった記事を書いたら非常に多くのご意見を頂きました。

賛否両論、そのあまりの反響の大きさにビックリし、やっぱり『週刊少年ジャンプ』はみんな愛されているんだなぁと感じて非常に嬉しく思いました。

ただその後、会社の広報にちょっとだけ怒られました。真面目にちょっとだけ怒られました。
良い思い出です。
 

愛深き故に!敢えて言おう!『少年ジャンプ+』はカスであると!


上記の記事で伝えたかったのは「電子書籍なのに紙媒体より安いってどう言う事!?許せない!!」って事ではなくて、「ジャンプが本気を出せば業界変えられるだろ!?頑張って!!」と言う事でした。

もっと言うと「ジャンプは王道を行けよ!面白い漫画をもっと生み出してくれよ!!」って言うエールだったんですけど、『僕のヒーローアカデミア』で早速、土下座する必要が出てきてしまいました。流石天下の『週刊少年ジャンプ』、俺らの想像を越えてくるぜ!

これが新しい王道だ!

これが少年漫画の直球ストレートだ!!

(『僕のヒーローアカデミア』 1巻 28Pより)


そう、『僕のヒーローアカデミア』が来たからジャンプはもう大丈夫!!

ジャンプ大好きっこ30歳。こんばんは!サーチフィールドの小林です。


努力、友情、勝利のジャンプ

ジャンプと言えば「努力」「友情」「勝利」です。これで無敵の3本柱マンです。
黄金期のジャンプにはこの勝利の方程式がこれでもかってくらい詰め込まれた名作が数多く存在しました。

『ドラゴンボール』『幽☆遊☆白書』『ろくでなしブルース』『るろうに剣心』『スラムダンク』・・・

あの頃のジャンプを語るのに「努力」「友情」「勝利」は欠かせません。

しかしいつの頃からか主人公は強くて当たり前となり、天才が別の天才を倒す漫画が増えていきました。しまいにはテニスボールで殺し合いですよ。いつから試合を死合と錯覚していた?

僕らが求めているのは成長するヒーローなんです。

『ドラゴンクエスト〜ダイの大冒険〜』のポップの様に、『ジョジョの奇妙な冒険』の広瀬康一くんの様に、僕らの心を鷲掴みにするのはいつだって等身大のヒーローなんです!臆病で弱っちい、ただのS.H.I.T(くそったれ)だからこそ勝利の女神は横っ面をひっぱたいてくれるんです!!


王道にして斬新、そして骨太で熱量溢れるストーリー

『僕のヒーローアカデミア』は黄金時代を彷彿とさせる王道的な要素を盛り込みながらも今までに無い、全く新しい画風が特徴的な漫画です。

(『僕のヒーローアカデミア』 1巻 79Pより)


「個性」と呼ばれる特殊能力が一般化した世界で、「無個性」に生まれてしまった主人公が世界一の「個性」を持つオールマイトと出会い、成長し、クラスメイト達と友情を育みながら敵を倒す。まさに王道!まさに少年漫画の直球ストレート!!

しかしながら『僕のヒーローアカデミア』は今までの王道とはひと味違うんです。
前述の特徴的な絵柄(アメコミ風)もさることながら、ベタだけど個性的で魅力あるサブキャラクターたち。ベタだけど熱過ぎてついつい興奮してしまう骨太なストーリー。分かっているけど辞められない!ズシリと重く響く台詞と共に、時にコミカルに、時にシリアスに、次世代のヒーローたちの活躍から目が離せません!

もうね、ベッタベタなんですよ。ベッタベタなんですけど、逆にそこが良いんですよ。
逆に考えるんだっ!ベタな展開が一周して新時代の王道を作ったと考えるんだっ!!時代はベタを求めているんだっ!!『七つの大罪』だってベタじゃないか!

最近では敵(ヴィラン)連合と言う、これまたベッタベタな名前の敵キャラが登場し、増々面白さが加速していく『僕のヒーローアカデミア』

まだ1巻しか発売されていないので、今からでも十分間に合います。

ジャンプの新しい伝説に立ち会うチャンスを逃さないでください!


最後に


今の時代に必要なのは圧倒的な「熱量」じゃないかなって僕は常々そう思っています。
昔の漫画と今の漫画を比べてみて、名作と呼ばれる過去の作品と現在の消費される作品では何が違うのか。勿論今の作品にも名作は多いですし、消費される漫画には消費される漫画の良さがあり、面白い作品も沢山あります。

でも10年、20年と語り継がれる伝説的な漫画には、居酒屋の片隅で朝まで友人たちと語り合う様な作品には、やはり作者の魂と言うか、圧倒的な「熱量」が存在するのだと考えています。

『僕のヒーローアカデミア』は久々にそんな「熱量」を感じさせてくれたジャンプ作品です。

僕はジャンプが好きだ!大好きだ!!

胸を熱くする様な展開や魅力的なキャラクターが織り出すストーリーが大好きだ!
これがジャンプなんだ!これが王道直球ど真ん中の『週刊少年ジャンプ』なんだ!

黄金期のジャンプを超える事が出来るのはいつだって今のジャンプなんです。

「熱量」がキャズムを超え、漫画業界に新しい光を生み出す事を僕は期待しています。

ドラゴンボール (巻1) (ジャンプ・コミックス)
作者:鳥山 明
出版社:集英社
発売日:1985-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
幽☆遊☆白書 (1) (ジャンプ・コミックス)
作者:冨樫 義博
出版社:集英社
発売日:1991-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
スラムダンク (1) (ジャンプ・コミックス)
作者:井上 雄彦
出版社:集英社
発売日:1991-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
ろくでなしBLUES (Vol.42) (ジャンプ・コミックス)
作者:森田 まさのり
出版社:集英社
発売日:1997-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之1) (ジャンプ・コミックス)
作者:和月 伸宏
出版社:集英社
発売日:1994-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事