このマンガも素敵だった!2014 マンガソムリエ55撰

兎来 栄寿2015年01月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年を総括する各種マンガ賞なども順次発表されている昨今。私自身も、ベストを選定して投票したり、ランキングを見て四方山話を繰り広げたりしました。
その中には惜しくも入らなかったもの、あるいは各アワードであまり名前が目立たなかったものでも、「この作品ももっと読まれて欲しい」「読むべき人に読まれればベストに成り得る」と切に思う作品も数多くあります。今回はそんな作品たちについて少しでも触れておこうと筆を執りました。
中には投票期間から外れただけで来年のランキングを賑わしてくれるであろう作品や、目立って……ない……? という作品もあるかもしれませんが、とりあえずそれだけ読んで欲しいということで。

 学問

 『サイコろまんちか』

サイコろまんちか(1) (講談社コミックス)
作者:小出 もと貴
出版社:講談社
発売日:2014-08-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こちらのレビュー(http://honz.jp/articles/-/40432)で紹介した、進撃のマンガアプリ・マンガボックス。そこに移籍した、心理学をテーマにしたマンガです。学園コメディ仕立てで楽しく読み進めながら「プライミング効果」や「メラビアンの法則」、「確証バイアス」といった心理学のタームを学んでいけます。人間や人に好かれることに全く興味が無い、という人でもなければ興味深いトピックが沢山描かれていますので、広くお薦めです。

医療

『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』

フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)
作者:恵 三朗
出版社:講談社
発売日:2014-11-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

帯の「あなたが癌かどうか 診断するのは外科医である。 ○か×か」という問が印象的な今作。そう、一般には馴染みのない病理医と呼ばれる職種こそが、私たちの病を裏で診断してくれる存在なのです。そんな知られざる病理医の闘いを描いた、骨太の物語。顕微鏡を覗いて微細な違いを見抜いたり、医師と駆け引きを巡らせたり、従来の医療モノとは違った角度からの面白さがあります。特殊な職業マンガとしても、人間ドラマとしても逸品。中心となるキャラクターたちもしっかり立っており、近い将来実写ドラマ化されそうだと感じます。

 スポーツ・競技

『夕空のクライフイズム』

夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

普通のスポーツ競技マンガであれば、何を置いても目指すのは勝利です。どんなに敗色濃厚であっても最後まで諦めず勝利を目指すことこそ美徳。しかし、この漫画は違います。最後まで負けない=インターハイ優勝を飾るたった一チームに残ることは現実的に無理。であれば逆に引退試合をどれだけ美しく飾れるかに全力を注ごう、という異端の発想のサッカー漫画です。その思想の元となったヨハン・クライフ始め、サッカー好きには堪らない小ネタが随所に散りばめられているのもポイント。青春群像劇としての質の高さ、雨ちゃんの可愛さとふともももポイント。

銀白のパラディン -聖騎士- 1 (少年サンデーコミックス)
作者:岡 啓介
出版社:小学館
発売日:2014-07-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 珍しいフェンシングマンガ。これぞ王道! これぞ少年マンガ! という内容。良いマンガは、一話目から感触が違います。銀メダリストの太田雄貴さん監修の下で描かれる、迫力溢れる剣戟が見どころ。ヤングガンガンで新連載が始まった女子フェンシングマンガ『DUEL』共々、今後日本のフェンシングシーンを盛り上げていってくれる作品になるのではないでしょうか。

『SK8R'S』

SK8RS 1 (ビッグコミックス)
作者:トジツキ ハジメ
出版社:小学館
発売日:2014-03-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こちらも珍しいスケボーマンガ。スケボーの激しく華麗なテクニックがしっかりと絵で表現され、問答無用のカッコよさを味わえます。「実際に出来たら気持ち良いだろーな〜」と、自分でもやってみたい衝動に駆らせてくれる良作です(絶対怪我しますけどね!)。スマホで動画を撮影し、それを動画サイトにアップして、遠方に住む見知らぬ人と交流するという現代的な流れも良いですね。

 『盤上の詰みと罰』

盤上の詰みと罰(1) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
作者:松本 渚
出版社:双葉社
発売日:2014-11-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

我々は『ハチワンダイバー』という最高の将棋マンガを失った! 何故だ! とザビ家長男ばりに叫びたくなりましたが、同時に2014年は『盤上の詰みと罰』という素晴らしい作品を得た年でもあります。1ヶ月毎に記憶を失ってしまうようになったヒロイン。その原因を作った謎の対局者を追うという引きのある筋は将棋が解らなくとも楽しませてくれます。一方で対局シーンにはヒリつくような熱さもあって滾ります。人情味もある物語で、純粋に面白い! と言いたくなる作品。

仕事・ビジネス

『ちくちくぬいぬい』

ちくちくぬいぬい 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)
作者:ハザキ ヤマト
出版社:マッグガーデン
発売日:2014-06-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

デザイナーを志望してアパレル企業に入社したものの、希望した職種には就けず「生産管理部」という地味な部署に配属されてしまった主人公の物語。服飾への愛が溢れる人々のお話なのでアパレル関係に興味がある方には勿論お薦めなのですが、普遍的な仕事・社会人の大変さや苦労が丁寧に描写された作品でもあり、また他でなかなか知る機会のない仕事の話という意味でも面白く読める作品です。

『京・かのこ』

京・かのこ 1 (花とゆめCOMICS)
作者:なかじ有紀
出版社:白泉社
発売日:2014-09-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

男社会である和菓子職人の世界に飛び込もうと奮闘する女の子の物語。真っ直ぐに努力を重ね、少しずつ認められて行く姿が気持ち良い読感を生み出します。何と言っても、今作は物凄く繊細に美しく描き込まれた和菓子の数々が、とても美味しそう! そして、見た目だけでなく一つ一つのお菓子に宿された意味の日本人的な感覚に情趣を感じてしみじみとします。和の心や京都が好きな方にお薦めです。

『エーヨーヒーロー』

エーヨーヒーロー (マーガレットコミックス)
作者:宮越 和草
出版社:集英社
発売日:2014-11-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

栄養士と管理栄養士の違いって解りますか? 様々な患者に対し、栄養学的な見地から治療に挑む今作。Sっ気の強いヒロインが病院内の柵に囚われず、精力的に動いて治療に邁進する姿は爽快感グンバツ。ラーメンしか食べないラーメンブロガーの病院食など、現代的なテーマを取り扱っているのも面白い所。病院食ではありますがとても美味しそうに描かれ、ある意味でグルメマンガとしても見ることができます。ドラマ化されて然るべきクオリティです。

『マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編』

マンガで分かる心療内科  アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)
作者:ゆうきゆう・原作
出版社:少年画報社
発売日:2014-11-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 『嫌われる勇気』がベストセラーとなり、アドラー元年とも呼べる年になった2014年。アドラーの思想を著した書籍が続々と登場し、マンガ界にもその波は押し寄せてきましたが……数冊読み比べた中では、今作が一番良いと感じました。今クールからアニメ化されている『マンガで分かる心療内科』シリーズ、特有のギャグを挟みテンポ良く読ませながらも、しっかりとアドラー心理学の骨子を解説していきます。アドラーを知らない人、まだ『嫌われる勇気』を読んでいないという方も、とりあえずこれ一冊を読んでおけば心が軽やかになるでしょう。

 ファンタジー

『ヘルク』

Helck 1 (裏少年サンデーコミックス)
作者:七尾 ナナキ
出版社:小学館
発売日:2014-08-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

勇者と魔王が織り成す王道ファンタジーを、少々異なった視点から切り取って描く作品が近年の一つのムーブメントとなっています。その中の一つであり、秀作がこの『Helck』。強すぎる勇者が、何故か人間に憎しみを持ち次期魔王を決めるトーナメントに参戦して来るという物語。 筋こそ少々捻っていますが、『僕のヒーローアカデミア』に並ぶ正統派少年マンガ感を覚える作品でした。そして、かわいい女の子がいるのってつくづく大事だな、とヴァミリオちゃんを見て思わされます。

『魔女に与える鉄槌』

魔女に与える鉄鎚(1) (ガンガンコミックスJOKER)
作者:村田真哉
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2014-08-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

中学二年生の頃、拷問器具図鑑を見てニヤニヤしていたアレな人たちにオススメしたいダークファンタジーです。殺された少女は自らに使用された拷問器具に応じた異能を有する魔女となる、という設定の下で繰り広げられる能力バトル物。作中に順次登場する、最大限の苦痛を与える為に考案された各種拷問器具は歴史上に確かに存在した人間の残酷性の極致。凄惨な魔女狩りや異端審問といった負の側面と共に描かれて行きます。

『きのこ人間の結婚』

きのこ人間の結婚
作者:村山 慶
出版社:太田出版
発売日:2014-11-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『火の鳥 未来編』で、人類が滅びた後になめくじの世界が訪れましたが、そのきのこ版だと捉えて貰えれば間違いありません。きのこ人間たちが形成する、人間社会とは違った理を持った独特のコミュニティの生態や生業が丁寧に描かれます。ファンタジー作品として大事な、架空の世界のリアリティをしっかりと感じさせてくれる手腕は、流石『セントールの悩み』の村山先生といった所でしょう。

『あわいの庭師』

あわいの庭師 (花とゆめCOMICS)
作者:街田シカク
出版社:白泉社
発売日:2014-05-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

あの世とこの世の狭間に存在し、未練ある魂が稀に迷い込む「あわいの庭」。そこで迷える魂に力添えする庭師を中心に、様々な死人を成仏に導くお話。設定だけ聞くとありがちに思えるかもしれませんが、一つ一つのエピソードが繊細で叙情的で、実に読後感が良いです。象徴的に描かれる草花の盛衰に重なる、老若男女の登場人物たちの心情。美しく儚く。無念や後悔は残れども、それが人の生を輝かせる。そんな風に感じさせてくれるマンガです。

SF

『四月八日のまえがきに』

四月八日のまえがきに (ビッグコミックス)
作者:松井 信介
出版社:小学館
発売日:2014-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 瑞々しい! こういう明るいSF、私待ってたよ! 思わず喝采し、読み終えて笑顔になってしまった作品。遅刻しそうになり、トーストをくわえて曲がり角でぶつかる古き良き様式美から始まる、全校生徒消失、「神さま」からの電話……。主人公の女子高生の、真っ直ぐで明るく、しかしおっさん入った性格が魅力的です。『ドラえもん』や『時をかける少女』が好きな方に力を込めてオススメ。ついでに、中日ドラゴンズファンにもオススメ。

『孤食ロボット』

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:岩岡 ヒサエ
出版社:集英社
発売日:2014-06-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

一人で食事を作り、一人で食べることに寂しさを感じたことのある独身者にはきっと刺さる物語。単身者の食生活をサポートする小人型アンドロイドが存在する社会。様々な単身者ののアンドロイドとの出会いと別れを暖かく切なく一話完結型で描いて行きます。岩岡ヒサエ先生らしい、丁寧な感情の推移によって生じる感動が素晴らしいです。こんな、白和の作り方から筍の皮の剥き方まで丁寧に教えてくれるアンドロイド、私も欲しい!

『レビウス』

レビウス 1 (IKKI COMIX)
作者:中田 春彌
出版社:小学館
発売日:2014-01-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

画力、高ッ! これで新人というのだから驚きですし、同業者には脅威でしょう。大友克洋先生やバンドデシネを思わせます。そして、全編左開きという挑戦的なスタイルで描かれるSFアクション。近未来の世界で行われる架空の競技「機関拳闘」の熱さ、ミステリアスでスタイリッシュなキャラクターなど堪りません。『銃夢』が好きな人は絶対読みましょう。お兄さんとの約束だ。こういった作品を載せていた『IKKI』が休刊となってしまったのは悲しいことです。

『ラフナス』

ラフナス(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
作者:白井 弓子
出版社:双葉社
発売日:2014-08-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

そんな『IKKI』で、これまた秀逸なSFを描いていた白井弓子先生の最新作『ラフナス』もまた、素敵なSF作品です。反重力物質ラフナが溢れる星ラフナスを舞台にした物語。環境に適応した人々の生態、そこで形成される社会に存在する仕事。その世界で生活を営む人の息づかいまでが確かに聞こえて来るような、そんなリアリティを持たされたマンガです。絵にも話にも設定にもクセはありますが、それだけにハマる人は深くハマれるでしょう。

『少女終末旅行』

少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS)
作者:つくみず
出版社:新潮社
発売日:2014-11-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

終わった世界。そこに残されたたった二人の少女。廃墟と兵器と少女。そんな構図だけで軽くご飯三杯かそれ以上おかわりできますよね。設定だけ見ればシビアですが、二人の少女は割と強かに、そしてユルくこの世界で生きて行きます。百合作品として楽しむのもアリでしょうか。世界の謎が明かされても明かされなくても、この二人の動向を何となく見守り続けたいです。

 『バベルの図書館』

バベルの図書館 (エフコミックス)
作者:つばな
出版社:太田出版
発売日:2014-01-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

あの名作の名を冠する作品を、『第七女子会彷徨』のつばな先生が描く。SF好きにとっては事件です。そして、シンプルで不穏なこの表紙から送り出された物語は……ああ、やはり素晴らしかった。元祖に恥じない壮大な野心がこの作品には詰まっています。それをどう取るかは読者次第ですが、私はこれだから物語を繙くことは止められないのだと思いました。

『はじめましてのシルヴァンドル』

はじめましてのシルヴァンドル (ヤングジャンプコミックス)
作者:倉橋 ユウス
出版社:集英社
発売日:2014-08-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

近年のSFマンガを語るなら、倉橋ユウス先生も欠かせません。幼女の姿をした、宇宙を旅する商人シルヴァンドル。彼女が地球にやって来て、異文化に触れ『よつばと!』のようなハートフルな日常を送る……のですが、それだけでは終わりません。語りたくても語れない、試し読みの範囲では解らない魅力が今作には込められているのです、とだけ。

『ヒトはイカにして滅んだのか?』

ヒトはイカにして滅んだのか? (アクションコミックス)
作者:柴谷 けん
出版社:双葉社
発売日:2014-01-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

なかなかエキセントリックなタイトルと表紙で、普通にしていたらスルーしてしまうかもしれません。しかし、今作は見るべき点を持った作品です。人類が滅びた数万年後、イカ達が当時の人類の生活様態を巡って議論を交わす、という体裁で現代社会への風刺がなされます。それ自体も面白いのですが、「このマンガがすごい!大賞」受賞の柴谷けん先生の魅力は、その作品全体の構成力。同時収録の短編からも、その実力が解ります。 

『フォーカス&コントラスト』

フォーカス&コントラスト (Konomanga ga Sugoi! COMICS)
作者:町村 チェス
出版社:宝島社
発売日:2014-12-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「このマンガがすごい!大賞」といえば、今年受賞の町村チェス先生の『フォーカス&コントラスト』も素敵なマンガでした。岡崎京子先生を髣髴とさせる画風や作品の雰囲気で、その系統が好きな方にオススメです。構図や表情に光るものがある、今後も楽しみだと感じさせてくれる鮮烈なデビュー作。

サスペンス

 『魔法少女サイト』

魔法少女サイト(1) (少年チャンピオン・コミックス)
作者:佐藤健太郎
出版社:秋田書店
発売日:2014-03-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「まじかるー」の 『魔法少女オブ・ジ・エンド』でお馴染みの、佐藤健太郎先生の同時連載作品。『オブ・ジ・エンド』はパニックホラーですが、『サイト』はどちらかと言えばサイコホラー。何ともブラックで、心の闇を描きながら不条理に晒される人間の姿が描かれます。読んでいて辛いですが、ましてやヒロインが可憐な黒髪ロングストレートの美少女なので尚更。能力バトル物としての面白さや、世界の謎という軸になる部分もあって辛いですけれど面白く読めるマンガ。

『賭ケグルイ』

賭ケグルイ(1) (ガンガンコミックスJOKER)
作者:河本ほむら
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2014-10-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こんなギャンブル漫画を読みたかった! ギャンブルや頭脳バトル系作品がこれだけ隆盛を極めているのにも関わらず、『論理少女』や『天啓のアリマリア』のようなギャンブル×美少女系作品は意外と少ないのでもっと読みたい、と思っていた所に颯爽と登場した本作。ヒロイン蛇喰夢子は2014年を代表する黒髪ロングストレートヒロインです。赤木しげるばりの破滅的な狂気、そして恍惚状態の表情が魅力的。他の登場人物も非常に立っています。登場するギャンブルはオリジナルで、読み進める前に攻略法を考えながら楽しむことができます。

『ルートダブル Before Crime*After Days』

ルートダブル Before Crime*After Days After (1) (ガンガンコミックスONLINE)
作者:イエティ・レジスタ
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2013-12-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 詳細はこちらのレビュー(http://honz.jp/articles/-/40640)にて。個人的に、2012年中最高のエンターテインメント作品だった『ルートダブル』のコミカライズ。上質なSFであり、サスペンスであり、ミステリ。漫画版では完結までは見られず、原作に移行する必要がありますが、それでも十分に面白いので是非普段ゲームをやらないという方にもここからこの深遠なる世界に触れてみて欲しいと願います。

バトルアクション

『ニンニクナックル』

ニンニクナックル 1 (リュウコミックス)
作者:一文字蛍
出版社:徳間書店
発売日:2014-08-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「 暴力と餃子が支配する街・ウツノミア」! もう、それだけで読みたくなりましたし、それだけで読んで正解でした。『刃牙』と『ホーリーランド』と『キルラキル』を足して割ったような作品とでも言いましょうか。独特の世界観と、謎の勢いによる有無を言わせぬ説得力。ヤミツキになる味は、正に宇都宮の餃子の如し! 近日発売の2巻も表紙が凄いです。

「Q[クー]」

Q[クー] 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:シヒラ 竜也
出版社:集英社
発売日:2014-09-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  「こまけぇこたぁいい、俺はキレイな絵で派手なアクションを楽しみたいんだ!」そんな方には、この『Q[クー]』がオススメです。人類を滅ぼしつつある敵。謎の可愛くて超強い美少女。単純明快な魅力のエンターテインメント。グレートですよコイツは。

青春

『女子かう生』

女子かう生(1) (アクションコミックス)
作者:若井 ケン
出版社:双葉社
発売日:2014-04-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

サイレントで描かれる、女子高生の日常マンガ。ちょっとおバカで、陽気な主人公が送る平和な日々。人生を心から楽しんでいる感のあるヒロインの姿に、読んでいる方も楽しい気分になり元気を貰えます。セリフ無しという制約の中で描かれる、コロコロと変わる表情や仕草の一つ一つが魅力的。あと、健康的なエロスが素晴らしいです。これ大事。

『週刊少年ガール』

週刊少年ガール(1) (講談社コミックス)
作者:中村 ゆうひ
出版社:講談社
発売日:2014-03-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ちょっと奇妙で、淡くて、切ない恋愛ショートショート。筒井康隆作品や星新一作品のような感触の物語を端然とした絵でやっているような、独特の読み味を備えた作品です。漫画表現的にも凝っていて、紙媒体だからこそ成し得る電子書籍版では100%味わえない演出が素敵です。黒髪好きにオススメの黒髪率。

『ふだつきのキョーコちゃん』『からかい上手の高木さん』

からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
作者:山本 崇一朗
出版社:小学館
発売日:2014-06-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

私が常々激推し する『花もて語れ』(http://honz.jp/articles/-/40143)の片山ユキヲ先生のアシスタントを経てデビューした山本崇一朗先生。そのデビュー作『ふだつきのキョーコちゃん』、そして同時連載の『からかい上手の高木さん』は、なるほど片山先生の優しいテイストを絶妙に受け継ぎながらも、ものごっつニヤニヤさせられる内容になっています。絵柄的にも決して派手さはないのですが、素朴な魅力に心がぽかぽかするマンガ。

『アクトンベイビー』

アクトンベイビー 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
作者:高田 桂
出版社:秋田書店
発売日:2014-11-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『ガラスの仮面』という金字塔の存在があまりに大き過ぎて、なかなか後続は難しいと思われる演劇マンガ。しかし、ここに新たな一つの星が誕生しました。冴えない主人公が演劇に引きこまれていく様子、そこで見せる以外な才気、謎めいた美少女ヒロイン、熱いセリフ、何より他の誰かの人生を生きるという演劇のゾクゾクするような魅力が十全に描かれた作品。少年マンガの王道を驀進する感覚が心地良く、今後もとても楽しみです。

『アニウッド大通り』

アニウッド大通り(1) (星海社COMICS)
作者:記伊 孝
出版社:講談社
発売日:2014-09-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「先生、このまんがおかしいです! 私の好きなものだけでできています!!」日本橋ヨヲコ先生の帯コメントが、そのものズバリ過ぎるんです。クラスメイトとバカをやり、コロコロコミックの発売日を指折り数えて待ち焦がれていた子供の頃。ガンダム、ファミコン、ファンロードにアニメージュ……。アニメーション監督を父に持つ団地住まいの家族の、80年代の熱気溢れるクリエーター魂物語。同級生もお母さんも可愛すぎて危ない! 紙版巻末描き下ろしの、ジブリに入った実体験マンガもとても面白いです。

ヒューマンドラマ

 『死にたがりと雲雀』

死にたがりと雲雀(1) (KCx(ARIA))
作者:山中 ヒコ
出版社:講談社
発売日:2014-05-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

時代物という時点で敬遠する人もいるかもしれません。が、それだけで弾くにはあまりに勿体無い。これ程心に沁みるマンガはそうそうない秀作です。不遇の環境に生まれ育ちながらも健気に生きる少女と、彼女の前に現れた謎の浪人。「人は一人では生きられないことがある」といった鋭いセリフで語られるように、彼らがそれぞれの寄る辺となって生きる姿の何と暖かく、切なく、美しいことか。

 『アンの世界地図』

アンの世界地図 1―Its a small world (ボニータコミックス)
作者:吟 鳥子
出版社:秋田書店
発売日:2014-02-14
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 詳細は魂込めたレビュー(http://honz.jp/articles/-/40662)にて。この名作が、続刊が出るかどうかの瀬戸際に立たされるという事実に、マンガ界の厳しさを思わされます。もっと、良い物は良いと継続して声を上げ続けねばと使命感に駆られました。

『好きだけじゃ続かない』

好きだけじゃ続かない (ビームコミックス)
作者:松田洋子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2014-05-24
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •    
  • honto
  •  
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  •  
  • HonyzClub

松田洋子先生ですから一定以上の面白さは読む前から保証されていましたが、読んでみると予想以上に良い短篇集でした。自らが体験した辛さをこんな作品に昇華しているのがとても素晴らしいです。ここに描かれているのは、リアルという言葉では足りないリアルさを持った人間たちの菅田。そして、それらの作品が人々の心に得も言われぬ響きを与えているのも素晴らしいことです。もし、まだ松田先生の作品に触れたことが無い方はここから『ママゴト』などと一緒に楽しんでみて欲しいです。

 『善悪の屑』

善悪の屑 (1) (ヤングキングコミックス)
作者:渡邊ダイスケ
出版社:少年画報社
発売日:2014-07-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

タイトルから強烈ですが、内容は更に強烈。復讐の代行をするコンビを描いたピカレスクロマンです。復讐をされる犯人達の行為もまた人の領分を軽々と超えた残忍極まる物。復讐の容赦の無さが度を超えていると思いつつも、もし同様の事件の被害者遺族の立場だったらどれだけ溜飲が下がるだろうかと考えずにはいられません。彼らは悪を自認し制裁を行う悪党ではありますが、その中にある誰かの心を救おうとする気持ちを何と呼び、どう扱えば良いのか……。素敵な問題作です。

 『アイリウム』

アイリウム (モーニング KC)
作者:小出 もと貴
出版社:講談社
発売日:2014-11-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

飲むと24時間の記憶を消すことができる薬「アイリウム」。主婦から戦場の兵士まで、様々な人がアイリウムを服用することで起きるそれぞれのドラマを描いた一話完結型連作オムニバス。それぞれの短編ごとに異なるテーマや読み味があり、純粋に「面白い!」と言える作品。今作も実写ドラマになっても違和感なさそうです。

動物

『ペン太のこと』

ペン太のこと(1) (イブニングKC)
作者:片倉 真二
出版社:講談社
発売日:2014-08-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ペットを飼い、亡くした経験のある人には笑いと涙療法がもれなくもたらされる作品ではないでしょうか。可愛すぎる絵柄で描かれる、猫のペン太たちとの実録生活マンガ。日常の楽しさと、突然訪れるその日と。全ての猫好きに。そして、そうでない方にも。

恋愛

『ステラとミルフイユ』

ステラとミルフイユ 1 (マーガレットコミックス)
作者:渡辺 カナ
出版社:集英社
発売日:2014-04-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

さらりと生きてない、何かを抱え堪えている人間がその救いとして不意に手に入れる感情。そこから生み出される笑顔。そういった物にどうしようもなく惹かれます。とりわけ、渡辺カナ先生の描く表情は、良い。単なる恋愛を超えて、人としての存在を許され居場所を獲得する物語として、男性でも抵抗少なく読めるであろう秀逸な少女マンガです。

『キスしてもいいころ』

キスしてもいいころ (KC デザート)
作者:菅田 うり
出版社:講談社
発売日:2014-01-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

純粋に甘々な恋愛を描いたマンガとしては、2014年でも随一ではないでしょうか。4組のカップルを描いた短編集。とにかくニヤニヤキュンキュンしたい! という方にお薦めです。描き下ろし量もサービス精神満載。菅田うり先生はもっと注目されても良い作家だと想います。

『田舎の結婚』

田舎の結婚 1 (花とゆめCOMICS)
作者:唐沢千晶
出版社:白泉社
発売日:2014-06-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 一話完結型で、結婚にまで繋がる田舎の大人の恋愛を描いた物語。これが実に良い話ばかりでしてね……重さもありつつ、最後は希望の光に彩られた短編たち。思わず結婚て良いな、と思わされてしまうマンガです。実際、こんなに良い相手はそうそう見つからないという現実はさておき、少子化対策にはこういうマンガを広く普及させたら良いのではないかとすら思います。

『今日の恋のダイヤ』

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)
作者:草川為
出版社:白泉社
発売日:2014-06-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

社会人前後の女性4人の恋愛模様を描いた、連作短編オムニバス。社会の中で、人と人とはどう繋がっているか解らず、意識せずに相互に様々な影響を与えている……。そんな、『街』のような観想を抱かせてくれる作品です。それぞれの問題を抱える登場人物が切っ掛けを得て前向きになって行く様子が心の滋養になるお話たち。一冊の単行本としてとても素敵な完成度になっていて、オススメです。

『さみしいひと』

さみしいひと (花とゆめCOMICS)
作者:斎藤けん
出版社:白泉社
発売日:2014-06-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

あ゛あ゛~~~~~~~~~~~~! 斎藤けん先生! 斎藤けん先生ぃぃっ!! 好きです。大好き過ぎます。渡辺カナ先生の作品と同質の魅力があります。人間ドラマとして、質が高い。一巻完結で上質な少女漫画をお探しなら、間違いなく今作もお薦めの一作。斎藤けん先生はずっと素敵なマンガをお描きになっているのですが、今ひとつ知名度が高くない印象。世界はもっと斎藤けん先生を読みましょう。

イケメン・BL

『かみさまサクリファイス』

かみさまサクリファイス1 (B's-LOG COMICS)
作者:黒山メッキ
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2014-08-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

個性豊かなイケメンが集う寄宿舎学校。これだけでイナフですね。そこに、災難や不幸を呼び寄せてしまう体質であるが故に友達を作らないことを決意している主人公が生み出す人間ドラマが加わって、とても味わいのある作品。仏教徒なのに何故かミッションスクールに来ているヅラの良友など、周囲のキャラも個性が立っています。単なるイケメンの寄せ集めになっておらず、悲喜交々の物語を楽しめます。

 『東京スーパーシーク様!!』

東京スーパーシーク様!! 1 (ミッシイコミックス NextcomicsF)
作者:さぎり和紗
出版社:宙出版
発売日:2014-08-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 「イケメン石油王が嫌いな女子なんていません!」

近年、一部でブームとなっている「シーク」。そんな白馬の王子様、もとい駱駝の王子様を描いたマンガの中でも、とりわけ異彩を放つのが今作。新感覚アラブ系コメディは、読めば「インシャラー!」と叫びたくなること請け合い。単なるイロモノではなく素のマンガ力の高さを感じさせる作品となっており、広くマンガ好きにもお薦めです。

『サクラタブー』

SAKURA TABOO(1) (モーニング KC)
作者:猫田 ゆかり
出版社:講談社
発売日:2014-07-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

警視庁長官暗殺を巡る良質なクライムサスペンス。新人ながら絵は美麗でキャラは立っていて話も面白い……のですが。申し訳ないですが、体がBLとして摂取してしまいます。老獪で腹黒い上司と若くて知的なイケメン部下、美味しいです。是非、色んな意味で実写化も観てみたい作品。

百合

『あの娘にキスと白百合を』

あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
作者:缶乃
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2014-05-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今年の百合は、この一冊があれば十分! とまで思わせてくれた、最高の百合マンガ。タイトルも表紙も全てが百合ですが、中身はもっともっと百合百合しく。軽すぎず重すぎず、絶妙な塩梅で悶えさせてくれます。ただただ、缶乃先生に感謝の礼拝。

『ゆりかごの乙女たち』 

ゆりかごの乙女たち (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
作者:みよし ふるまち
出版社:マッグガーデン
発売日:2014-06-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「百合」という言葉が生まれる以前、「エス」と呼ばれていた時代の物語。一巻完結であることが逆に惜しまれる位、大正浪漫の中で息衝く少女たちの錯綜する想いを堪能できます。運命や社会的背景に翻弄されながらも、自分の中に確固としてある想いを無視できず、揺れる。そんな彼女たちの様に狂おしく溜息を吐きます。ごちそうさまでした。

『ストレッチ』

ストレッチ 1 (ビッグコミックススペシャル)
作者:アキリ
出版社:小学館
発売日:2014-02-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ルームシェアしているOLと大学生の物語。毎回実践的なストレッチを紹介していくストレッチマンガとしての側面は確かにあり、私もこのマンガを読みながらストレッチしていましたが、その隙間に徐々に展開して行くお話は完全に上質な百合! 絵柄に見覚えのある方も無い方も、四肢を伸ばしながらどうぞ。

アレな作品たち 

『おもちゃの教祖さま』

おもちゃの教祖さま (バーズコミックス)
作者:高崎 ゆうき
出版社:幻冬舎コミックス
発売日:2014-03-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 「ロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリロリ」

「ショタショタショタショタショタショタショタショタショタショタショタショタ」

という魂の慟哭から始まるこの物語の1ページ目は、2014年中最も異彩を放つ1ページ目。幼女にしか見えない37歳を教祖に据えた「ロリババア新興宗教コメディ」。キワモノに思えるでしょうし、事実そうなんですが、しっかりと正の感動もある素敵な作品。高崎ゆうき先生の作品は無条件で買い続けようと思わせてくれた位に好きな一作です。

『妄想少女』

妄想少女 (モーニング KC)
作者:汐里
出版社:講談社
発売日:2014-10-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

黒髪ロングストレートの美少女に恍惚とした表情で「あなたは筋金入りの獣(ケダモノ)です」と言われたい方へ。今作のヒロインは、とある妄想により、獣のような男性に組み敷かれることを望む美少女。どんなに痛い妄想や狂気を抱こうとも、それが美少女ならば絵になり、物語になってしまうのですから何とも言えません。

妄想高校教員 森下 (1) (ヤングガンガンコミックス)
作者:西渡 槇
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2014-01-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

妄想と言えば、この男も外せません。圧倒的な表紙のインパクト。タイトル通り、自分の教え子である女生徒たちとのあらぬ妄想に日々耽る、どうしようもない教師の物語。思わず声を上げて笑ってしまうこともしばしばの、電車の中で読むのは危険なタイプの作品です。「ぽっちゃり」へのこだわりと語りは必見。

『史群アル仙作品集 今日の漫画』

史群アル仙作品集 今日の漫画
作者:史群 アル仙
出版社:ナナロク社
発売日:2014-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 Twitterをやっている人なら、RTで回ってきて一度くらい見たことはあるのではないでしょうか。見たこと無い、という方は今すぐ「史群アル仙」でググるべき! 様々な角度から心を抉って来て、「あああ……」となる1ページマンガの数々。絵柄は実にレトロで可愛くありながらも、現代的な感覚や風刺も込められたダークな内容。これ一冊でレビューを書きたい位の漫画です。

『ダムマンガ』

ダムマンガ  (1) (ヤングキングコミックス)
作者:井上よしひさ
出版社:少年画報社
発売日:2014-10-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

本邦初! タイトル通り、ダムをテーマにしたダムのマンガ。そこに美少女と微百合テイスト入り。どこかで聞き覚えのある知識から、「ダムカード」なる物の存在まで、私たちの生活を支えるダムについて学べる作品です。ダムマニアによる解説やコラムがまた熱い! 世界の深淵を垣間見ることのできる一冊です。

『ミトコンペレストロイカ』

ミトコンペレストロイカ 1 (BUNCH COMICS)
作者:まん○画太郎
出版社:新潮社
発売日:2014-08-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

まん◯太郎先生の漫画を読んでいると、マンガって本当に自由なんだなぁと思い出させられます。投げやりで強引な展開や、解りきったオチ、そして打ち切りという事柄までをも楽しめてしまうって、逆に凄いことです。この孤高の世界を貫き続けて頂きたいです。

これだけ紹介しても、まだまだ紹介しきれていない作品もあり歯痒いです。それだけ、今は面白いマンガが豊富で幸せな時代であるということ。出来る限り多くのマンガを読んで紹介していきたいと想いますので、今年もどうぞ宜しくお願いします。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事