祝バレンタインデー! 男子のための『失恋ショコラティエ』ガイド

小沢 高広2015年02月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『失恋ショコラティエ』といったら、とっくに大ヒット作でドラマ化もしたし、バレンタインデーだからって、いまさら紹介? もうみんな読んでるし!
と思った女子。君らはもういい。とっととバレンタイン限定のおいしいチョコでも食べてなさい。今日は、この作品をバレンタインに縁がない男子にこそお勧めしたい。

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
作者:水城 せとな
出版社:小学館
発売日:2009-01-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

失恋ショコラティエってあれでしょ?
チョコ、イケメン、恋愛?
いやいや、マンガ好きだけどさ、その手のスイーツでリア充物語、誰に感情移入していいかわからないし、という男子、ちょっと待て。

この漫画における恋愛は、格闘技なんだ。

それに気づいたのはこのシーン。
こちらは主人公・爽太が憧れる高校時代の先輩サエコさん。

彼女は、爽太の好意には気づいていて、それに甘える日々だったんだけど、爽太がひょんなことからくっついちゃった美人モデル・えれなとばったり対面。

問題のシーンはこのあと。
なんやかんやで2人で出かけることになった爽太とサエコさん。サエコさんが身支度している場面がこちら。

からのこの目!
ドーン!

カコイイ。
カコイイすよ、姐さん。
僕らが知ってる恋する女子の目じゃない。
どっちかといえば、ゴルゴ的な殺し屋がこれからターゲットを射抜く目に近い。
嫉妬なんて感情がまったく入り込む様子のない冷静な状況判断。
さらにメイクにたいするあれこれ。
向こうがビーム撹乱幕なら、こっちは実弾だ、みたいな応酬。
いちおう「なちゅらるめいく」って言葉くらいは聞いたことあったけれど、メイクって、ただ顔に色、塗ってたわけじゃないのねー。こんなフレキシブルで攻撃的なもんだったとは。
いやー、すごい。
かの浅倉南女史も実はこうだったのかも!?と思うと、ちょっと膝が震えてくる。

実は彼女、格闘マンガでいうところの名門の嫡子。ハンター&ハンターでいえば、キルアである。お母様のお仕込みがよろしかったご様子。


だが爽太も負けちゃいない。

「恋の駆け引き」って、言葉は歌詞のフレーズなんかではよく聞く。でも具体的にどんな?ときかれるとごにょごにょしそうだったんだけど、こういうことか!
ここで「お互いその気ならくっつきゃいいじゃん」というのは野暮。
それは、子供のころ、テレビでプロレスを見ていて(昔はテレビでプロレスをやっていたんだよ!)「あんな技よけりゃいいじゃん。プロレスなんて八百長だ」という程度の稚拙な気づきに等しい。違うんだ、技を正面から堂々を受けて、なお倒れない、そして返す。そこがすごいんだ。

こんな感じの達人がわんさと出てくるもんだから、バレンタインデーなんて、もはや天下一武闘会の様相である。もうバレンタインなんてチョコ屋の陰謀だなんて拗ねてる場合じゃない。


漫画とは瞬間を描くのに適している表現だ。
スポーツ漫画を読んでいて、おもしろいと思って実際の試合を見てみたら「??」となることがある。これは漫画の中と実際の時間の進むスピードが違うからだ。たったひとつのパス、たったひとつのパンチに込められたドラマ。その意図をリアルタイムに読み取るのはなかなかむずかしい。
だけど漫画は違う。その瞬間を掘り下げて、1話書くことだってできる。わかりやすく多くの人の心に届く。『失恋ショコラティエ』は常人には見えない恋愛の拳を我々にもわかりやすくひとつひとつ丁寧に描いてくれている恋愛格闘技漫画だ。

ちなみに『失恋ショコラティエ』はちょうど最終巻9巻が発売されたばかり。男子がこの時期、チョコを買うのはやや気がひけるけど、本ならそんな心配はいらない。
 

失恋ショコラティエ 9 (フラワーコミックスアルファ)
作者:水城 せとな
出版社:小学館
発売日:2015-02-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事