『レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1)』新刊発売にあわせてセールします 『レッド 1969~1972』

2015年02月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんと1巻が無料です。マンガ史に残る名作の1巻を無料で読めるとは。

レッド(1) (KCデラックス イブニング )
作者:山本 直樹
出版社:講談社
発売日:2007-09-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
  • dmm.com

全共闘運動というのは、19691月に東大安田講堂の攻防戦でピークを迎えたと思われることが多いが、安田講堂は終わりの始まりで、8月に佐藤栄作内閣で、田中角栄自民党幹事長がイニシアチブをとった「大学の運営に関する臨時措置法」が制定され、急速に全共闘運動は収束していく。そうした左翼運動の行き詰まりのなかで、極左過激主義として武装闘争を掲げるセクトが登場してくる。それが、赤色軍(共産主義者同盟赤軍派)と革命者連盟(革命左派)である。

まじめな学生たちが、ベトナム戦争に反対し、佐藤栄作の訪米阻止闘争を羽田で行う場面から物語は始まる。1969年に左翼運動に参加していた若者たちの青春群像劇。カラッカラに乾いた、山本直樹の視線が、上質なドキュメンタリーのようにあの時代を切り取っていく。

Amazon KindleeBookJapanYahoo!ブックストアなど各電子書店にて226日まで無料キャンペーン実施中!

2巻も相当な割引になっています。こちらもこの機会にどうぞ。

レッド(2) (KCデラックス イブニング )
作者:山本 直樹
出版社:講談社
発売日:2008-07-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
  • dmm.com

この巻では、赤色軍(赤軍派)がおこしたM作戦(銀行強盗で活動資金を調達する作戦)と、革命者連盟(革命左派)の真岡銃砲店襲撃事件によって、都市部での活動が制限され、仲間たちがどんどん逮捕されていく1971年を描いている。一方で1971年は中核派と革マル派の「内ゲバ」が激しさを増した年でもあり、初めて内ゲバによって死者が出た。こうした一連の反社会的な行動によって、ますます一般市民・学生からの支持を失った過激派セクトは、武装闘争にのめり込み、根拠地としての山に可能性を見出していく。

2巻もAmazon KindleeBookJapanYahoo!ブックストアなど各電子書店にて226日まで割引キャンペーン実施中!

『レッド 1969~1972』が描いた大量殺人。なぜ15人もの犠牲者をだしたかを考察したレビューはこちら。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事