人生の一大イベント"受験"を巡るお話『マスタードチョコレート』

山中 羽衣2015年03月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生における最も厄介なイベントのうちの一つ"受験"。学校や会社や資格などシチュエーションは様々だがとにかく、何らかの目的を達成するために、試験を受けなくてはならない時がある。そして本気度が高ければ高いほど、食欲がなくなったり寝れなくなったり、プレッシャーなんかに押しつぶされそうになったり。あの緊張感はなかなか大人になると味わえない独特なものがある。

この物語の主人公は大学進学のため美術予備校へやってきた津組倫子(つぐみりんこ)。人と接するのが苦手でぶっきらぼうな倫子はいつも学校などで居心地が悪く生きている。憧れのバンド"イグルー"のメンバーが「小中高のべったりとした関係性が苦痛で、ひとりでいても誰も気にしない大学に居心地よさを感じた」と語るインタビュー記事を読んで、美大を受験することに。一人でいても大丈夫な居場所が欲しかったのである。しかし倫子は予備校に通ううちに徐々に共通の趣味の合う友だちや自分を気にかけてくれる先生などと出会うことで、渇望していた一人の時間ではなく本当に欲しかった友だちと関係による居場所を手に入れていく。人間関係から逃げるために挑んだ受験勉強の中で人間関係を新たに獲得していく様子の描き方が見事だ。

この漫画は主に人間関係の話なわけですが、前半部分の受験部分を読むと受験に対する心情がリアルで、受験当時の心情が鮮やかに蘇ってきてなんだか胸がキュッといたくなりました。今、まさに受験シーズン。この漫画を読むと受験生を応援したくなること必至です。

マスタード・チョコレート
作者:冬川智子
出版社:イースト・プレス
発売日:2012-04-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事