三国志の主人公は劉備・・・じゃない!動画を越えた静止画の臨場感を『蒼天航路』で読め!

佐渡島 庸平2015年04月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蒼天航路(1) (モーニングKC)
作者:王 欣太
出版社:講談社
発売日:1995-10-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan

 
まずは、この絵を見て欲しい。


どんな風に見えただろう?
静止している絵なのに、目が動いて、吊り上がったように感じただろうか?

それとも、目が4つあることにすぐに気がついただろうか?
一度、目が4つあることに気づいてしまうと、目が4つの変わったイラストとしか見えない。

最近、ドレスが金に見えるか、青に見えるかで話題になったが、同じようにこのイラストも、目が立体的、動的に見える人と、4つに見える人に分かれるだろう。
さて、あなたはどちらだった?

マンガの中で、こんなに挑戦的なイラストをみたことがあるだろうか。
王欣太による圧倒的な画力で描かれる、熱く、かっこいい男達の物語、それが『蒼天航路』だ。

三国志は、今まで劉備玄徳を主人公にして描かれることが多かった。たいてい、曹操は悪役だ。横山光輝の『三国志』も、劉備が主人公だ。『蒼天航路』の新しさは、曹操を魅力的な男として捉え直したことだ。コロンブスの卵的な発想で、読んでしまうと、曹操が主人公なのは当たり前に思え、今まで誰もが劉備を主人公にしてたことが不思議なくらいだ。


曹操は、劉備との遊びを楽しむように殺し合う。


曹操と劉備と同じように、関羽と徐晃も、親愛の情を感じながら、戦い合う。
男達は、生死をかけてぶつかり合わないと、本当に分かり合えない。圧倒的な生命力をもって生きた男達の物語。
王欣太による最高にかっこいい絵を通じて、三国志の時代の男達の熱さが伝染してくる。『蒼天航路』は、そんなマンガだ。
[まとめ買い] 蒼天航路 (1-25) Kindle版
作者:王 欣太
出版社:講談社
発売日:2010-01-01
  • 漫画全巻.com
[まとめ買い] 蒼天航路 (26-36) Kindle版
作者:王 欣太
出版社:講談社
発売日:2010-01-01
  • 漫画全巻.com
三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)
作者:横山 光輝
出版社:潮出版社
発売日:2002-02-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • 漫画全巻.com


ちなみに池上遼一版の「三国志」、『覇 -LORD-』『SOUL 覇 第二章』も熱いマンガだ。

Soul 覇 第2章 コミック 1-3巻セット (ビッグ コミックス)
作者:武論尊
出版社:小学館
発売日:2013-03-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
  • 漫画全巻.com
 
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事