『ストーム・チェイサー 夢と嵐を追い求めて』ヤンキーの国・茨城県からオタクブランドへの挑戦 編集者の自腹ワンコイン広告

版元の編集者の皆様2015年05月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストーム・チェイサー(The Japanese Storm Chaser)-夢と嵐を追い求めて (結ブックス)
作者:青木豊
出版社:結エディット
発売日:2015-03-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ストームチェイサーとは、直訳すると「嵐の追跡者」という意味だ。竜巻やひょう、雷などの激しい気象現象を追い、観測データの収集や映像を捉える人達を指す。本書の著者も、そんなストームチェイサーの一人だ。

茨城県下館市(現・筑西市)の写真屋の3代目として生まれ、茨城県内を中心に活動してきた青木豊。本書は、そんな彼のライフストーリーを数々の写真とともに紹介した一冊だ。

私が編集者として、ストーム・チェイサー・青木豊と真正面から向き合って強く感じたのは、彼が「ヤンキー」と「オタク」という二項対立を、いとも簡単に止揚してしまっているということだった。

「ヤンキー」と「オタク」の二項対立とは、日本人の精神構造の根っこに潜むものとして精神科医・斎藤環によって掲げられた概念だ。それならば青木豊が「ヤンキー」でかつ「オタク」であるとはどういうことか?

本書の編集で青木の写真をセレクトした時のこと。彼がアメリカで撮影した竜巻を生む巨大積乱雲、スーパーセルなどの写真の数々を章立てに従って並べてみたところ、全ページ通して改めて見てみると、写真にアメリカらしさというものが全く浮かび上がってこない。

「なぜアメリカらしさが出ないのか?」この問いは、「茨城県、とくに青木が活動する県西域がアメリカらしいからではないか?」と気付くことで解決した。

アメリカのネブラスカ州の夕暮れ

栃木と茨城の県境を流れる思川の夕暮れ

何㎞も延々と続く水田、その水田の先に光るネオンは町の入口にあるガソリンスタンドやショッピングモールだったりする。青木が雷雲やスーパーセルを追いかけて駆けめぐる茨城県西地区は、広さにおいても、景観においても十分にアメリカ的であったのだ。それならば、青木がアメリカ発祥の「ストーム・チェイサー」を日本人で初めて名乗り、活動を始めたことにも合点がいく。

ヤンキーの代表例として真っ先にあげられる暴走族は、茨城県では今でも日常茶飯事として出没する。青木は暴走族ではないし、運転には細心の注意を払っているものの、チェイスの時に聞く音楽はいつも70年代~80年代のロックで、ノリは十分にヤンキーだ。アメリカの影響を受けたという点においても折り紙付きかもしれない。

チェイス中の青木豊

しかし彼がその道に辿りつくまでには、気象学などを猛勉強する必要があり、実際の活動においても雷雲を数日前からレーダーで探るなど、常に探究心が求められる。この点においてヤンキーでありながら、オタク度も十分に高いといえるだろう。 

オタクでヤンキーというThe Japanese Storm Chaser・青木豊を斉籐環はどう分析するか? ぜひ聞いてみたい気もするのだが、編集者の狙いとしては、本質的にオタクの青木がストーム・チェイサーとして脚光を浴びることで、ヤンキー王国・茨城県のまったく新しいヤンキー文化が発信できる、いや、そうしたいと願っている。それが、魅力度ランキング47位を脱するための秘策中の秘策と大まじめに考えているのだが、これ自体、オタク中のオタクの発想かもしれない。

広大な平野を巨大な積乱雲、スーパーセルが覆う(茨城)
 
野末たく二 結ブックス
茨城県つくば市の出版社を立ち上げ、経営。これまで発行してきた本は『郷土の先達とゆく筑波山』(絶版)、『筑波山目的別ガイド』、『はんてん屋日和-おばあちゃんに教わったこと』など。
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら