SmartNews「読書チャンネル」へのコンテンツ配信がスタートしました

内藤 順2015年05月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日5月18日より、SmartNews「読書チャンネル」へのコンテンツ配信がスタートしました。

「読書チャンネル」は、各出版社や取次が提供する新刊本情報、書評サイトなどのコンテンツを集約し、本に関するさまざまなニュースを提供していくチャンネルです。

本日現在、「読書チャンネル」に配信しているのは、以下の出版社・メディア運営社様になります。

・翔泳社(提供元:株式会社翔泳社)
・新刊JP(提供元:株式会社オトバンク)
・ダ・ヴィンチニュース(提供元:株式会社KADOKAWA)
・はてなブログ(提供元:株式会社はてな)
・ブクログ(提供元:株式会社ブクログ)
・HONZ(提供元:株式会社HONZエンタープライズ)
・本の話WEB(提供元:株式会社文藝春秋)
・ほんのひきだし(提供元:日本出版販売株式会社)
(※五十音順)

SmartNewsさんの方では、このチャンネルのために書影の画像表示を最適化するアップデートを実施。また先日は、「オンラインサービスと本のプロモーションを考える会」というセミナーを開催するなど、リアルな場においても本の情報を流通させる活動に意欲的に取り組まれています。

HONZといたしましても、本に関する情報をワンストップで見ることができる「読書チャンネル」への配信を通じ、より多くの人にノンフィクションの面白さを伝えていきたいと思います。

HONZサイトと併せてご活用いただければ幸いです。

(左)読書チャンネル登録画面 (右)読書チャンネル画面イメージ

スマートニュース株式会社について

スマートニュース株式会社は「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業です(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のウェブ解析技術を基盤に、世界1000万ダウンロード(2015年2月)を超えるニュースアプリ「SmartNews」を運用する当社は、同アプリを軸に多くのメディア各社との事業提携を行っています。(※スマートニュース株式会社のプレスリリースより)

タイトル
SmartNews 
圏外でもニュースがサクサク読める!
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら