お兄さまお姉さま皆様、自分は若い人の気持ち判るなんて勘違いしてません?『Now playing』

菊池 健2015年06月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Now playing(1) (ガンガンコミックスONLINE)
作者:一二三
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2015-05-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 団塊ジュニア世代の私は、漫画家支援、もう少し引いて言うと若者支援の仕事をもうかれこれ6年ほどしおります。
今週と先週で、大学生や専門学生合わせて300人程に、漫画業界や仕事としての漫画家についての講義を3回しました。
仕事のチームにも大学生インターンが3人いて、これまで通算何十人の現役大学生と日常的に仕事をして来ました。

なのできっと、普通の同世代よりは所謂若者に多く触れていると思うし、昨日だって一人の新人漫画家の悩みを飲み屋でたっぷり2時間聞いて、アドバイスをして、気分良く帰しました。

でも、多分わたしは、今の若い人が考えていることを、根本的に自分は判っていないはずだと日々思うわけです。

 

その根拠はシンプルで、自分が若かった頃、当時の大人たちは、自分達の世代が考えることや、時代の感じ方、将来への漠然とした不安など、どうしても判ってもらえていなかったという記憶が強く残っているからです。

ましてや、この変化の早い時代に、あの震災からこっち、いったい仕事とは?生きるとは?マンガとは?という勢いで、色んなことを考え始めたら、そりゃもう思考は止まらないだろうなと思うわけです。

 

嬉しいお手紙と懊悩 

ある日、トキワ荘PJを卒業した新人漫画家からお手紙をもらいました。初連載、初単行本化した作品の献本、報告と共に、便せん3枚にびっしりとお手紙が。

 

曰く

”トキワ荘に入居する前から、私はずっと”今この時代とは”何なのか、自分たちが生きているこの世の中とはどういうものなのかと言う事を考え続けてきました。(中略)そうして、漠然と抱くよく分からない”今”の世の中での閉塞感をちゃんと解明したい。そう考えておりました。”

あぁもう、身悶えします。身も震える思いで、そうそうなんだよ、そう感じるんだよ。そして、おじさんは君の気持を理解することは100%ないんだ。だって同じ時代を同じ年齢で生きてないから。。。などと思うわけです。

そして悟るのです。そうか、あの時、自分が若かった時の大人たちも、この諦観と言うか達観と言うか、判ってあげられない感覚を持ったんだ。無理に自分の話を押し付けず、若い奴の思う通りにさせてたんだ。でも、時たまやっぱり、どうしても言いたくなって、普段我慢してたものが堰を切ったように吹き出て、オヤジだってウザがられていた、その記憶ばっかりが鮮明なんだなと。

 

新ジャンル「青春部活閉塞感カタルシスもの」?

さておき、一二三さんの『Now playing』はこんなお話です。

 ”高校1年の東雲東(しののめあずま)は、友達が出来ず、いつもクラスメイトに良いように使われていた。
 そんな彼を見た天才脚本家西園寺彩(さいおんじさい)は、仮面を被って演技を続ける東雲の中に、芝居の才能を見い出す。
 彼を炊きつけ、クラスメイトの前で爆発的な演技をさせた後、クラスメイトは沈黙し、東雲は演技に開眼する。”


いじめられて生存戦略の為に日常で芝居を続けていた主人公が、いつの間にか芝居の天才になっていたという設定は、ちょっと今まで見たことなく、なかなか面白い進み方になっています。
昨日飲みに行った青年誌などで活躍している新人作家も、上記の設定を説明しただけで、すぐに単行本を買うと言ってました。今の20代位の若者同世代には、ウケるのだろうなと思いました。

もう一つ思ったのは、おそらく「今の若者が判らない」と思っている、お兄さんお姉さんたちには、これは一つのエンタメ解説書なのかも知れないということです。
これは、東京経済圏の人が、『ヤンキー経済』でマイルドヤンキーを発見した時のような、見えてたんだけどよく分かってない人たちを理解するのに良い本かも。

本人曰く、

「演劇・スポ根・青春部活もの」そのどれにも上手く当てはまらない感じだけども、これから自分なりに位置を確立していきたいと考えています。

とのこと。

私がこの作品を見ていると、系譜が2ルートくらいあるかなと思いました。

一つが、「青春部活もの」としての系譜、少し雰囲気は違いますが。『究極超人あ~る!』の光画部的なものとか『げんしけん』あたりからの流れを感じました。

もう一つが、そんなジャンルがあるかどうか判りませんが「閉塞感カタルシスもの」とでも申しましょうか、『宮本から君へ』みたいなところの係累ですね。

合わせると「青春部活閉塞感カタルシスもの」とでも言うか、かなりもっさりと重たい感じがしたんですが、いかがでしょうか(笑)


いずれにせよ、結果的に全ての世代に面白い、良作になっていると思います。
この前途有望な若い作家を応援する意味も含め、今後ともご贔屓に、お買い求めいただけますと幸いです。


------------

『宮本から君へ』は、ホリエモンもレビューしています。堀江さん、こういうの好きなのですよね。
新社会人応援企画!『宮本から君へ』中二病を引きずったまま社会人になったお前らに捧げる! 

宮本から君へ(1)
作者:新井英樹
出版社:講談社
発売日:1991-07-23
  • Amazon Kindle

 

青春部活ものだと、個人的にこのあたりの雰囲気が良いと思うんですよねぇ。いやぁ、もう最近、どの作品もほとんどKindleになってまいりましたねぇ。

究極超人あ~る(1) (少年サンデーBOOKS)
作者:ゆうきまさみ
出版社:小学館
発売日:1986-01-18
  • Amazon Kindle

 

げんしけん(1)
作者:木尾士目
出版社:講談社
発売日:2002-12-18
  • Amazon Kindle

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事