電子書籍戦線異状なし!? 最前線で戦うソルジャーから血みどろ(?)レポート 『でんしょのはなし』

山田 義久2015年06月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
でんしょのはなし
作者:鈴木みそ
出版社:eBookJapan Plus
発売日:
  • Amazon Kindle

 自分が今後、何かオリジナルなものを世に出す可能性が1ミリでもあるひとは、とりあえず上のリンクをクリックして、「1-Clickで今すぐ買う」を押してから下を読んでほしい。本日発売だ。

でんしょ、こと電子書籍が世に出てはや数年。確実に我々の生活を変えた。
いまや、Kindleアプリを入れたスマートフォンさえあれば、好きな本100冊を片手に世界一周旅行に出発、、、なんてことも可能になった。
私自身も、最近かさばるマンガはiPhoneのKindleアプリで読んでいる。マンガHONZのミーティングで話題になった作品もKindle版があれば、その場で即購入、帰りの電車で読める。このスピード感に慣れてしまった今、紙版を買う気がほぼ消え失せてしまった。

では今後、電子書籍は紙の書籍を完全に駆逐してしまうのか。
当然、ものごとはそんなに単純に進まない。
世の中で新しい変化がある場合、変化が思ったより速かったり、速くなかったり、着地点もあらぬ方向にずれてしまうことがほとんどである。「電子書籍はすごい!もっと広げるべきだ!」と正論を声高に叫んでも、既存プレイヤーの思惑が交差する現場では「理屈ではそうだけど。。。ね」となる。にんげんだもの。
結局、変化の方向性を探るためには、少なくともその先頭にいる人に現場話を聞いて、なんとなしに未来像のパズルを埋めていくしかないのであろう。

この『でんしょのはなし』は、漫画家で、電子書籍のパイオニアである鈴木みそさんが、電子書籍ビジネスの最前線にいる人達にインタビューし、まさに電子書籍の未来像のパズルを埋めていく。

まず、鈴木さんが会いにいかれた人々がいい感じでバラバラなのがいい(※)。読み進めると、最新テクノロジーの変化、業界構造、現場オペレーションの実体、ビジネスモデルの甲乙、先行者(大手企業)、後発者、そしてイノベーター等がまんべんなく登場し、なにやらビジネススクールのケーススタディのよう。電子書籍をめぐる業界の動きを俯瞰した気分になる。そして、各プレイヤーがこっそり(?)語る現場話がまた人間臭くて、香ばしくて、直接出版業界に関わっていない私も思わず「どこも同じやな~」と呟いてしまう箇所がたくさんあっておもしろい。

そして、本作について何より特筆すべきは、レポートする鈴木さん自身の食いぶちが電子書籍にかかっていることだ。鈴木みそさんは知る人ぞ知る、電子書籍によるセルフ出版(※出版社を通さない)のパイオニア。そう、現場で血みどろになりながら戦うソルジャーなのだ。
よって、読んでもらったら一目瞭然なのだが、投げかける質問が銃剣のように鋭利なのだ。やはり食いぶちがかかっている人は緊張感が違う。鋭い質問には、価値のある情報が返ってきている。もちろん、そんな鋭い質問などもハイセンスなユーモアにくるまれており、マンガ全体としていつも通りの楽しげな雰囲気なので安心してほしい。

そんな、価値ある情報に溢れた本作。電子書籍がこれから世の中に与えうるインパクトを考えると、今後、何かオリジナルなものを世に出す可能性が0.1ミリでもあるひとは、全員読んでおいたほうがよいと思う。

きっと、この本は爆売れはしない。しかし、5年、10年後、時代を牽引している人々が、「ああ、あの本ね~もちろん知ってる」くらいな感じで語り継がれる作品であろう。
おススメ!

※本書に登場する人物(敬称略。肩書は当時のまま)。
・Jコミ代表&『ネギま!』作者 赤松健
・『大東京トイボックス』原作者&マンガHONZメンバー うめ(小沢)
・イーブックジャパン創業社長 鈴木雄介
上記3名が参加した「電子マンガサミット」が先日第2回が開催された
・講談社 デジタル第一営業部(Dモーニング担当) 部長 吉村浩
・アマゾン社 コンテンツ事業部 友田 広報部本部長 小西
・コルク代表&マンガHONZ編集長 佐渡島庸平
・DMMドットコム社長 松栄立也
・ピースオブケイクCEO 加藤貞顕
・マンガボックス編集長 樹林伸

ナナのリテラシー1
作者:鈴木みそ
出版社:鈴木みそ
発売日:2014-01-23
  • Amazon Kindle

 本書がもとになって描かれたというビジネスマンガ『ナナのリテラシー』。これもめちゃめちゃおもしろい(レビューはここ)。それにしても自身の企業秘密といえる電子書籍のノウハウを公開して、プロダクトにするという鈴木さんのアイデアと懐の深さは心から尊敬する。この『ナナのリテラシー』は「いろいろあって」3巻で打ち切りになったが、本当に惜しい、惜しすぎる。何とかして続編を描きまくってほしい。

電子書籍で1000万円儲かる方法
作者:鈴木みそ
出版社:学研パブリッシング
発売日:2014-09-09
  • Amazon Kindle

 電子書籍について造詣を深めるならこの本も必読か。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事