今週一番読まれた記事は?マンガHONZ週刊ランキング ベスト10 【2015年6月21日(日)-6月27日(土)】

角野 信彦2015年06月28日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜の夜にこんばんは。

11時からの、鈴木敏夫さんの「ジブリ汗まみれ」を楽しみにまちながら、この原稿を書いてます。あの永遠に終わらない感じの茶飲み話と、突然挟み込まれる創作についての深い知見のアンバランスが素晴らしいんでやめられません。

それでは今週も10位から紹介していきます。

10位:ジャンプを卒業した大人が『ワールドトリガー』を読むべきたった3つの理由

ワールドトリガー 11 (ジャンプコミックス)
作者:葦原 大介
出版社:集英社
発売日:2015-06-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 最近はトリガーの店頭に立ってマンガコンシェルジュもやっている小林のレビュー。おすすめするのはこれからの季節には暑すぎるものばかりなので、注意してください。

9位:電子書籍戦線異状なし!? 最前線で戦うソルジャーから血みどろ(?)レポート 『でんしょのはなし』

でんしょのはなし (マイクロマガジン☆コミックス)
作者:鈴木みそ
出版社:マイクロマガジン社
発売日:2015-06-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 でんしょ、こと電子書籍が世に出てはや数年。確実に我々の生活を変えた。いまや、Kindleアプリを入れたスマートフォンさえあれば、好きな本100冊を片手に世界一周旅行に出発、、、なんてことも可能になった。私自身も、最近かさばるマンガはiPhoneのKindleアプリで読んでいる。マンガHONZのミーティングで話題になった作品もKindle版があれば、その場で即購入、帰りの電車で読める。このスピード感に慣れてしまった今、紙版を買う気がほぼ消え失せてしまった。

では今後、電子書籍は紙の書籍を完全に駆逐してしまうのか。電子書籍のビジネスに興味のある方は必読。

8位:まるでFF7の世界 逆から読む海外仕様の『Levius-レビウス-』は読んでるだけでカッコいいメカ格闘漫画

レビウス 1 (IKKI COMIX)
作者:中田 春彌
出版社:小学館
発売日:2014-01-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 FF7の世界観を落とし込んだようなクールなバトルマンガ。主人公であるレビウス=クロムウェルは、この「機関ボクシング」の選手。イケメンなので女性からの支持も多いという、これだけ見ればまぁまぁありそうな設定なのですが、このマンガはとにかくオシャレ!スタバでMacbook開いちゃうような、洗練された感じと言えばいいのでしょうか。このマンガを読んでいるオレ、カッコいい……てな感じでドヤ顔できちゃうくらいオシャレです。※もちろん、マンガの中身もめちゃくちゃ面白いです。

7位:ビッチとうまくやっていくための、たったひとつの冴えたやり方。『あそびあい』

あそびあい(1) (モーニング KC)
作者:新田 章
出版社:講談社
発売日:2013-11-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

Book News を運営している永田の大ヒットレビューが再度ランクイン。 
もしあなたの好きになった人が、あなたのこと「だけ」を好きになってくれる人ではなかったら、あなたはどうしますか。この問いをストレートに、かつライトに突きつけてくるのが本作品です。本作の主人公である男子高校生「山下くん」は、同じ学校の「ヨーコさん」が好きで、作品の冒頭からセックスしてます。けしからん。いや、けしからんというか、ここでヨーコさんが「山下のは後ろからがいい」と言うわけです。山下くんは、「のは」ってどういうことだよ、と思います。他の人のはどうなんですか、と。ヨーコさんはそんな山下の動揺を意に介しません。山下くんのヨーコさんに対する好き、と、ヨーコさんの山下くんに対する好きとはだいぶその性質が違うようです。同じ「好き」という言葉で指し示されるはずの感情が、ふたりのあいだでずれています。

6位:お兄さまお姉さま皆様、自分は若い人の気持ち判るなんて勘違いしてません?『Now playing』

Now playing(1) (ガンガンコミックスONLINE)
作者:一二三
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2015-05-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ここのところ好調な、トキワ荘プロジェクトリーダーの菊池のレビュー。演技という特技でスクールカーストを下克上していく、ルサンチマンとカタルシスの物語です。著者からもらった手紙がレビューに紹介されています。 

”トキワ荘に入居する前から、私はずっと”今この時代とは”何なのか、自分たちが生きているこの世の中とはどういうものなのかと言う事を考え続けてきました。(中略)そうして、漠然と抱くよく分からない”今”の世の中での閉塞感をちゃんと解明したい。そう考えておりました。”

あぁもう、身悶えします。身も震える思いで、そうそうなんだよ、そう感じるんだよ。そして、おじさんは君の気持を理解することは100%ないんだ。だって同じ時代を同じ年齢で生きてないから。。。などと思うわけです。

5位:この1年で伸びたマンガ雑誌はある!雑誌とアプリという切り口でのマンガ市場分析

マンガで食えない人の壁
作者:NPO法人NEWVERY内 トキワ荘プロジェクト
出版社:NEWVERY
発売日:2012-02-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 5位も菊池のマンガ業界のデータ分析記事です。この通算7年間ごしのデータを(途中は精査していませんが)見ると、トップ10の雑誌が1誌も変わっておりません。ランキングもほぼ同じと言って良い形で、ほとんどの雑誌の印刷部数のみ下がっているという状態です。恐らく、読むのを辞めて抜け落ちた読者は増え、新しく入ってる読者が少ないと想像されます。

4位:あなたの心のなかにある同性愛者へのタブーをみつける『弟の夫』

弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
作者:田亀 源五郎
出版社:双葉社
発売日:2015-05-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ゲイアートの巨匠、田亀源五郎、初の一般誌連載作品。『スティーブズ』2巻が絶賛発売中のマンガユニットうめの小沢のレビュー。先週に続いてとてもよく読んでいただいています。『弟の夫』と『あれよ星屑』をアマゾンで購入したところ、リコメンドがすごいことになっています。さすがですねアマゾン。みなさんも試しにやってみてください。

3位:素人が麻雀を描いたら、おっぱいがイーピンになった『角刈りすずめ』

角刈りすずめ(1) (近代麻雀コミックス)
作者:KICHIJO
出版社:竹書房
発売日:2010-11-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今週もエロの伝道師、ヒット連発中の小禄のレビューがよく読まれました。

あらゆる切り口で麻雀が語られている。そのバリエーションは、企業において企画書を書くことに似ている。その数なんと、全26話。あれ、そこまで多くなかった。全2巻というのも「あぁ、この人ネタ切れしたのかな」と思わせるような巻数である。しかし、それがいい。完全に僕の主観だが、こうした一話完結のギャグマンガは、瞬発力だけで駆け抜けたほうがいい。

2位:嫁がYesで旦那がNo セックスレスを明るく描く『ごぶさた日記』

ごぶさた日記 子育て世代夫婦の寝室事情コミックエッセイ
作者:たかせシホ
出版社:メディアファクトリー
発売日:2010-02-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 実は佐藤はレビューがちょっとごぶさた気味。これは最高のタイトルと最高のレビューの合わせ技で大ヒットしたレビューが再度ランクインしました。レビューで佐藤が引用している部分だけでも読んでみてください。既婚者ならかなりグッときます。

1位:プロ漫画家は日本に何人いるのか?

マンガで食えない人の壁 -プロがプロたる所以編-
作者:NPO法人NEWVERY内 トキワ荘プロジェクト
出版社:NPO法人NEWVERY
発売日:2014-11-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 日本で一番マンガ家志望の若者にあっている男、菊池のマンガ業界データ分析が、先週につづいて今週の1位でした。菊池のエントリーの特徴はパソコンで読まれている率が異常に高いこと。ビジネスマンがオフィスで読んでくれているのでしょうか。マンガのような市場をファクトベースで分析するというのは、データがなかなか揃わないので面倒くさいのですが、さすがのインサイダーという感じです。

今週もながなかとお読みいただきありがとうございました。そういえば、先ほど読み始めた『ラブラブエイリアン』が面白すぎて、いても立ってもいられない感じです。面白い本を見つけると誰かに話したくていても立ってもいられない角野がお送りしました。マンガってほんとうにいいものですね。それでは次週もご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事