『東京タラレバ娘』20代のモテモテからのギャップという人生の現実を受け入れられない人々のリアル。

堀江 貴文2015年07月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京タラレバ娘(4) (KC KISS)
作者:東村 アキコ
出版社:講談社
発売日:2015-12-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

人気マンガ家 東村アキコによるアラサー女性のリアルに迫るストーリーといえば買いたくなるだろう。『海月姫』でおそらく自分の周りのリアルなオタク女子=腐女子像をリアルに描き、『かくかくしかじか』で自分の恩師の死をリアルに描いた彼女が次に題材に選んだのは自分がかつて歩んできたであろう、アラサー女子の悲哀である。それも非モテのアラサーではない。20代前半の頃はそれこそウザいくらいに男子が群がってきたであろう、イケてる女子のアラサー悲哀物語である。

東村アキコ『東京タラレバ娘』講談社©

主人公は20代の頃にモテていた。その当時に振ったいわゆる草食系男子から再びアプローチされ、当時よりも洗練されて年収も高くなり社会的立場もレベルアップした男子に意気揚々とデートにでかけ、当然付き合ってと言われると思いきや自分の後輩の若い女子との間を取り持ってくれと言われ愕然とするのである。しかし、これが世の中のリアル。20代女子のもっている価値の大きさをリアルに感じていない女子が多いのには呆れるばかりである。

東村アキコ『東京タラレバ娘』講談社©

しかもこれはモテ女子のほうがギャップが高い。東村アキコは美人マンガ家として有名であり、これは実体験がかなり含まれている。これまでの東村アキコのマンガは『海月姫』しかり、『かくかくしかじか』しかり、実体験をベースにした漫画のほうが圧倒的に面白いのである。若いころにウザいくらいにモテ女子だったのに、一気にアプローチしてくる男性のレベルが下がったことに納得いかないのだろう。しかし、それが女子にはかならず来る試練であることは仕方がない。

これは避けられない事態であるから対処法はいくつかある。一つは自己評価をあまり高く持たないことである。しかしモテまくりの若いころにそれを認識するのは難しいだろう。そういう意味ではこの漫画を読んでそういう先輩たちの二の舞いにならないように予防するしかない。アラサー女子が読むには酷なマンガであるが、彼女らも自分の立ち位置を認識するための痛い教材だと思うしかないのかもしれない。 

東村アキコ『東京タラレバ娘』講談社©

同じく私が書いた、東村アキコさんのレビューはこちら。
『かくかくしかじか』超人気漫画家の紆余曲折の青春時代。 - マンガHONZ

かくかくしかじかの最新刊は、現在5巻。

かくかくしかじか 5 (愛蔵版コミックス)
作者:東村 アキコ
出版社:集英社
発売日:2015-03-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
東京タラレバ娘(1) (KC KISS)
作者:東村 アキコ
出版社:講談社
発売日:2014-09-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事