慰安婦 パンパン 浮浪児 特攻くずれ 在日 そしてそれぞれの思い 『あれよ星屑』 イデオロギーでなく生身の人間の感情の物語

角野 信彦2015年07月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あれよ星屑 1 (ビームコミックス)
作者:山田参助
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2014-04-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
  • dmm.com
  • 漫画全巻.com

『麻雀放浪記』『仁義なき戦い』終戦直後を描いた物語の強烈な魅力

戦後すぐというのは小説や映画で繰り返し取り上げられる時代で、傑作も多い。阿佐田哲也の『麻雀放浪記』や深作欣二の『仁義なき戦い』などにあらわれる、法律という境界線の向こう側の世界はあまりに魅力的だ。純粋な「弱肉強食」を生きる人間たちの自由さにあこがれ、敗者が野垂れ死んでいく姿に恐怖を覚える。

『あれよ星屑』もそんな終戦後すぐ、1946年の東京の焼け跡を舞台にして描かれる物語だ。現在からわずか70年程度歴史をさかのぼっただけにもかかわらず、私たちは、その時代の人間の言葉づかいや考え方を想像するのが難しい。なぜなんだろうと考えたことはないだろうか。

想像力が欠けている人間が歴史のように、小説以上に精密な想像力が必要なものと取り組むと、なによりもこれを用いて復元しなければならないのが過去の人間であるから、人間抜きの歴史でごまかそうとする。
そして歴史は人間が作るものなのだから、人間抜きの歴史などというものは実際にはあり得ず、ということは、我々が歴史の名で歴史でないものを与えられていたことに他ならない。(吉田健一『歴史の教へ方』)

これは吉田茂の長男で作家の吉田健一が書いた短いエッセイからの一節だ。戦前は「皇国史観」を語っていた人間が、戦後になると「人民の歴史」を語り始めたことに対する批判である。党派性丸出しで、戦後の価値観によって戦前を評価すること、戦前の価値観で戦後を堕落と評すること、その両方が、彼のいう「人間ぬきの歴史」ということなのだ。

なぜこんなことを延々と書いたかといえば、このマンガが、党派性で汚染された「人間ぬきの歴史」ではなく、まさに「人間の歴史」を描いたものだからだ。

山田参助『あれよ星屑』1巻

イデオロギーや主義ではなく、人間の感情を描いた『あれよ星屑』

慰安婦、パンパンガール、戦争で家族と引き離された浮浪児、命からがら日本へ戻った引揚者、出撃前に敗戦を迎えた元特攻隊。こうしたイデオロギーや党派性で曇った目で見たときに「人間の歴史」が見えにくくなる戦中・戦後のアイコンが、意思と感情をもち、いきいきと描かれるのが『あれよ星屑』の最大の魅力だと思う。


主人公の日本陸軍軍曹、川島徳太郎は、大陸で中国共産党のスパイを処刑するときの尋問のなかで、「われわれも死ぬために生きている」と発言する。自分が指揮した部隊のほとんど全ての兵隊が戦死し、死ぬために生きていた川島は生き残る。川島を救い出したのが、もう一人の生き残り、黒田門松だ。 

山田参助『あれよ星屑』2巻 

作者の山田参助は、川島に「自分だけが生き残った後ろめたさ」を代表させ、黒田に「暮らしは貧しいけれども生きる喜び」を感じる大衆を代表させている。この作品の舞台になっている1946年に坂口安吾は『堕落論』を発表しているが、そのなかで、「堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ」と述べている。

坂口安吾は川島のような生き残りの兵隊たちに、「戦前の価値観」からの「堕落」によって「人間」として生きていくという希望を与えた。自分だけが生き残り、屈託を抱えて生きている人間にとって、「堕落」して生きていいというメッセージがどれだけ強く響いたかは想像するに余りある。

人間は愚劣な存在であるかもしれぬ。しかし愚劣さのゆえに人生を見捨てるか、あるいは愚劣さにもかかわらず、その愚劣さを引き受けるかによって、人生への態度は相当に異なるものになるであろう。(磯田光一『坂口安吾―人と作品』)

山田参助『あれよ星屑』1巻

政治的な主義主張は変わる。そのとき慰安婦が感じたことは変わらない

山田参助は慰安婦のような、極めて政治的な話題にも、この作品のなかで臆せず取り組んでいる。彼は、現在の視点から過去を断罪するような物語は描かない。『あれよ星屑』が描くのは、貧しさや戦争という大きな歴史の渦に巻き込まれたひとたちの感情だ。政治の主義主張というのはファッションと同じ、時代にあわせて移り変わっていくけれども、この作品が描く感情というのは、そう簡単に変わらない。

山田参助『あれよ星屑』2巻

戦中・戦後のことばづかいを再現した会話がすばらしい

この作品の面白さとしてもう一つあげたいのは、登場人物の言葉づかいだ。例えば浮浪児の少年が、カナヅチなので、「水泳のケイコをする」と言ったり、黒田が「サルマタ(トランクスのようなもの)」を縫ってもらって感激したときに「ガンスイ(眼水)」と言ったりする。

僕の祖父はもう亡くなっているが、川島や黒田と同じように華北で八路軍と戦っていたという。腕に貫通銃創があり、亡くなるまでその痛みがときどきぶり返していて、よくマッサージさせられた。明治40年代の生まれで、終戦時に30代で、川島と同世代で、祖父もこうした言葉をよく使っていた。戦争が終わったときには僕はまだ影も形もないけれども、祖父の影響で、こうした言葉が物語にでてくるだけで不思議な懐かしさを感じる。こうしたディティールの積み重ねもこの作品世界を分厚くしていて、何回も読み返したくなる。

山田参助『あれよ星屑』3巻

今年は戦後70年、終戦記念日の8月15日に向けていろいろな記事・作品が出てくると思うが、あの時代を、イデオロギーや党派性を抜きにして、純粋に感情だけを描こうとした作品は極めて珍しいと思う。そんな作品を読みたいと思ったときは『あれよ星屑』のことを思い出してほしい。

あれよ星屑 2 (ビームコミックス)
作者:山田 参助
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2014-10-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
  • ebookjapan
  • dmm.com
  • 漫画全巻.com
あれよ星屑 3 (ビームコミックス)
作者:山田 参助
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2015-06-25

 山田参助『あれよ星屑』1巻 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事