HONZ新企画「今週のSOLD OUT」のSOLD OUT効果を検証する! 『慟哭の谷』『習得への情熱』他

古幡 瑞穂2015年09月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新コーナー「今週のSOLD OUT」が盛り上がっています。“ネット書店の隆盛で、町の書店が減っていく…”といったような暗い話題を吹き飛ばすような、この「Amazonになければ町の本屋さんへ!」という提案に、私はいたく感動しておりました。

その後、いつしか「予告SOLD OUT」コーナーのようになってきていますが、ここでひとつその「SOLD OUT効果」の検証をしてみたいと思います。

新刊発売間近や発売前のものは除外し、レビュー掲載日(予告SOLD OUTは予告日)
からの前後7日間の合計売上で伸張率を比較してみました。(日販オープンネットワークWIN調べ)

書名 レビュー日 伸張率
耳鼻削ぎの日本史 6月24日 67.3%
6月25日 127.9%
狂気の科学 7月14日 100.0%
7月16日 100.0%
はたらかないで、たらふく食べたい 8月4日  66.7%
8月10日  605.3%
ミリタリーテクノロジーの物理学 8月22日 202.9%
『暴力の解剖学』
8月24日 700.0%
習得への情熱 8月25日 211.1%

このコーナーがスタートした頃は、誤差の範囲と見ても良いような変化しか見られなかったものの、時間が経つにつれてその効果が見えてきます。そもそもHONZでレビューされる本は、ノンフィクションの中でも比較的高価、内容もカロリー高めの本が多くラインナップされています。こういったことから、そもそも市場在庫が多くありません。これが動きの少なかった1つの要因とも言えます。

この流れを大きく変えたのが『慟哭の谷』のレビューでした。これは文庫本のため本屋さんで手に入りやすかったこともあるのでしょう、前週比605%という高い数字をたたき出しました。

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫)
作者:木村 盛武
出版社:文藝春秋
発売日:2015-04-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

あまりに出来すぎた実績に目を疑い、このレビュー以外の要素がないかも少し見てみましたが、レビュー掲載日8/10前後には新聞掲載、TVパブリシティなどはありませんでした。下記は日別の売上データですが、明らかにレビュー日をきっかけに波形が変化しています。

『慟哭の谷』レビュー掲載前後における売上の変化(オレンジ線は累計)

それ以降、成毛眞による予告SOLD OUTなどこのコーナーも複雑さが増してきていますが、どれも前週比で高い伸び率を示しています。書店さんが「今週のSOLD OUT」コーナーを作って、この情報を迎え撃ってくれたりしたら本当にいい話なのですが…

さて、HONZの今の話題は『世界の辺境とハードボイルド室町時代』。このコーナーのきっかけになった『ホワット・イフ?』とともに、発売前からHONZへ掲載されたため売上伸張率をはかることは出来ませんでしたが、今後の動きが非常に楽しみです。

世界の辺境とハードボイルド室町時代
作者:高野 秀行、清水 克行
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2015-08-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

それでは一足先に、『世界の辺境とハードボイルド室町時代』を読んだ方が今手に取っている本の中から、注目本をいくつかご紹介させていただきます。

科学者は戦争で何をしたか (集英社新書)
作者:益川 敏英
出版社:集英社
発売日:2015-08-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ノーベル賞を授賞した益川先生が、自らの戦争体験・反戦活動を振り返ると同時に、多くの科学者が戦争に駆り出された過去、これからについて提言した1冊 

相変わらず世は辺境ブームの模様。「辺境」繋がりでこちらが良く手に取られています。
 

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
作者:九井 諒子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2015-08-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

冒険好きな読者が多いのか、先月2巻が発売になったこちらのコミックも併読本に上がってきています。RPGでは一般的なダンジョン、ここを旅する冒険者にとっての敵の1つが空腹です。お腹が空いているなら、倒したモンスターを食べちゃえ…という斬新な発想、そしてよりによってこれがとても美味しく見えてくる画力で人気上昇中マンガです。

これらの書籍が『世界の辺境とハードボイルド室町時代』の併読本として、数字を伸ばしてくるかどうか。そして今週のSOLD OUTコーナーが今後どうなっていくのか、どちらも目が離せません。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら