仕事でクリエイティビティを搾取されていると思っている人に捧ぐ戦いの物語『KOMA』

永田 希2015年10月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、さいきん激推しの『KOMA』という作品をご紹介します。フルカラーの翻訳マンガですが、電子書籍版なら6分冊で買えるので、一回数百円です。翻訳マンガは高いとよく言われますが、1巻あたり数百円なら、たとえば10巻以上続いている日本のマンガの方が1作品あたりの総額は高くなる計算です。

KOMA―魂睡 巻1
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

↓紙の書籍を買いたい方はこちら↓。

KOMA―魂睡
作者:ピエール・ワゼム 翻訳:鈴木賢三
出版社:パイインターナショナル
発売日:2014-10-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 いきなりお金の話になってしまった…。
翻訳マンガは高いとよく言われてなかなか買って読んでくれる人がいないので、そこのところを強調したくなってしまうんです。すいません。

さて、本作のあらすじですが、超ざっくり言うとこんな感じです。

官僚組織による無意識領域への侵攻の結果、予期せぬ混乱が世界を襲い、その混乱のさなか無意識領域の深部へと到達したとある少女が創造主と対決する。

こう書くとものすごく壮大なお話に思われるかも知れませんが、たしかにまあ実際に壮大な話です。にもかかわらず、数時間で読み終わるサイズに圧縮されているのでご安心ください。話の展開のスピードがすごい。

冒頭は主人公の少女「アディダス」が父親と2人で違法な煙突掃除業を働く日々。やがてアディダスが無意識領域へと失踪してしまい、父親は彼女を探そうとするも公権力によって謎の「巨大穴」を掘るという強制労働へと駆り出されます。物語の中盤では、「穴」が表層の世界と深層の無意識領域を繋いでしまい、官僚組織の人々は無意識をコントロールするのですが、それに失敗し、人々は次々に意識を失っていく。

そんな混乱のさなか、アディダスと父親たちは世界の周縁にある「杜」という場所を目指す旅に出ます。そこに何が待っているのかも知らずに。

煙突が立ち並ぶ煤けて古ぼけた街、地下にある無意識の領域、「巨大穴」を掘る強制労働の現場、「杜」へ向かう旅路、時間が永遠にループしている謎のホテル、そして「杜」と、物語の舞台はどんどんと展開していきます。めまぐるしく変化するのですが、世界の色彩が陰や闇という暗黒の状態から、どんどん明るく鮮やかな状態へと開けていくように描かれており、読んでいて気持ちいいです。カラーならではの表現ですね。

※失踪した少女が、無意識の領域で怪物に出会い、表層の世界に帰りたくないと嘆く序盤の場面。ほとんど真っ黒です。

舞台が変わるごとに、話の中心は病気に脅かされた貧しい家庭、母の不在、理不尽な管理社会、意識と無意識、気遣い合い助け合う父と娘、時間と記憶、そして物語と想像力……といった様々なテーマが描かれます。よくもこれだけのテーマをひとつの作品に詰め込み、物語として描き切ったものだと驚かされると同時に、まさにクライマックスでその「物語ること」をめぐってアディダスと「創造主」が戦うわけです。 

※アディダスと「創造主」が戦う場面。

本作を、ファンタジックな物語の作品だと単に楽しむことはもちろん可能なのですが、今回は少しだけ踏み込んだ読解をしてみたいと思います。

クリエイティブな仕事、あるいは仕事でクリエイティビティを発揮しなければならない人たちは、自分の無意識の領域や想像力を社会に向けて売り出していかなければなりません。

自由に楽しく振る舞っていればそれでじゃんじゃんお金が入ってくるなら話は別ですが、どうしてもそこで割に合わない思いをしている人たちは、自分の想像力が搾取されていると感じているのではないでしょうか。本作で描かれているのは、まさにそこで行われている搾取と、搾取との戦いの物語です。

主人公の父親は、 なけなしの自分の力で自分の無意識や想像力を掘り進むことを余儀なくされ、やがて精神のバランスをおかしくしてしまいます。だが誰を責めることもできません。結局は既にある諦めと、自分の想像力との闘いになります。そこではもう、いろんなものへの未練だとか、悲しい記憶を振り切って希望を持つこと、それが生死を左右することになるでしょう。

本作は、そういった精神の極限状態に明るく鮮やかな希望を見せてくれる、そんな作品なのです。

KOMA―魂睡 巻1
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

KOMA―魂睡 巻2
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

KOMA―魂睡 巻3
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

KOMA―魂睡 巻4
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

KOMA―魂睡 巻5
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

KOMA―魂睡 巻6
作者:Pierre Wazem
出版社:Humanoids
発売日:2015-10-04
  • Amazon Kindle

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事