「男性から見た夫婦生活、子育て」。数少ない夫→妻、妻→夫の双方向の架け橋となるエッセイマンガ!『へっぽこママはギブ寸前!!』

浅田 貴典2015年10月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、集英社ジャンプ jBOOKS編集長の浅田貴典です。藤崎竜先生Verの『銀河英雄伝説』でマイブーム再燃して、部下に「卿らは」とか言ってウザがられています。単行本になったら、絶対レビューします。

さておき、今回オススメしたいのは葛西りいち先生の『へっぽこママはギブ寸前!!』です

へっぽこママはギブ寸前!!
作者:葛西 りいち
出版社:ぶんか社
発売日:2015-09-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 葛西りいちさんは29歳の女性漫画家さんです。アシスタント生活を赤裸々に描いた「あしめし」、マンガ専門学校講師の夫のド近眼さん(愛称、35歳)との結婚生活を描いた「ヨメキン ヨメとド近眼」など、赤裸々、されど、ほんわかするエッセイマンガを得意としています。

↓お二人です。
 

 ( 葛西りいち へっぽこママはギブ寸前!! より引用 )

今作は、葛西さんの妊婦&子育て生活を描いた作品です。妊娠糖尿病、産褥熱、絨毛膜下血腫などの、超ハードモードをコミカルに描いており、たいへん面白いです。
しかし、浅田が今回オススメしたいのは、この本に収録されている番外編…

「視界3cmの子育て」です。

  夫婦を描いたエッセイマンガを描く作家さんは、やはり女性が多いです。必然的に「妻から見た家庭・夫・子育て」ものが多くなってきます。
つまり「妻から見た、夫の家庭生活への非協力」を笑いをまぶして描き、うんうん分かる!という女性読者の共感を得る、という面白さの構造になりがちなのです。

夫は妻を持ち上げる脇役として描く、ということですね。

  これはこれで面白さの一種なのですが、もうちょっと夫目線のものがあってもいいんじゃないかなー、と常々思っていました。
その希望を叶えてくれる数少ない漫画が、今作でした。

↓寝かしつけに苦労しているド近眼さん。
 

 ↓イクメンを中途半端に勉強しているド近眼さん。

 …えー、お気楽ギャグエッセイですか…?と思われるかもしれませんが、今回オススメしたいポイントは、そこだけではありません。下のエピソードに、すべて集約します。
 

 ( 葛西りいち へっぽこママはギブ寸前!! より引用 )

 妻も子供も大切に思っている、それなのに疲れでいらだちが漏れてしまう、相手を傷つけたくなかったのに傷つけてしまった、その悔恨…このエピソードには、やられました。普通の男の、普通の家庭に対する感じ方、なのです。

  家庭生活には、いろんな事件が起こります。片方だけの解釈では、もう片方がどう思っているか、なぜそんな行動をとってしまったのか、分からないものです。

そんな夫婦間のディスコミュニケーションを解消できないか? 男性目線の家庭・育児エッセイ系漫画が増えて、女性読者に見て欲しい。

今回の「視界3cmの子育て」は収録ページの一部でしかありませんが、読む価値があると思っています。ご一読を!

他にも男性目線家庭生活漫画として、

↓逢坂みえこ先生の『プロチチ』

プロチチ(1) (イブニングKC)
作者:逢坂 みえこ
出版社:講談社
発売日:2011-11-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ↓カラスヤサトシ先生の『オレは子をみて育とうと思う』

オレは子をみて育とうと思う (すくパラセレクション)
作者:カラスヤサトシ
出版社:竹書房
発売日:2015-03-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 も、オススメです!

<プチおすすめキャラエンタメ>
いま一番更新を楽しみにしているのは、やる夫シリーズの「私談・楚漢戦争」です。アマチュア歴史家の受け皿になっているんですよね、やる夫シリーズ。
 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事