チーム作りに苦戦していませんか?『黄金のラフ』

黒川 久里子2015年10月28日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく、チームについて考えている。
会社ではちょうどチームビルディングの研修が始まったところ・・・。

部活にも所属していたし、サークルにもいたし、
会社でもプロジェクトチームとして動くことも慣れていて、
いいチームにもたくさん恵まれたけれど、やっぱり一から作り上げて行くのは大変です。

黄金のラフ―草太のスタンス (1) (ビッグコミックス)
作者:なかいま 強
出版社:小学館
発売日:2000-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

そこで、今回はチームの絆がすばらしい、なかいま強の『黄金のラフ』をご紹介させて頂きます!今まで知らなかった漫画だったけれど、
人に薦められて読んでみたら止まらない。只今、全33巻の23巻を読み途中!

ゴルフマンガなので、
主人公の草太がスッパーンと打つショットが気持ち良さそうで絵を見るだけでゴルフをしたくなるー!という爽快さも魅力的なのですが、

 

今の私の心を捉えているのは”チームきりたんぽ”の信頼関係。 

夢を見させてくれる主人公、草太のカリスマ性(?)も気持ちいいんですが、
プレーヤーと支える二人、ではなくて、三人が同じ分量で責任を追っていて、運命共同体。

同じ目標を一緒に目指すことって案外難しいですよね。一緒に戦っていると思っていて、ふと気付いたら自分だけだった・・・。勝手に裏切られたような気持ちになったこと、私にもあります。

でもこの”チームきりたんぽ”の三人はお互いに遠慮することなく運命を共にする。

ひとりでなんとかなるようなら、チームを組む意味はないさ。

ドタバタとばか騒ぎをしながら、
いいたい事、やりたい事をぶつけあって、
大切なところで信頼しあっている3人がうらやましい。

信用するって、ここまでできて、信用してる、っていえるんだな!と学ばされます。

 

 決まってんだろ三人揃ってきりたんぽだろうが。

 

チーム作りに悩んだら、
考えすぎないで、『黄金のラフ』を読んで信頼関係を体感する。
という方法もオススメします!

黄金のラフ―草太のスタンス (1) (ビッグコミックス)
作者:なかいま 強
出版社:小学館
発売日:2000-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
黄金のラフ2~草太の恋~ 1 (ビッグコミックス)
作者:なかいま 強
出版社:小学館
発売日:2015-02-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事