開けよ!扉を!不倫は文化じゃねえ、ビジネススキルだ!『フリンジマン』 スキルは学べる、身につけられる

宮﨑 雄2015年11月04日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリンジマン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:青木 U平
出版社:講談社
発売日:2013-12-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 「不倫は文化だ」と誤解されて久しい石田純一さんの発言からおよそ20年。そのあまりにも先鋭的な感覚は当時の人々に受け入れられず、石田さんは一時期芸能界から姿を消したといいます。(本当は「 文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」という発言だったそうです。タイミングが違えば、納得感のある名言という評価を受けていた気もします)

しかし先鋭的とされていた感覚は、時を経るにつれて気づかないうちに人々に浸透してゆくもの。我々は毎年パリコレを見ながら「こんな服、誰が着るんねん」と笑っていても、そこから影響を受けたデザイナーが作った服を着て日々を過ごしているのです。

であれば、かつての不倫も同様なのではないでしょうか。過去にバッシングされたあの感覚は、我々の中にそれと分からないかたちで浸透しているのではないでしょうか。うん、まちがいない。きっとそうなっています。 その証明としてあの伝説のサラリーマン、島耕作氏が挙げられます。彼は多くのビジネスを不倫を用いて押し進めて結果を出し、地位を築いたといわれています。つまり、現代において不倫はもはや文化という曖昧な空気のようなものですらない。立身出世、経世済民に必須のビジネススキルなのです!

が、出世に不可欠だと言われても、不倫を学ぶのに抵抗を覚える方もいらっしゃると思います。何より、不倫を実践するリスクは非常に高い。仮に法的措置を受けなかったとしても、噂が立つだけで社会的うしろゆびさされ組になること間違いなしです。300年前なら死刑です。怖いですね。

ですが、そんな事なかれ主義、典型的日本人なアナタでも不倫を合法的に学べる方法があったとしたら…?それが『フリンジマン』です。

たった一度の人生だから

時にみなさま、ウニはお好きでしょうか?見た目からしていかにも”美味しい”というタイプではありませんが、一度味わったらやみつきになることと思います。もちろん、ウニを食べなくても人生を全うすることはできます。ですが、ウニを体験することなく一生を終えるというのは、なんとも悲しい人生ですよね…

上4行の”ウニ”を”不倫”にした文が、そのまま『フリンジマン』の主人公たちの動機です。それは、少し手を伸ばせば手に入るオトナの悦楽。たった一度の人生だから、思い残すようなことはしたくない…そんな純粋な動機で、男たちは「愛人同盟」を結成するのです。

「愛人同盟」それは互いの愛人作りを全力でサポートするために結ばれた堅き結束。そんな彼らの動機は不純そのものですが、実行される不倫ミッションは真剣そのもの。作中に登場するテクニックの納得感・実現性には目を見張るものがあります。今回はその中でも、明日と言わずこの記事を読み終わった直後から即使えるものを3つ厳選して紹介しましょう!

①砂金を探せ!ーガリンペイロー

ガリンペイロ。それは砂金採取人のことです。彼らはザルに土を入れて揺すり、砂金のみを抽出します。ですが、ザル揺すりが上手いだけでは優れたガリンペイロにはなれません。いくら上手に揺すれても、砂金が取り尽くされた土では結果がでないのが道理。つまり、多くの砂金を手に入れるガリンペイロとは、砂金が多く混じる土壌をいちはやく見つける人なのです。

『フリンジマン』4巻より 

愛人候補となる女性、つまり”愛人の原石”をこのテクニックで見つけ出すのです。ザルの揺すり方は、”本人ですら気付いていない長所”を褒めること。例えば、佐々木希に「キレイですね」と言っても絶対に刺さりません。なぜならもう100万回は言われているから。そんな陳腐な言葉ではなく、穴場となる魅力を見つけてホメることでライバルに差をつけるのです。「エ?そうですか?」と言われたら成功のサイン。これを何人もの人に繰り返せば…

ー砂金(愛人の原石)は自ずとアナタのザルに集まってくることでしょう。

②赤ベコの法則

「赤ベコ」を、ご存じでしょうか。東北地方原産の牛を模した魔除けです。首部分は触るとゆらゆら揺れて、見るものを癒します。 そんな愛らしい赤ベコの姿から、我々は不倫テクニックを学ぶのです。やり方はこうです。

 

『フリンジマン』3巻より

キーワードを投げて、赤ベコのごとく頷くだけ。それだけでアナタはターゲットにとって「私の趣味を理解してくれるいい人」です。次のステップに簡単に進めますね。このテクニックの肝を愛人同盟のトップ、”愛人教授”はこう喝破します。

覚えておいてください、人間とは本来、自分が喋りたいだけの生き物なのです

本当にそのとおりですね。ちなみに僕は「『ジョジョ』は4部後半の絵が…」とか言うと簡単にオチます。

③身を守るために作っておきたい友人、”あやの”

上記のようなテクニックを用いて愛人の原石を見つけたとしても、嫁にバレてしまっては元も子もありませんよね。そんなリスクを避けるための危機管理、それが”あやの”です。

愛人の存在を疑い始めた嫁は、我々の隙を見て携帯の着信履歴あるいはLINEのトーク履歴を盗み見ることでしょう。すると目に入ってくるのが”あやの”との会話…ここで浮気を確信した嫁は問いただしてくるか、あるいはその”あやの”に直接連絡をするかもしれません。胃が痛くなってくるシチュエーションですね。しかし、その電話に出るのは…

 

『フリンジマン』4巻より

  そう、”綾野”ッ!愛人かと思いきやただの男友達…嫁の気は一気に削がれることでしょう。

 『フリンジマン』4巻より 

 

そんな人間心理を踏まえたこのテクニック。これに協力してくれるタイプの友人って一体どういう人格なんだろうかという気がしなくもありませんが、僕も友人の”いおり”をこれからも大事にしようと思います。

以上が今回紹介するテクニックです。『フリンジマン』には他にもまだ不倫に活きるテクニックが満載です。”愛人の原石”の見分け方…スマートなデートの誘い方…愛人と一緒に行ってはいけないスポット等々。これらを身につけたとき、我々は島耕作のようにビジネスで結果を出せるようになっていることでしょう!

『フリンジマン』で、そんなオトナの扉を開きましょう!美味しいウニを食べましょう!…僕は一切責任持てませんけど。

フリンジマン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:青木 U平
出版社:講談社
発売日:2013-12-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

フリンジマン(2) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:青木 U平
出版社:講談社
発売日:2014-02-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

フリンジマン(3) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:青木 U平
出版社:講談社
発売日:2014-05-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

フリンジマン(4) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:青木 U平
出版社:講談社
発売日:2014-07-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

課長 島耕作(1)
作者:弘兼憲史
出版社:講談社
発売日:1985-06-14
  • Amazon Kindle

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事