マンガHONZ週間ランキングベスト10!一番読まれた記事は!?

岡田 篤宜2015年11月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうも!岡田篤宜です!このたび初めてマンガHONZのランキング記事を担当させていただくことになりました。今週も非常に面白い記事が充実していて、なかなか読みごたえのある物ばかりだったのではないでしょうか?実際、この記事を書くにあたって、ランキングに入った記事を全て読み返したのですが……濃いです。ヒジョ~に考えさせられるレビューが多くランクインしました。実際にどんなレビューがランクインしたのか、みなさん想像してみてください!・・・それでは一緒にこれから見ていきましょう!!!

マンガHONZランキングベスト10~1位!

10位:あなたのひからびた日常に少女マンガでうるおいチャージしましょう!『思い、思われ、ふり、ふられ』

 大西隆幸さんのレビューがランクイン!自分も高校は男子校だったので、いわゆるイケてない芸人みたいなものでした。大西さんの気持ち、よくわかります・・・俺もクイってされてみたいかも!?

 

『思い、思われ、ふり、ふられ』咲坂伊諸
アラサー、アラフォーの男子のみなさん、うるおいはありますか?
アラフォーのブクログでマネージャーをしている大西です、日常生活で仕事に追いかけられて乾いた生活を送っています。そんな乾いた日々に、うるおいをチャージしたいとき、することがあります。それは、少女マンガを読むことです。個人的には、咲坂伊緒さんの作品をオススメしています。

 …テライケメンだわ~…アラサ―、アラフォーじゃないけどマジでうるおいがほしい……

思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)

作者:咲坂 伊緒
出版社:集英社
発売日:2015-10-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

9位:女子校生が教室で下着を見せ合いっこするランジェリー同好会『葛城姫子と下着の午後』670円(Kindle463円)で合法的に覗ける秘密の花園

 先週に引き続き、兎来さんのレビューがランクイン!

「ガーターベルト」好きをカミングアウトした結果なのか!?はたまた、ただただユーザーがスケベなだけか!?理由は定かでないにしろ、先週から順位を4つ落としたものの、いまだ根強い人気を誇っています。

…自分もガーターベルト、結構好きです(笑)

『葛城姫子と下着の午後』畑田知里

ヒトが生きていくためには、他の生き物の命を“食べて”いかなければならない。このレビューを読むことで、一人でも多く、食べ物を残さないよう気をつけてくれることを祈りたいです。

葛城姫子と下着の午後 (ビームコミックス)
作者:畑田知里
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2015-10-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

8位:『僕とポーク』を読むと、食事の一口一口をより噛み締めたくなるよ。

山中羽衣さんのレビューがランクイン!

ヒトが生きていくためには、他の生き物の命を“食べて”いかなければならない。このレビューを読むことで、一人でも多く、食べ物を残さないよう気をつけてくれることを祈りたいです。

(『ぼくとポーク』 ほしよりこ)


 

僕とポーク
作者:ほしよりこ
出版社:マガジンハウス
発売日:2007-12-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 7位:戦闘機がカッコイイだけじゃない名作『エリア88』の名シーンベスト10!「平和憲法公布の日に読んでおきたいマンガ」1位!(個人の感想)

 戦いの中で描かれるキャラクターたちのカッコいい名言についてアツく語った池上真之さんのレビューがランクイン!

個人的にはこのシーンがお気に入りです!

(新谷かおる「エリア88 9」メディアファクトリーより) 

 男として生き抜く覚悟を決めているセリフ。時代錯誤かもしれませんが、こういうクサいセリフは結構好きなんですよね。「悲しいけどこれ、戦争なのよね」の人とか好きだったもので・・・もっかいファースト見るか!

エリア88 1<エリア88> (コミックフラッパー)
作者:新谷 かおる
出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー
発売日:2012-09-01
  • Amazon Kindle
  • ebookjapan
  • 漫画全巻.com

 6位:嫉妬と劣等感に悩む全ての人が「自分の人生」を取り戻すために『テンプリズム』

 先週に引き続き、コルクの佐伯さんのレビューがランクイン!

リアルな社会では絶妙に秘匿され、地下水脈のように広がる現実を、ファンタジーの力で気づかせてもらうことが多い。僕が感じるファンタジーを読む理由というのはそういうことだ。

 ファンタジーの魅力として、ヒトの普遍的な感情や行動が色濃く映し出されることだと考えている。世界観が非日常的な分だけ、そこで繰り広げられるキャラたちの会話や行動に、人々は「共感」を求める。キャラクターたちの言動に“自分”を重ねるのだ。そしてキャラをいわばその世界での自分の「アバター」として投影し、ファンタジーな世界を楽しむのである。リアルな世界感なら「当たり前でしょ?」の一言で済まされてしまいそうなことも、ファンタジーの世界ではなぜかより親しみを持って受け止めることができる。「日常」は「非日常」のなかでこそ、その価値を確認できるということだろう。

テンプリズム 6 (ビッグコミックス)
作者:曽田 正人
出版社:小学館
発売日:2015-10-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 5位:『亜人(デミ)ちゃんは語りたい』で学ぶ、人生に折り合いをつける方法

 人生とは自分が住む「世界」といろいろ折り合いを付けて生きていくもの。つらいときには我慢せず、思い切って自分の思いを伝えてみるのもいいと思います。マンガ新聞の佐藤樹里さんのレビューがランクイン!

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:ペトス
出版社:講談社
発売日:2015-03-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 4位:開けよ!扉を!不倫は文化じゃねえ、ビジネススキルだ!『フリンジマン』

 不倫はビジネススキルだ!と謳い文句を放つ宮崎雄さんのレビューがランクイン!このレビューを読んでいると、確かにビジネスに使える気がしてきました。…「あかべこ」使ってみます(笑)

 ちなみに、このレビュー、ユーザーのページ平均滞在時間が6分25秒です。(おそらく歴代1位の長さ)

……どんだけ熟読してるやついるんだよ!(笑)普通5分あれば読み終わるだろ!そんなに不倫したいのかよ!

……そういえば、世には「不倫サイト」なるものがあるらしく、そこで不倫したい男女が連絡先を交換して、不倫を楽しんでいるとかいないとか……

……いろいろ必死ですね、皆さん。くれぐれも、やけどしないで下さいね。

 投稿してわずか数時間でランキング3位にまで登りつめた堀江さんのレビューがランクイン!10年修行しなければ一人前になれないとか、時間を「かける」ことがある種目的になっているのは、やっぱり違う気もしますね。確かに、良いものを作るのに時間はかかるものですが、それはあくまで結果の話にすぎません。時間をかけたものがすべて「良いもの」であるわけでもないですし・・・結局はお客に喜ばれるものを出せる人が一人前だと思います。

作:久部 緑郎 画:河合 単『ラーメン発見伝』1巻

 このコマ、人間にとってイメージや情報が当人の味覚に影響を及ぼすことを物語るものです。それくらいいい加減なんですよ、ヒトってのは。

ラーメン発見伝 (1) (ビッグコミックス)
作者:久部 緑郎
出版社:小学館
発売日:2000-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

2位:「才能がない人間」が「天才」と共に生きるための処方箋『ボールルームへようこそ』

 不肖ながら私、岡田篤宜のレビューがランクインさせて頂きました。もともとこのレビューは、自分が来年入社する会社で身につけておきたいスキルを、ある方の言葉をお借りして語らせていただいたものです。また、実はこのマンガの編集者のかたとご縁がございまして、お世話になったお礼も兼ねまして、書かせていただきました。

 誰かをサポートする仕事に就いていらっしゃる方には、ぜひ読んでいただけたらと思います。


ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:竹内 友
出版社:講談社
発売日:2012-05-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 1位:香川はうどん県を撤回せよ!『めしばな刑事タチバナ』の「うどん包囲網」実食レビューでも香川県から「うどん」を引いたら一体何が残るっていうんだ・・・?

 グルメレビューといったらこの人!苅田さんのうどん実食レビューがぶっちぎって今週1位を獲得しました!!

確かに見てたらどんどんお腹がすいてきちゃいましたよ・・・

あ~~、讃岐うどんが食べたい!!!でも四国にも福岡にも行けない!……

……悔しいので、神保町にあるうどんの名店「丸香」に行ってきます!

待ってろよ~~俺のかしわ天!!!

めしばな刑事タチバナ 7 [うどん百景] (トクマコミックス)
作者:坂戸 佐兵衛
出版社:徳間書店
発売日:2012-11-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 以上、今週のランキングをお届けしました!みなさん、想像してたランキングとどうでしたか?違いはありましたか?今回お届けしたレビューはどれも読みごたえのある物ばかりです!一度でも読めば、皆さんのなかに新しい“発見”が生まれるはずです。時間があるときにでも、全てに目を通してみてはいかがでしょうか?

それでは、またお会いしましょう!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事