ヨハン・クライフ式「美しいサッカー」入門「美しく敗れることは恥ではない。無様に勝つことを恥と思え」『夕空のクライフイズム』 プレミア12の日韓戦、疑惑のデッドボールなどどうでもいい!!

荒井 健太郎2015年11月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
”「無様に勝つことを、恥と思え」”

『夕空のクライフイズム』より

有名なヨハン・クライフの名言ですね。
本日紹介するマンガはちょっと独特なテンションのサッカーマンガです。先日の野球は残念ながら負けてしまいましたが、大谷をはじめ手に汗握る素晴らしい試合でした。結果は残念でしたがぜひ、次も開催して欲しいですね。


最近は野球賭博、少し前だと相撲での八百長などが問題になりました。ここらへんの問題はもちろん論外ですが、ビジネスが入っている現代のスポーツではただ楽しくプレイできればいいという訳ではありません。例えそれが学生の部活であっても、同じです。


しかし、スポーツマンガの王道と言えば『キャプテン翼』や『MAJOR』のように主人公が勝つために仲間とともに努力をして突き進んでいくといったものです。サッカーボールはポストにあたれば破れますし、バットは簡単にへし折れます。

ただ、この漫画は、そんな王道マンガとは少し違います。最近はスポーツも勝たなければ意味がない。勝つことが素晴らしい、負けるだけで叩かれる。負ければすぐ叩かれるんです。それがいい試合であったとしても。いや、すべてでないですが。そういった時代になって来ました。結果はもちろん大切ですが、それ以上に大切なものがあるのではないか、結果の出し方というものがあるのではないか、もう一度問いかけてくれるマンガです。

弱くがないが強くはない、県大会でそこそこ勝ち進む、なんか惜しいサッカー部が舞台の物語です。主人公は極度のサッカーオタクでかっこいいドリブルに憧れて、ドリブルしか練習をせず、ドリブル命。しかし、監督は「勝つためのサッカー」を重視しているため、ドリブルしかできない主人公は残念ながら万年補欠です。そんな中突然監督が他校に移ってしまい、新監督のもとで新生のチームができ・・・ここから、勝ち上がっていくだけであれば、王道なのですが、少しずれています。

頭のおかしい監督

ここで就任した監督がもう、頭のネジが外れてるんですね。監督就任初日から最高の負け試合を目指すと豪語しているんですよ。いやーでもこれ、真実ですよね。上には上がいて、勝つことができるのはたった1人。そこを本気で目指すことも間違いないですが、”確率的に” 考えれば実はいかに負けるかを考え抜くことも一つの真理なのかも知れません。勝ったチームだけではなく、美しく負けたチームにも、もっともっとフォーカスを当てて欲しいです。

『夕空のクライフイズム』より

悪の権化として描かれた監督の葛藤

じゃあそんな、厨二的な発想だけで続けられるのかというとそうでもありません。物語の始めで、他校に移っていった監督も実は同じように葛藤を繰り広げているのです。夢や理想を追いかけるだけでは、不幸になる人がいる。監督もそんなことを考え葛藤していたのです。

『夕空のクライフイズム』より

夢や理想を貫きたい。でも、貫くためには理想を曲げてでも結果を追わなくてはいけない。でも、そんな人たちに向けてか分かりませんが、クライフはこんな名言も残しています。

”守り切って勝つより、
攻め切って負ける方が良い。”

一歩間違えれば、厨二!ですが、クライフほどの人間だからこそ言える名言ですね。

 プレイではなく、サッカー雑学が豊富、というか多すぎ笑

このマンガはサッカーをすることだけでなく、サッカーねたの解説がものすごく豊富です。たとえば3-4-3のフォーメーションにもいくつか考え方があり、ザッケローにのフォーメーションについての考えや、すこしニッチな選手、20代からすると誰それ?というような選手についても多く語っています。往年のサッカーファンの皆様は読めば必ず懐かしくなりますよ!

   『夕空のクライフイズム』より

そー言えば私が生まれるはるか前に松井秀喜の5打席敬遠というのがあったと聞きます。正直監督の気持ちも分かりますが、その監督や世の中の指導者にこのマンガを読んでいただいて考えを、ぜひ聞かせて頂きたいです。

このマンガは対照的な二人の監督の中に現代の社会の二項対立があるところが一番面白いです。夢と現実にいかに折り合いをつけていくのか。王道の葛藤を王道ではない方法で描き出そうとしています。「食えない厨二はただの厨二」まあ、2巻以降は徐々に王道によっていくのですが笑

夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
 
夕空のクライフイズム 2 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-07-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-11-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
ヨハン・クライフ サッカー論
作者:ヨハン・クライフ 翻訳:木崎 伸也
出版社:二見書房
発売日:2014-05-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事