家庭問題をとりあげた作品に注目!『売れたマンガランキング10月』

佐藤 樹里2015年11月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の「売れたマンガランキング」を発表します。9月は

1位 マンガで読む国防入門
2位 有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
3位 この世で一番おもしろい統計学
4位 がんばれ!猫山先生
5位 中卒労働者から始める高校生活
6位 戦争めし
7位 バイナリ畑でつかまえて
8位 ギフト±
9位 惰性67パーセント
10位 ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-

という結果でした。さて、10月度の売上ランキングを見ていきましょう。

売れたマンガランキング

※2015年10月1日~10月31日の集計
※コミック版+電子書籍 
※発送済み商品+注文確定商品 

・10位『ギフト±』

なんと8月から3ヶ月連続の売上ランキングにランクイン。10月は待望の2巻が発売されたこともあり、合計で10位に入りました。ナガテユカ先生もSNSの活動で着実にファンを増やしている印象を受けます。

『ギフト±』は臓器の密買というかなりギリギリのテーマをあつかっている。その臓器を獲得する手段が、主人公たちが「生きる価値がない」と判断した犯罪者たちである。幼児性愛者やネグレクトで乳児を死亡させてしまう女性など、主人公は「道徳的な悪」を断罪する。

レビューはこちら→「生きる価値のない人間」は臓器を売り払ってサヨウナラ『ギフト±』

ギフト±(2) (ニチブンコミックス)
作者:ナガテ ユカ
出版社:日本文芸社
発売日:2015-10-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

9位『銀のアンカー』貢献レビュアー:岡田 篤宜

コルクインターン学生岡田さんが書いた就活生向けレビューがトリガーとなりランクイン!就活を控える学生は必読!という力説が三田紀房先生を尊敬する岡田さんの視点で書かれました。

1. 就活は「動く」ことから始まる
2.自分を「商品」として企業に売り込まなければならない
3.自分を企業に合わせろ!
銀のアンカー 1 (ジャンプコミックスデラックス)
作者:三田 紀房
出版社:集英社
発売日:2007-03-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 期間限定無料版が出ています

8位『家栽の人』貢献レビュアー:山田 義久

1988年発刊の家栽の人が電子書籍化されていたということで、レビュアー山田さんが紹介しました。家族のありかたについての考え方がびっしりと詰まっています。読むと25年経っても色あせていないことがわかります。

『家栽の人』は80年代後半から90年代にかけて、つまり20年以上前に連載されていた家庭裁判所を舞台にした作品です。主人公は裁判官・桑田義雄。彼のもとに持ち込まれる事件を、彼が考え、思い、仲間たちと語りながら一つ一つ丁寧に裁いていく姿を描くのが基本的なストーリーです。

たとえば、遺産相続でもめている家族に対しての一言。

でも、平凡なことを忘れた時に人が争うんですよね。

人として何が大切なのか、思い出させてくれるマンガです。

 レビューはこちら→子供の非行、離婚危機、遺産相続…「平凡なことを忘れたときに人が争う」という言葉の意味。そして、家族の幸せとは『家栽の人』

家栽の人(1) (ビッグコミックス)
作者:毛利甚八
出版社:小学館
発売日:1988-10-29
  • Amazon Kindle
「家栽の人」から君への遺言 佐世保高一同級生殺害事件と少年法
作者:毛利甚八
出版社:講談社
発売日:2015-10-13
  • Amazon Kindle

7位『僕たちがやりました』貢献レビュアー:角野信彦

本屋さんに置いてあると目に入る装丁で、ジャケ買いした方もいるのではないでしょうか。7位には『僕たちがやりました』がランクインしました。

『僕たちがやりました』というマンガは、まさにこの「そこそこの人生」を追いかけていたにもかかわらず、とんでもない轍につかまってしまう若者たちの物語 である。主人公の言っている「そこそこの人生」というのがこの物語を読み解く鍵になっている。舞台は隣り合う2つの高校、一方が極めて普通の凡下高で、一 方がヤンキー高校の矢波高になっている。

 現代の若者の感覚を投影しているだけではなく、「もし妄想が現実になったらどうする?」をシミュレーションしているところが面白いのです。

レビューはこちら→希望がない国:日本 探してみたけど「そこそこの人生」なんてどこにも無かった件『僕たちがやりました』

僕たちがやりました(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:荒木 光
出版社:講談社
発売日:2015-09-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
第1巻の1ヶ月には2巻が発売されています。追いかけるのが楽しみな作品です。
僕たちがやりました(2) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:荒木 光
出版社:講談社
発売日:2015-10-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

6位『鼻下長紳士回顧録 上』貢献レビュアー:佐渡島庸平

安野モヨコ先生、8年ぶりの新作ストーリー。『鼻下長紳士回顧録』は編集者・佐渡島さんが今までの回顧と「なぜ娼婦を描くのか?」についてレビューしました。売上6位にランクイン。

編集者としてたくさんの本の出版に携わってきたが、この本に対する思いは特別だ。特別だから大切にしたいという思いと、この本が特別でなくなるように早くどんどん次をつくりたいという思いがある。
安野モヨコのそばにいて、つぶさに彼女の精神状態をみてきたものとして、「なぜ安野モヨコは娼館を描くのか」を伝えるのは、僕の役割ではないかと考えている。
マンガを描くとは、楽しい行為であると同時に精神をすり減らす行為でもある。少なくとも、安野モヨコにとってはすり減らす行為だ。
作品という形に昇華させるとはいえ、自分というものをすべてさらけだし、それに対して、人々は好き放題言う。それをすべて受け入れないといけない。受け入れるときに、少しずつ他人には気づけない量だけど、精神は削られていく。
 
もし作品も瞬間的に消費されるものと、本棚に置かれ続けるものに分類するとしたら、『鼻下長紳士回顧録』は本棚に置かれ続けるような作品だと感じました。

レビューはこちら→娼婦を、作家を、蝕んでいく顔の見えない「人気」という怪物『鼻下長紳士回顧録』

鼻下長紳士回顧録 上巻 (コルク)
作者:安野モヨコ
出版社:コルク
発売日:2015-10-08
  • Amazon Kindle
特装版 鼻下長紳士回顧録 (上) (フィールコミックス)
作者:安野 モヨコ
出版社:祥伝社
発売日:2015-10-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

5位『文庫版 マンガ LTCM 巨大ヘッジファンド崩壊の軌跡』貢献レビュアー:東海林真之

今月のランキングで最も「これは知らなかった!」という声をいただいたのがこちらの作品。かつて存在したヘッジファンド「LTCM」について描かれた作品です。本屋さんであれば、ビジネス書コーナーに置かれそうな作品ですね。

LTCMを教訓として、なにが変わったのでしょうか。
金融業界はますます複雑な金融工学を用い、テクノロジーの進化もとまりません。その結果再び、2007年以降の金融危機が起こりましたし、LTCMで救済 された運用メンバーも歴史を繰り返します。メンバーはLTCMの清算後に「JWMパートナーズ」という新しいヘッジファンドを開業し、やはり数年間の成功 を続けた後に、金融危機で損害をだし2009年にファンドを閉鎖するのです。

 紙の書籍のみで5位にランクイン!

レビューはこちら→金融工学をあやつる博士の異常な愛情『マンガ LTCM』

文庫版 マンガ LTCM 巨大ヘッジファンド崩壊の軌跡 (PanRolling Library 2)
作者:清水昭男
出版社:パンローリング
発売日:2007-09-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  4位『アンラッキーヤングメン』貢献レビュアー:角野信彦

 「もっと早く生まれたかったなぁ」とか、ハタチくらいになって「今の時代に生まれたかったなぁ」とか思ったことはありますか。私はできるならば「1960年代後半に生まれてバブルを謳歌してみたいなぁ」なんてよく想像するのですが、アンラッキーヤングメンは団塊の世代の見方によっては「ツイていない」若者たちのお話です。

 日本では、1949年に優生保護法が改正されるまで、経済的な理由での中絶は法律で禁止されていた。そうした状況で戦場から復員する男性が増え 1947年からの3年間で約806万人が生まれることになった。それが団塊の世代である。1947年の人口は7,800万人だったので、わずか3年で 10%以上人口が増えたことになる。70年の日米安全保障条約の改定に反対する運動は、こうした団塊の世代の大学生を中心として、1968年から盛り上がりをみせるようになる。

この作品では、1968年の若者の「ツイてないやつら」が主人公だ。この主人公たちの世代は、団塊の世代まっただ中の、1947年、1948年、1949年生まれの若者たちで、19歳、20歳、21歳だった。大学1年生から3年生あたりである。

レビューはこちら→デモで世界は変えられたかい?こんなサークル活動のような革命ごっこで『アンラッキーヤングメン』

アンラッキーヤングメン 1 (単行本コミックス)
作者:大塚 英志
出版社:角川書店
発売日:2007-07-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

いよいよベスト3です!

3位『子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない 親としてできること』貢献レビュアー:菊池健

認定NPO法人育て上げネットの母親の会・結をモデルに、ベストセラー『キッパリ』の上大岡トメさんが描いた本作。NPO関係者がマンガHONZレビュアーでも続々と参加してくれていることもあり、注目度が高く3位にランクインしました。

本書の主人公トメ(著者)は、大学生の2人の子供を育てた母親です。子ども達が大学に通い始めて子育てもひと段落し、ほっとしたのも束の間、上の娘が、悩んだ様子の電話で、就職したくないので大学院に行きたいと言い出しました。
友達から、今は大学院に行ってもなかなか就職できないと聞いていて不安になった彼女は、子どもの事で悩む母親の会「結」(ゆい)を訪ねます。最初に知らされたのは「ニートひきこもり解決の糸口は、母親にあることが多い。」ということでした。

 合わせて読みたい『無業社会』はレビュアーとして参加している工藤啓さんの著作です。

無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日新書)
作者:工藤 啓
出版社:朝日新聞出版
発売日:2014-06-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

・2位『繋がる個体』貢献レビュアー:小禄 卓也

 ちょっとエロさがちりばめられた『繋がる個体』が2位にランクイン。可愛いというか、天使のような女子高生がでてくるのがポイントです。

女子高生のココちゃんは、超モテる。周りの男性からチヤホヤされるのが当たり前の環境で育ってきたため、非常に真面目で凡庸で、ココちゃんの誘惑に屈しない純朴な主人公・まーくんが気になって仕方ないのだ。その猛烈アタックっぷりがもうたまらないのだ。

ここで、ここちゃんのかわいさを紹介しておこう。

 ということで可愛さを紹介するレビューはこちら→昔別れた元カノ(社内恋愛)か、その妹のかわいい女子高生か。30歳独身会社員が迫られた究極の選択『繋がる個体』

繋がる個体(1) (モーニング)
作者:山本 中学
出版社:講談社
発売日:2015-07-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
繋がる個体(2) (モーニング)
作者:山本 中学
出版社:講談社
発売日:2015-07-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

1位『俺はまだ本気出してないだけ』貢献レビュアー:工藤啓

10月度、もっともよく売れたマンガは無業となった中年男性を描いた『俺はまだ本気出してないだけ』になりました。紹介した工藤さんのレビューは現場からの声が反映されていて、先月の『中卒労働者から始める高校生活』に引き続き、注目度が高くなりました。

  日本には20歳以上60歳未満で未婚、無業、そして家族以外の人間とほとんど会話をすることのないひとが160万人存在することが、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授の調査でわかった。

仕事を失うと孤立しやすく、孤立すると無業から抜け出しづらい。社会関係資本と無業はポジティブフィードバックの状況にあるという考察もある。15歳から39歳までの若年無業者が注目される一方、中高年層もまた孤立し、仕事を失っている。

 主人公、大黒シズオ(40歳)はバツイチ子持ち。父親と娘の三人暮らし。15年働いた会社を“なんとなく”退職、自分を探す。そして“なんとなく”めくっていた週刊誌を見て、漫画家を目指すことにする、なんとなく。

 レビューはこちら→孤立する未婚無業者160万人。中年の止まりかけた時計の針を動かすのはひとのぬくもりだった。『俺はまだ本気出してないだけ』

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)
作者:青野 春秋
出版社:小学館
発売日:2007-10-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こちらの作品、1巻と5巻の表紙を比べると表情に違いがあって面白いです。

俺はまだ本気出してないだけ 5 (IKKI COMIX)
作者:青野 春秋
出版社:小学館
発売日:2012-09-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

10月 売れたマンガの傾向

 さて、ここまでの10月のランキングをまとめるとこんな結果になりました。 

1位    俺はまだ本気出してないだけ
2位    繋がる個体
3位    子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない    親としてできること
4位    アンラッキーヤングメン
5位    文庫版 マンガ LTCM 巨大ヘッジファンド崩壊の軌跡
6位    鼻下長紳士回顧録 上
7位    僕たちがやりました
8位    家栽の人
9位    銀のアンカー
10位    ギフト±

 ・家族についての作品が3タイトル

 『俺はまだ本気出してないだけ』『子どもがひきこもりになりかけたら』『家栽の人』と家族がテーマになっている作品が3タイトル入りました。マンガHONZ読者の関心が高いことがわかります。

・新しい作品では5タイトル

 『繋がる個体』『子どもがひきこもりになりかけたら』『鼻下長紳士回顧録 上』『僕たちがやりました』『ギフト±』と、2015年度の新刊は5つランクインしました。『ギフト±』は3ヶ月連続でマンガHONZ売上ランキングに入るという猛進っぷりです。繋がる個体は続いて3巻、4巻が発売予定で、『僕たちがやりました』も年明け1月に3巻が発売予定とのことです。追いかけるのがとても楽しみな作品が揃っています。

今回もまたここまで読んでくださりありがとうございました。それではまた11月の売れたマンガランキングをお楽しみに!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事