今週一番読まれた記事は?マンガHONZ週刊ランキング ベスト10 【2015年11月15日(日)-11月21日(土)】

佐藤 樹里2015年11月22日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のランキングでマンガHONZを手伝ってくれる方を募集しました。喜ばしいことに、Twitterを通じて応募があり個別に対応中です。今週も引き続き募集しますので、我こそはという方は、マンガHONZのTwitter(@mangahonz)にダイレクトメッセージをください。

それでは週間ランキングを見ていきましょう!

 週間ランキング10位~1位

10位:このくだらない世界から抜け出したいあなたへ。『アフターアワーズ』

 平凡な日常にスパイスが加わる作品。外の世界に引っぱってくれる友達の姿が印象的です。山中さんのレビューです。

この『アフターアワーズ』の主人公である朝日奈エミはなりたいものもしたいことも特にない。フツーの女の子。 仕事もやめて、同棲している恋人とも別れようとしていて、なんだか悶々とした毎日を送っている
 「どうなりたい?何がしたい?」そんなことも分からず焦燥感に包まれる感じは誰しも経験があるのではないだろうか。そんなある日、苦手なクラブに連れて行かれた偶然の出会いからエミの退屈な毎日が徐々に変わっていく。
アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)
作者:西尾 雄太
出版社:小学館
発売日:2015-10-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

9位:ヨハン・クライフ式「美しいサッカー」入門「美しく敗れることは恥ではない。無様に勝つことを恥と思え」『夕空のクライフイズム』

名選手ヨハン・クライフのメソッドを詰め込んだ『夕空のクライフイズム』は、もしドラを読んでいるような印象を受けます。レビュアー荒井さんによると「サッカー雑学が豊富」とのことです。

 このマンガはサッカーをすることだけでなく、サッカーねたの解説がものすごく豊富です。たとえば3-4-3のフォーメーションにもいくつか考え方があり、 ザッケローにのフォーメーションについての考えや、すこしニッチな選手、20代からすると誰それ?というような選手についても多く語っています。往年の サッカーファンの皆様は読めば必ず懐かしくなりますよ!
夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)
作者:手原 和憲
出版社:小学館
発売日:2014-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

8位:月額325円のアマゾンプライムでマンガは読み放題になるか?

レビュアー菊池さんからの転載記事です。Amazonがプライム会員向けに音楽聴き放題サービスを開始しましたが、次々打ち手を出すAmazonに着想を得た記事です。

ネット上では、Webサイトやアプリなどが、マンガ雑誌に代替してきています。また、特にこれまで商業漫画とは直接繋がらなかった、グノシーなどのニュー スアプリが、電子書籍取次ぎという新勢力から漫画の提供を受け、潤沢なニュース読者を相手にデジタルコミックを提供するような取組も始まっています。
マンガ進化論 コンテンツビジネスはマンガから生まれる! (P‐Vine BOOKs)
作者:中野晴行
出版社:スペースシャワーネットワーク
発売日:2009-05-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

7位:生死を左右する現代の「神」の物語、オススメ医療マンガ11作品まとめ

細分化している医療マンガを、マンガソムリエ兎来さんがオススメ作品としてまとめてくれました。レビュークリック推奨です!

医療マンガも同様に細分化してきているのをご存知でしょうか。医療マンガといえば、『ブラックジャック』を始めとして凄腕の医師がメスを振るい、重篤な危 機にある命を救う外科の物語が花形です。しかしながら、現在ドラマ放映中の産婦人科を描いた異色の名作『コウノドリ』を始めとして、最近では今までにな かった分野の医療マンガの名作が増えてきています。そこで、今回はお薦めの作品を紹介していきます。
看護助手のナナちゃん (ビッグコミックススペシャル)
作者:野村 知紗
出版社:小学館
発売日:2011-03-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

6位:自分と友だち、そして成功への「信頼」そんな青春バンド漫画『BECK』

 レビュアーとして初参加の青木健太さんのレビュー。いきなりの6位にランクイン!そしてとりあげたのは、バンドマンガの『BECK』高校生活で軽音楽部を外から見ていた私は、「バンドってこんなことがあるんだなぁ」と思う作品です。

『BECK』はさえない日常を送っている高校生のコユキこと田中幸雄が、最強のバンドを作ると意気込んでいるアメリカ帰りの南竜介と偶然出会い、共にバン ドを結成するところから始まります。業界で大きな影響力を持つ蘭やレオンサイクスとの戦い、仲間同士の関係性の変化など様々な困難を乗り越えて成長して行く様子を描いた青春バンド漫画です。
BECK(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
作者:ハロルド 作石
出版社:講談社
発売日:2000-02-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

5位:外交官マンガで学ぶ本物の交渉術『ジャポニカの歩き方』 

 物語が進んでも主人公の特殊能力が発揮されないという点において、マンガの典型からはずれているといえるのが『ジャポニカの歩き方』です。レビュアー筧さんはそこに注目しています。等身大の人間が描かれる作品が評価されるのが、最近の傾向ともいえますね。

主人公はダメダメの若者。あるきっかけから、大使館で働くようになりますが、この手の漫画にありがちな「ありえないほどスムーズな人物成長」は無く、経験不足の中、失敗を重ねながら(という失敗ばかり)、じりじりと経験を積み、じっくりリアルに成長していきます。
ジャポニカの歩き方(1) (イブニングKC)
作者:西山 優里子
出版社:講談社
発売日:2011-08-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

4位:フランスでのテロ事件は1997年にこの作品で予言されていた!?全ての価値観を否定する破壊の黙示録『ザ・ワールド・イズ・マイン』

過去のレビューを加筆修正し、再度読まれました。新井英樹さんの『真説ザ・ワールド・イズ・マイン』です。

 ●最後には「相対性」だけでなくアメリカ的価値の「絶対性」も否定する

結末に向かって、殺戮の描写はどんどん加速していき、物語そのものも非常に複雑な構造になっていく。新井英樹が「マリア死亡以降はエピローグです」 と語っているように、阿倍野マリア(アヴェ・マリア!)がストーリーから消えて以降は、それまでとは逆に、(アメリカの)価値の「絶対性」や独善的な「決定」が攻撃対象になる。

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)
作者:新井 英樹
出版社:エンターブレイン
発売日:2006-08-31
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

3位:あなたは「友の死」と「彼女との未来」を交換することができますか?『orange』

映画化で更に注目が集まっている『orange』をレビューしたのは大西さんです。

人生は後悔の繰り返しばかりだと思います。あの時、気持ちを伝えていたらあの時の別れはなかったかもしれない、いま一緒に二人で歩いていたかもしれない。仲直りしておけば、後悔しなかったかもしれない。

先日、完結した高野苺さんの『orange』はそんな後悔、大切な人が亡くなる未来を変えるため、主人公である高宮菜穂が活躍する、SFの要素もある恋愛漫画です。主人公は、10年後の自分から届いた手紙を手がかりに、転校生の成瀬翔に訪れる未来を変えようとします。

orange(1) (アクションコミックス)
作者:高野 苺
出版社:双葉社
発売日:2013-12-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 高校生活の表紙と、時を経た描写の表紙が交互に飾ります。

orange(2) (アクションコミックス)
作者:高野 苺
出版社:双葉社
発売日:2013-12-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

2位:ムヒョロジファンは涙した。私はいま、「西先生ありがとう」しか言えない。『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 

レビュアー園田さんが、なにに涙したかというとこちらのツイート

 強い!西義之先生は女性ファンがたくさんおられると確信しました。提携サイトからきっと心を揺さぶられて読みにきてくださった方が多かったことでしょう。今週堂々の2位です!

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (1) (ジャンプ・コミックス)
作者:西 義之
出版社:集英社
発売日:2005-05-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

1位:メーテルは『銀河鉄道999』で、いったい何回脱いだのか? 思春期男子のニーズ満たしまくりな松本零士先生の「ずるさ」をアナリティクスしてみた

今週の1位は「刹那の見斬り」さんのレビュー。メーテルが脱ぎすぎているというユニークな視点で面白すぎるレビューを書き上げてくださりました。

ストーリーをよく覚えていない(個人的)理由

 「ヤマト」や「ガンダム」、あるいは「マジンガー」「ザンボット3」とか同時代の他の作品は克明に覚えているので、どうしてかな〜と不思議だったんですが、今回このレビューを書くにあたって読みなおしてみたら、その理由がわかりました。

 「エロ」です。

 毎号毎号、チャンスがあれば必ず脱ぐ、チャンスがなくても、ちょっと不自然でも脱ぐ。「脱ぎのエキスパート」といっても過言ではない。

レビューを読みにいくと「脱ぎ頻度グラフ」なるものがあります。最高に面白いのでもう一度、こちらからレビューが読めます。

メーテルは『銀河鉄道999』で、いったい何回脱いだのか? 思春期男子のニーズ満たしまくりな松本零士先生の「ずるさ」をアナリティクスしてみた

銀河鉄道999(1) (ビッグコミックス)
作者:松本零士
出版社:小学館
発売日:1997-04-30
  • Amazon Kindle

 さて今週はここまでとなります。最後に爆弾のように面白い『銀河鉄道999』のレビュー。マンガを常に尊敬しつつ、こんなに風変わりな紹介の仕方があるのかと個人的に勉強になりました。本日もここまで読んでくださり、ありがとうございました。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事