マイルドヤンキー層必読!?ヤンキー✕新選組!80年代少年漫画復古『ちるらん 新撰組鎮魂歌』

浅田 貴典2015年11月26日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、集英社ジャンプ jBOOKS編集長の浅田貴典です。前回の『亜人ちゃんは語りたい』レビューで、二次元女子への愛を叫びすぎた結果、女性の同僚の視線が冷たいものになっている気がします。
なので汚名を返上したいと思います。

浅田は男も好きなんだーーーーッ!

というわけで今回紹介したいのは、梅村真也&橋本エイジ先生の「ちるらん 新撰組鎮魂歌」です。

ちるらん新撰組鎮魂歌 1 (ゼノンコミックス)
作者:橋本 エイジ
出版社:徳間書店
発売日:2011-04-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  おこしは明治末期、女性新聞記者・市川真琴が、北海道で「杉村義衛」と名乗り暮らしている老人・元新撰組の生き残り「永倉新八」を訪ねるところから始まります。“維新を3年遅らせた時代錯誤の馬鹿たち”・“冷酷無比な人斬り集団”と呼ばれた新撰組、鬼の副長とよばれた「土方歳三」の真実を求めて…。
 

( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

期待感高まるオープニングじゃないですか。どんな魅力的な幕末のメンバーが出てくるのか、楽しみです。

ところが、これが…一筋縄じゃいかないんです。

1:努力が過ぎて、切られ慣れすぎの永倉新八。相手の剣も素手で掴む!

( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

 2:暴力絶対至上主義!殺人大好き、芹沢鴨!

 ( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

3:鉄砲玉会津藩士の総親分!ツッパリ大名・松平容保!

  ( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

 完全に喧嘩上等・チンピラヤンキーワールドだ!!


…いや、ちがうんです。そのノリが新選組の若さ・熱さをダイレクトに伝えているんです。

例えば、斎藤一が親友を斬らざるをえないことになり、その罪を試衛館(仲間)に及ばないように出て行く事件があります。罪を受け入れて殺されようとする齊藤。その現場に現れた親分の近藤勇は、齊藤を一発バーンと殴った後、

↓一喝!

↓そして仲間全員集結!
 

  ( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

 このあと幕府の役人相手に大暴れです。

また非常な暗殺者となってしまった岡田以蔵。過去に彼と強さ比べをしていた土方歳三は、闇に呑まれかけた岡田以蔵に対して…

↓喧嘩しようぜ!

↓楽しいよな!

   ( 出典・ちるらん 新撰組鎮魂歌 )

 と、岡田以蔵を闇から引き戻します。全編通して、ド直球な解決方法なのです。
気持ちいいじゃないですか、この真っ直ぐさ。どんな厳しい状況に生まれても、不器用ながらも全力で生きている男たちの物語です。それは善悪のベクトル真逆だけど、全力で振りきって、交じりあってゆきます。

現在の社会状況を鑑みるに「考えて生きないと」、いろいろ限界が見えてくるのは事実です。ただ、そればっかりで生きるのも、疲れてしまうでしょう。
友情第一・強さへの渇望・まっすぐな勝負は、80年代少年漫画を貫いていた哲学そのものです。その美しさに、いっとき身を委ねるのもアリでしょう。

もちろん新選組は、読者によっていろんな理想があるジャンルです。ですので、浅田も新選組列剣伝(やる夫シリーズ)の作者が仰っているように、

「君が思う新選組が!!」

「新選組だっ!!」

というスタンスを取りたいと思います。ご興味持たれた方は、ご一読を!
 

 <プチおすすめキャラエンタメ>
新選組列剣伝・流亡伝(やる夫シリーズ)は、エンタメ性・歴史家としての資料研究・解釈、すべて一級品だと思います。全232編ありますけど、ご興味あればどうぞ!

 新選組列剣伝・流亡伝(やる夫シリーズ

 

ちるらん新撰組鎮魂歌 1 (ゼノンコミックス)
作者:橋本 エイジ
出版社:徳間書店
発売日:2011-04-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事