自己顕示欲まみれのSNSに憎しみと怒りを持つ人たちへ!キレキレの風刺ギャグ漫画『インテリやくざ文さん』 SNSにパンケーキをアップするような輩は読むな!

有馬 翔馬2015年12月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず先に言っておきたいことがあります!
・サッカー観戦をして渋谷の交差点ではしゃぐ
・SNSでパンケーキとかスタバの写真をアップする
・SNSで英語の投稿をする 
・オープンカーを自慢げに乗り回す
上記に覚えがある人は、そっとブラウザを閉じるか、前のページに戻ってください。
不快な思いをする可能性があります…。

今回、僕が紹介するのは、細かいことをネチネチネチネチ考える自意識過剰な男が、世の中の虚飾を切りまくる『インテリやくざ文さん』という作品です!!本作は、1話完結もの。1話ごとにおもしろさの振れ幅がけっこうあるのですが、とてつもない切れ味をもったエピソードがあるので、病みつきになります。
さきほど挙げた要素は、本作で切られる側の人たちがよくやってしまいがちな行動です。そういう人たちにこそ反省して読んでいただきたいのですが、反感が怖いのでできればここで読むのをやめていただければと思います!

インテリやくざ 文さん
作者:和泉晴紀
出版社:鉄人社
発売日:2014-08-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

充実した暮らしぶりをアピールする人たち

回りくどい手段を使って、自分を演出しようとする人間は滑稽に思えて仕方ありません。SNSで、「これからこの本を読む」というコメントと共にめちゃくちゃ凝った本の写真(手作りジュースのような小道具付き)が添えられているのを見ると、そんな写真撮ってないで読書がしたいならさっさと読めばいいし、お前が本当にしたいことは、読書をするちょっと知的な自分を演出したいんだろ!ということを全力で叫びたくなる衝動を抑えます。

(実例)

いらない情報が多すぎる!!!!
ここでのアピール(自慢)はこんな感じ。
・美味しそうなパンケーキ。
・綺麗に揃えられたおしゃれな食器。
・「映画ばかりの毎日」というコメント。
結局、何がしたいのだろう??
ただの自慢じゃねぇーか!!!

僕は、インターネットや実生活でこういうものを目撃すると、もんもんとします。
しかし、文さんはその衝動を抑えません。

文さんは、マラソンに参加して充実した生活をアピールする愚民たちをこういう風にぶった斬ります。

(和泉晴紀『インテリやくざ文さん』1巻)

「あーイテテテ」
「気持ちいいぞ。お前も来年は出るか。」

前後で言ってることの矛盾!「イテテテ」による布石!
褒め言葉を待ちわびてるこの姿勢!狡猾すぎる!

そして、「ムリっすよ」という言葉で満たされる自己顕示欲!

うっとうしいんじゃーーー!!!

SNSで英語の投稿をする人たち

これはよくある事例ですよね。
誰に向けたものかよくわからないけど、英語で投稿をする人たち。
完全にこれもアピールとしか思えませんね。
そんな人たちには、こう言ってあげたいです。

(和泉晴紀『インテリやくざ文さん』1巻)

 
英語で投稿することによってむしろより多くの人に自分の醜態をさらしているんですよね…!

しみじみと突き刺さる…!
文さん、戒めをありがとう!

英語で投稿するのは、日本語で一定の評価を得た人のみにしてほしいです。
安保法案よりもそういう法律を制定してください!

やっぱり素直な人が好感を持てる

インターネット上でも実生活でも他人の自己顕示欲にゾッとする瞬間ってありますよね。『インテリやくざ文さん』を読むと、普段はなかなか人に言えないこじらせた思いを発散することができます。悶々としていることがあってもなかなか声に出して言えない人はすごくスッキリすると思います。

とにかく、素直な人間でありたいし、そういう人と友達になりたいなと思います。

(和泉晴紀『インテリやくざ文さん』2巻)
インテリやくざ 文さん2
作者:和泉晴紀
出版社:鉄人社
発売日:2015-11-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ちなみに作者の和泉晴紀さんの作品は、キャラクターがめちゃくちゃ個性的で面白いものが多いです。『孤独のグルメ』で知られるマンガ原作者の久住昌之さんとのコンビユニット泉昌之として発表している『食の軍師』『ダンドリくん』『豪快さんだっ!』という作品のキャラクターたちはとにかく個性が強烈。
『ダンドリくん』は、主人公のダンドリくんがいかに段取りよく生活することができるか、ということにこだわって輝ける日常を手に入れようとあくせくする作品。ダンドリくんの段取りへの姿勢が強すぎて、Amazonでのレビューではこんなことを言われてしまうことも…。

ダンドリの良さとかをアピールしてる漫画で勉強になることもあるけれど、ダンドリの悪い人を馬鹿にする事が毎回あり不快。めんどくさい同僚の話を聞いてる気分になる。

そうなんです!まさにめんどくさい同僚なんですよね。なので、めんどくさいと思われる人たち(失礼)には滅茶苦茶ハマる作品です!

   

ダンドリくん(1)
作者:泉昌之
出版社:ゴマブックス株式会社
発売日:
  • Amazon Kindle
 
豪快さんだっ! 完全版 (河出文庫)
作者:泉 昌之
出版社:河出書房新社
発売日:2008-04-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
食の軍師 (ニチブンコミックス)
作者:泉 昌之
出版社:日本文芸社
発売日:2011-01-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事