妄想を暴走させる女子が「生きがい」を見つけるまでの物語『高台家の人々』

佐渡島 庸平2015年12月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)
作者:森本 梢子
出版社:集英社
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 面白い!

この一言を何度も連呼したい。どうしても小難しくなってしまういつもぼくのレビューよりも、ただ何度も言うだけで十分な気がする。
面白い!面白い!面白い!面白い!面白い!

コルクの若手社員とインターンの間で『高台家の人々』が、面白いと話題になっていた。それで、若手と価値観が合うかなと恐る、恐る1巻だけ買って、読んでみた。そしたら、面白い!
あっという間に3巻まで読んだ。紙の本だと4巻が出ているのだけど、電子だとまだで、予約注文をしている状況だ。もし、文句があるとしたら、先が読みたいのに完結していないことだ。正直、ウズウズして仕方がない。

それで、ぼくは安心して完結しているマンガを読もうと、同じ森本梢子のマンガ『アシガール』を読みはじめた。こちらも、とてつもなく面白い。今、6巻が出ている。5巻が読み終わった後、次の巻でどうやって完結させるのだろう?と思って、読み終わって唖然とした。こちらも完結していなかった。

 森本さんは、こんなにも面白い作品を両方とも、連載中なのか。
うーん、すごすぎる。
ぼくは、我慢できなくて、そのまま『ごくせん』も『研修医なな子』も『デカワンコ』もまとめ買いしてしまった。今週の夜は、確実に寝不足になる。

で、肝心のあらすじは、どんなものかって?
そんなものは、聞く必要がない。読み始めると、確実に最後まで読みたくなる。
そして、登場人物のみんな(若君の兄以外)を大好きになる。こんな性格の人が自分の周りにいたらいいのになぁ、自分もこんな性格になれればなぁという気持ちになる。 

アシガール 1 (マーガレットコミックス)
作者:森本 梢子
出版社:集英社
発売日:2012-07-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デカワンコ 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)
作者:森本梢子
出版社:集英社
発売日:2008-10-17
  • Amazon Kindle
研修医 なな子 1 (YOU漫画文庫)
作者:森本 梢子
出版社:集英社
発売日:1997-09-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事