【激アツ約束】プロや甲子園だけが野球じゃない!シニアリーグ(中学野球)を描いた異色の本格派『BUNGO-ブンゴ-』がとにかく面白い!

小林 琢磨2015年12月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BUNGO─ブンゴ─ 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:二宮 裕次
出版社:集英社
発売日:2015-07-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 お久しぶりの人もそうでない人もこんにちは!
マンガサロン『トリガー』発起人の小林です。(2ヶ月ぶり32回目の進出)

突然ですがみなさん野球は好きですか!?

日本の国民的スポーツである野球。(まさかの)大賞を獲得した今年の流行語である「トリプルスリー」の野球。WBCでは涙を飲んだ野球。
ぶっちゃけ僕は野球を観るのもするのもそこまで好きではありません!むしろ苦手です。

なのに何故か、何故か野球マンガはめちゃくちゃ好きなんです!

『ラストイニング』、『タッチ』、『H2』、『ダイヤのA』、『MAJOR』、『おおきく振りかぶって』『ドカベン』、『グラゼニ』、『ROOKIES』、『ストッパー毒島』、『最強!都立あおい坂高校野球部』、『Dreams』、『錻力のアーチスト』、『バトルスタディーズ』・・・

「野球マンガに名作多しッ!!」

ンッン〜名言だなこれは


しかし、上記の名作タイトルを見てください。

名作野球マンガは数多くありますが、その全てが「高校野球」か「プロ野球」を舞台にしている作品なんです。(『MAJOR』はリトルリーグから描いている作品ですが、メインストーリーは高校野球編かメジャー編だと解釈しています。)

したっけ、プロや甲子園だけが野球じゃなか!

今回紹介する『BUNGO-ブンゴ-』は野球マンガの中では異色なシニアリーグ(中学野球)を舞台としながらも、その内容は本格的かつ王道真っ直ぐストレート!

ヤングジャンプ黄金期を支えるこの新たな野球マンガのエースを是非紹介させてください!!!

ついに黄金期を迎えた『週刊ヤングジャンプ』連載タイトルで打順を組んでみた。
 


舞台はシニアリーグ(中学野球)

高校野球であれば甲子園優勝が目標。プロ野球であればリーグ優勝か日本シリーズ優勝が目標になりますよね?

でも『BUNGO-ブンゴ-』の舞台はシニアリーグ(中学野球)なんです。

一応シニアリーグにも全国大会はあります。でもそこを目標とするなら高校野球を舞台にすれば良いじゃないっすか!違うんすよ、シニアはそこじゃない!

シニアリーグの目標は「甲子園で優勝出来そうな強豪校からスカウトを貰う事」なんです!


(『BUNGO-ブンゴ-』 1巻 122Pより)


同じチームの中でもライバル争いは当たり前。他人を蹴落としてでも有名強豪校のスカウトを勝ち取るために日夜凌ぎを削っているのです。

全国大会に出場するくらいの名門シニアチームは超優秀な野球”学習塾”なんです!!


■主人公の覚悟が半端ない!

そんな超優秀な野球学習塾である静央シニアに入った野球素人の石浜ブンゴ。

当然、周りのメンバーからは反発を喰らいます。野球がやりたいなら学校の部活に入れと。シニアは素人が来る場所でないと。

確かにブンゴは野球素人です。中学生になるまで野球チームにすら入った事はありません。

でも小学生の頃に父親から初めてクラブをもらってから3年間毎日、それこそ嵐の日だって欠かさず壁当てを行っていたくらい猪突猛進な大馬鹿野郎なんです。

自分が熱中出来るものにはとことん突き詰めていく性格なんです。

マウンド上で笑うブンゴ。

(『BUNGO-ブンゴ-』 1巻 46Pより)

そしてそんな強靭なメンタルと規定外な集中力を持つブンゴが、野球のためならグラウンドで死ぬ覚悟すら持っている天才バッター野田と出会った事でその情念が爆発します!

(『BUNGO-ブンゴ-』 3巻  20〜21Pより)

これが燃えずにいられるかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

断言しよう!
今、一番熱い野球マンガは間違いなく『BUNGO-ブンゴ-』であると!


シニアリーグだからこそ登場する女子選手が良いワンポイント

そんな激アツ野球マンガな『BUNGO-ブンゴ-』ですが、左のワンポイントばりに良い働きをしてくれるのがチーム唯一の女性選手であるマコト。

そう、シニアリーグは高校野球と違い、女子の参加が認められているのです!!

(『BUNGO-ブンゴ-』 1巻 197Pより)

マコトかわいいよマコト

お前は女神かと?野球も上手くて可愛いとかお前はどんなヴァルキリーなのかと?すでに究極進化済みなのかと?来世は必ず結婚しようなと。僕はね、そう言いたいんですよ。 

(『BUNGO-ブンゴ-』 1巻 115Pより)


勿論、お約束もありますよ!!


何かに夢中になりたい人は是非読んでください。

大切な事は全て『BUNGO-ブンゴ-』から教わりました。

この作品を読んで燃えない人は最早それは人ではありません。

覚悟とは!! 暗闇の荒野に!! 進むべき道を切り開くことだッ!

そう、この石浜ブンゴには黄金の精神がある!高い志を持って、どんな困難にもけして諦めない強い心がある!!

読むと自分の情熱が二段階くらい上がる最強のエナジードリンクです。

まだ3巻までしか発売されていないので未読の方はこの機会に是非是非。

BUNGO─ブンゴ─ 2 (ヤングジャンプコミックス)
作者:二宮 裕次
出版社:集英社
発売日:2015-08-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

BUNGO─ブンゴ─ 3 (ヤングジャンプコミックス)
作者:二宮 裕次
出版社:集英社
発売日:2015-10-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事