いつでもどこでも(会社でも)見られるWEBマンガが大好きです。『SNSポリス』『彼女のいる彼氏』 2015年に彗星のごとく登場!広告業界出身の次世代WEBマンガ家が熱いワケ

筧 将英2015年12月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもどこでも会社でも見られるWEBマンガが大好きです。

2015年はWEBマンガがこれまでで最大の盛り上った年じゃないでしょうか。WEBマンガから書籍化・アニメ化された作品がたくさんありました。Comicoや裏サンデーなど、WEBマンガはPCでもスマホでも気軽に見られるところがよいですよね。何より読むのは無料ですし(好きな作品はちゃんと買いましょう)。

ということで、たくさんのWEBマンガを読んでいるのですが、最近、広告業界出身のマンガ家さんが熱い。今回は同じ業界の人間として応援する意味も込めて紹介させていただきます。

一人目は、みんな大好きかっぴーさん。

伊藤 大輔(かっぴー)昼は広告屋、夜は漫画家。
代表作は「SNSポリス」「おしゃれキング ビート」など
(http://nora-ito.hatenablog.com/より)

WEBに親しい方はすでに知っていると思いますが、数ヶ月前にフェイスブックポリスで突然登場。またたく間に新作を投入し続け、かつ広告タイアップも受けまくってます。WEBから有名になった人の中で、こんなに早く知名度を上げて、かつ広告タイアップも連続して受けている人っていないんじゃないでしょうか。

かっぴーさんの作品はこちらにまとめられています。かっぴーさんの作品で最初にびっくりしたのは、こんなに個人名って使っていいんだってこと。「火の国の王子」とかツボすぎました。

2人目は、NHK U-29に出演された矢島光さん

 

2011年大学在学中に、モーニングmanga openにて漫画家デビュー。大学卒業後、某IT企業に新卒入社する。2015年に同社を退社し、WEBマンガを中心に活動中。
(http://www.kurage-bunch.com/manga/kanokare/より)

「働く大人のごほうびマガジンROLA(ローラ)」で『彼女のいる彼氏』を連載中です。

働く大人のごほうびマガジンROLA(ローラ) より

2015年10月に第1話なので、矢島さんもスピード感あります。あと、1話目を読んでいただければわかりますが、登場する会社の元ネタがわかりやすぎるところもいいです。広告タイアップマンガでも『接近女子』を連載していて、かっぴーさん同様、タイアップするのもすごく早い、、、。ちなみに、こちらのNHKのU-29という番組のサイトで1週間のスケジュールが公開されていますがひきます。お疲れさまです。

作風はかなり異なりますが、どちらの方も広告業界出身です。(かっぴーさんは元広告代理店のプランナー、矢島光さんは元インターネット系の広告会社勤務)作品はほとんどWEBで公開されているので、読んでもらったほうが早いのですが、レビューですのでなぜ作品が魅力的なのか、何がすごいのか、ということをまとめます。
 

 読んでもらいたいひとが明確


(フェイスブックポリスより)
SNSポリスの一場面ですが、レイバンのスパム広告が登場。これってわからないひとにはまったくわからないですよね。インターネットに親しみのあるひとだけ向けているネタが大量に出てきますが、ある種の身内ネタだから盛り上がります。

(彼女のいる彼氏1話より)
 彼女のいる彼氏の1話の場面。圧倒的に某C社の入っている渋谷のビル。ここではスマホUIなど言葉が出てきていますが、作中ではIT系の言葉がバリバリ登場します。
この言葉づかいも読む人を限定しているな、と思います。

WEBマンガの特性だと思いますが、そもそも読む可能性のあるひとのITリテラシーが高いので、ここまでふりきった設定や言葉が使えるだろうなと思います。その結果、刺さるひとにはとても刺さる
 

 ︎「あるあるシーン」の切り取り方のうまさ

 

裸の王様VSアパレル店員より)
超共感します。あのアパレル店員のよく使うワードってなんでしょうね。その言葉に対する疑問をみごとに代弁してくれる。この代弁する力がかっぴーさんならではです。


(彼氏のいる彼女の1話目)
仕事がひっくり返ってやりなおし、かつ上司の謝り方がこんな感じ、というのも体験したことがあるひとは多いはず。共感シーンが多いと、その作品を好きになりますよね。

 シェアしたくなるセリフ



「彼女のいる彼氏」はキュンキュンシーンが多いのですが、最新18話ではここがキュンキュンシーンでしょうか。ツイッターで検索しても、登場する男性にキュンキュンした、という内容がとても多いです。

僕はこのシーンで「フラペチーノしたいってwww」とシェアしたい欲求にかられます。シェアしやすいシーン・キーワードの作り方がうまい。
 
 
広告タイアップマンガの完成度

金麦琥珀のくつろぎのタイアップマンガより)

金麦琥珀のくつろぎのタイアップマンガも公開されていますが、かっぴーさんの作風を変えずにみごとに商品を登場させています。作風を崩さずに成立させるうまさは、もともと広告業界出身だったからだろうなと思います。あと、商品も絵のまま登場させるのはすごいですね。ここは広告主の理解だと思います。


接近女子より)
こちらのタイアップマンガでも登場人物を活用しつつ、恋愛という切り口の中でしっかり商品をみせています。このあたりもうまいなと思います。商品に興味がなくても読めます。

以上、2015年に登場した広告業界出身のWEBマンガ家のおふたり「かっぴーさん」と「矢島光さん」の紹介でした。これらの作品を読んでみると、どうやったら広がるのか、知ってもらえるのか、共感してもらえるのか、広告として成立するか、ということをよく考えて試行錯誤されています。2016年も活躍されていくと思いますので、引き続き応援していきます。

SNSポリス
作者:かっぴー

 

彼女のいる彼氏
作者:矢島光
出版社:新潮社
発売日:2015-04-17

あと、WEBマンガではないですが、広告業界をテーマとした代表作は、おかざき真里さんの『サプリ』だと思ってます。広告業界のクリエイティブ職に興味のある方はこちらもどうぞ。 

 

サプリ 1巻 (FEEL COMICS)
作者:おかざき真里
出版社:祥伝社
発売日:2004-06-01
  • Amazon Kindle

 

**********************************************************************

【マンガHONZイベント情報】
堀江貴文&佐渡島庸平登壇 12月28日(月)マンガHONZ超新作大賞2015 授賞式トークイベント
今年出た一番面白いマンガが分かります。 

日時:12月28日(月)18:30開場、19:00スタート
場所:渋谷 SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)
住所:東京都渋谷区神山町17-3テラス神山1F

参加費:3,000円(ドリンク付き)

※チケットが完売した場合、当日券の販売はございませんのでお早めにご予約ください!
※イベント終了後、堀江貴文・佐渡島庸平を含むゲストを交えた簡単な懇親会がございます!

▼チケット購入はこちらから
http://peatix.com/event/131803/


*********************************************************************

『サプリ』を読んでみたい方や、これまでマンガHONZで紹介してきたマンガを読みたい方は、渋谷マンガサロントリガーでお読みいただけます!
「マンガHONZを見た」初回来店時チャージ料無料になります。営業時間とイベントカレンダーをご確認の上、ぜひご来店ください!

渋谷マンガサロントリガー

 

*********************************************************************

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事