サンタクロースに土下座して「本当のプレゼント」を見つけたクリスマスの夜『謝男』 モノより思い出!!

山田 義久2015年12月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
謝男 2巻 (ニチブンコミックス)
作者:板垣恵介
出版社:日本文芸社
発売日:2013-03-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 今夜はクリスマスイブ。
ということで今日はちょっと、漫画に登場するクリスマスの場面の中で、特に好きなものを紹介します(最後の方にちょっとしたクイズを作ってみました)。『謝男』第2巻にある「サンタクロースの夜」という回ですが。。

そもそも『謝男』("しゃーまん"と読みます)というこの作品が、隠れ名作で。作者は『刃牙』で有名な板垣恵介さん。強さを描き続けて辿りついた結論の一つが、土下座だそうで、「生徒に土下座をする」ことで生徒に人の道を説いていく高校教師、拝一穴(おがみいっけつ)を主人公した話がこの作品となります。ちょっと意味わかんなーい?と思った人もいるかもしれませんが、拝一穴の語りの一つ一つが詩的で、かなり深くおもしろい話なので、それは別の機会に詳しくレビューすることにします。

(拝一穴がサンタクロースのマネキンに土下座するの図)

クリスマスの朝、生徒達が学校に登校すると校庭がいつもと違う状態になっていました。

近くからみると、トナカイに引っ張られたソリが校庭を何周か走って、空に飛び立ったかような跡。ただ、そこは高等学校。もはや、いたいけな子供でない生徒たちの反応は。。

けど、一部の生徒がちょっとイタめな彼に対して、「いるよ」、「アンタの数珠よりはぜんぜん信じられる」と喝破。

そして、何と校長までもが肯定的で、「わたしは見たから」なんて言い出す始末。

それをそのはず、実は校庭の”跡”は、「サンタはいるよ」と言った生徒たちが中心になって作ったものなのです。そして、その作業の様子をたまたまそれを校長も見ていたと。

そして校長が、必死で作業する生徒たちを見ながら、短い言葉で色んな意味が詰まった名言を放ちます。最後の締めの一言を隠してクイズにしてみたので、ちょっと考えてみてください。

やっと意図が呑み込めた……
ナルホドそういうことか…
学友(とも)に”サンタ”をプレゼントするという
真心(アイデア)…………………

見事な真心(サービス)だ
見事な真心(まなび)だ
なんと
見事な真心(まごころ)だ

もしも…
もしも許されるのなら……

もしも許されるなら、、、何かわかりますか?
まぁ、少なくとも学生には絶対言えない類のキレっキレのセンスが光る大人の一言です。まぁ、、これ、一発でバシっと正解を当てた方は、絶対に今夜一人で過ごしていないと予言しておきます笑

ハッピークリスマス!

*********************************************************************


今回紹介したマンガを読んでみたい方や、これまでマンガHONZで紹介してきたマンガを読みたい方は、渋谷マンガサロントリガーでお読みいただけます!
「マンガHONZを見た」初回来店時チャージ料無料になります。営業時間とイベントカレンダーをご確認の上、ぜひご来店ください!

渋谷マンガサロントリガー

 

*********************************************************************

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事