緊急ニュース!!!本日リリースされたアプリ「マンガ新聞」!その3つの魅力に迫る!!

岡田 篤宜2016年01月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

タイトル
マンガ新聞 
マンガの最新情報をお届けするキュレーションサイト

マンガ好きのマンガ好きによるマンガ好きのためのアプリ「マンガ新聞」がリリースされました。マンガ情報特化型キュレーションメディアアプリの3つの特徴をこれからご紹介いたします!

キュレーションアプリ「マンガ新聞」その3つの特徴とは・・・

(1) マンガ情報のキュレーションメディア

マンガの出版数は大変多く、直近のコミックス新刊点数は年間12,161タイトルとなっている。しかしながら膨大な数にまぎれ、良作にもかかわらず埋もれてしまう作品も少なくない。『マンガ新聞』は、読者とマンガの素敵な出会いを生み出し、マンガ業界の活性化につながることを目指して、開発した!『マンガ新聞』は、国内のメディア各社が提供するマンガのニュースや新刊情報を集約し閲覧できるサービスである!

(2)堀江貴文、コルク佐渡島などマンガHONZのレビュアーがキュレーターとして参加

キュレーター」と呼ばれる業界専門家や、友人をフォローすることで、彼らが薦める記事とコメントを表示。今まで手に取らなかったジャンルのマンガに触れる機会の促進や、既知の物語の新しい解釈の発見につなげ、マンガをより楽しめる環境を作る。

(3)投稿のSNS連携やキュレーターやユーザーのやフォロー機能

キュレーターやユーザーは、各ニュースをTwitterやFacebookと連携して投稿できるほか、会員登録すれば各記事にサービス上でコメントを付けることができ、他のユーザーと感想などを語り合える場として活用可能です。堀江や佐渡島など、注目する個人のマンガ情報キュレーションをフォローすることで、新しいマンガとの出会いを促進する。

掲載される情報はすべてが「マンガ」にまつわるもの。システムはあの大人気経済情報アプリ「News Picks」と同じ。個人が気になった情報をピックすることで、他のユーザーたちとマンガの最新ニュースを共有できる。

これで、今まで趣味の違いから友達と好きなマンガについて語り合えなかった人も、自分と同じマンガを好きな仲間を見つけて語り合うことができるようになります。さらにSNSとの連携を用いれば、今現在つながってる友達とも、マンガの最新情報を共有できます。マンガの総合ニュースキュレーションサイト、それが「マンガ新聞」なのです!

マンガ好きと世の名作、良作たちとの出会いを応援するため、マンガ新聞は今日もみなさまにマンガの最新情報をお届けします!

ここからアプリダウンロードができます!

タイトル
マンガ新聞 
マンガの最新情報をお届けするキュレーションサイト

 

「マンガ新聞」ウェブサイト版はこちらより
http://www.manga-news.jp/

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事