【映画】『最後の1本 〜ペニス博物館の珍コレクション〜 』まさに珍作、こいつは1本取られた!

内藤 順2016年01月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大自然に囲まれた北欧・アイスランドには、世界で唯一と言われる博物館が存在する。驚くことなかれ、それはなんと哺乳類のペニスだけをチン列した「ペニス博物館」なのだ。

豚、馬、羊、トナカイ、ホッキョクグマ、セイウチ、アザラシ、クジラ、シャチ、イルカ、キツネ、ミンク、ハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミ...。そこには、ありとあらゆる哺乳類のペニスが一堂に会す。

©2012 OTIS JONES LTD – ALL RIGHTS RESERVED

40年近くに渡って収集を続けてきたのは、元教師の経歴を持つシッギ館長。そんな彼にも、たった1つだけ手に入らないものがあった。それがホモ・サピエンス=人のペニス。その最後の1枠をめぐって、我こそはと2人の人物が名乗りを上げたところから話が始まる。

©2012 OTIS JONES LTD – ALL RIGHTS RESERVED

本作は1つの陳列スペースをめぐって繰り広げられる2本のペニス、そして3人の男の間に繰り広げられる数奇なやり取りを描き出したドキュメンタリーである。

ペニスをコレクションするシッギ館長 ©2012 OTIS JONES LTD – ALL RIGHTS RESERVED

1人目の男は、地元アイスランドの英雄的存在でもある95歳のパゥットル・アラソン氏。冒険家として名を馳せた彼は、数々の女性との浮名を流したご自慢のナニを差し出すことを申し出る。

もう1人の人物はアメリカに住む、中年カウボーイのトム・ミッチェル氏。己のナニに「エルモ」という愛称を付けるほど入れ込んだ彼は、立場が劣勢と見るや生きているうちにナニを差し出すことまで決意する。さらにはアメリカ国旗のタトゥーも入れ、国家的威信をかけて名乗りを上げた。

まさにあちらを立てれば、こちらが立たず。この悩ましき状況も、時間が経つにつれ地元の英雄アラソン氏が一歩リードしたかのように思えた。しかしアラソン氏にも、大きな壁が立ちはだかってしまう。それがアイスランドに古くから伝えられる「法的な長さ」問題であった。

アイスランドでは男性のナニには親指幅5本分のサイズが必要という言い伝えが残されており、その影響を受けたシッギ館長は最低でも12.7cmの長さを満たさないと陳列しないことを決めてしまうのだ。とはいえアラソン氏は95歳の高齢。加齢によりサイズの縮みも著しく、予断を許さない状況に。プライドを立てるのか、ナニを立てるのか。

一方でアメリカ代表のミッチェル氏も、思いが募るあまり不可解な行動をエスカレートさせていく。勃起した状態での陳列を希望し、陳列ケースへのこだわりも半端ない。さらには、ナニのコスプレ写真をこれでもかと送り続けて、館長のシッギを辟易させる。

自慢の相棒を送り込みたいミッチェル氏 ©2012 OTIS JONES LTD – ALL RIGHTS RESERVED

全編を通して緊張感あふれるドキュメンタリータッチが続くが、ときおり思い出されるテーマそのものの存在が適度な緩和を生み出し、そこはかとなく可笑しい。そして意外な形で決着がついた後も、館長のシッギが繰り広げるシュールな光景からは目が離せないだろう。

©2012 OTIS JONES LTD – ALL RIGHTS RESERVED

集めたい男と、永久に保存されたい男をめぐる3つ巴の攻防。そのやり取りを通して、男達がペニスに何をシンボライズさせているのかが見えてくる。探究心、自尊心、プライド...。ホモ・サピエンスの威信をかけた「性器の一戦」をとくとご覧あれ!

ダーウィンの覗き穴:性的器官はいかに進化したか
作者:メノ・ スヒルトハウゼン 翻訳:田沢 恭子
出版社:早川書房
発売日:2016-01-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

繁殖をめぐって利害が対立する雄と雌は、自分にとって有利にことを運ぶべく、互いを出し抜く仕組みをつくり出している。そんな両性の競争から生まれた多彩な性器や性行動の知られざる世界を描いた一冊。訳者あとがきはこちら

Act of Love
作者:
出版社:Human Reserch
発売日:2015-09-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

73種の動物たちの求愛行動をまとめた、驚きの求愛図鑑。編纂したのは、なんとサガミオリジナルでおなじみの相模ゴム工業! WEB版はこちら

性倒錯者 だれもが秘める愛の逸脱
作者:J. Bering 翻訳:鈴木 光太郎
出版社:化学同人
発売日:2016-01-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ベルリンの壁と結婚した女性、自分の身体にできた潰瘍性の傷と恋に落ちた男性、エッフェル塔と性交した女性、イケメンのくしゃみにだけ興奮する男性。どこまでも広がる性愛の世界に、著者はインサイダーの視点と、科学的な知見で斬りこんでいく。レビューはこちら

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら