極上のサラリーマンサボり術マンガから、服ってどうやって決めればいいんだというお悩み解決マンガがランクイン!マンガHONZ週間ランキング! 【2016年1月17日(日)-1月23日(土)】

佐藤 樹里2016年01月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガHONZのNEWSというタブ、実は頻繁に更新しています。こちらでイベント情報を掲載しています。今週だと
・『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』の森田崇先生熱筆!マンガ登竜門#3 Presented by ワコム【マンガ原稿ワンドロ】
なんてイベントが渋谷で行う予定なので、ぜひチェックしてみてください。それでは今週のマンガHONZレビューランキングを発表します。

10位:コーディネイトはマンガで学べ!!もう一度おしゃれをしてみようと思うすべての男性へ『服を着るならこんなふうに』

服を着るならこんなふうに (1)
作者:縞野やえ
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2015-12-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

副題が「カワイイ妹のアドバイスで私服力を高める」となっていて、なんだ、かわいい妹がいれば服の問題は解決するのか・・・なんて思ってしまいますね。内容は実践的で、マンガからコーディネートを学ぶのに最適な一冊です。1巻が12月に発売されたばかりです。

9位:キッチンにはピカチュウが必要?肉を美味しく食べたければ「通電」すべし!

決してマネしないでください。(2) (モーニング KC)
作者:蛇蔵
出版社:講談社
発売日:2015-06-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

味博士のマンガHONZ出張 コーナー。今回はお肉に電気を通すと美味しくなるのか?というテーマで、お肉に1万5000ボルトを通電させてしまうという実験をしています。『決してマネしないでください。』もびっくりというか、「決してマネしないでください。」な話ですね。記事中の発光するお肉写真が綺麗なので、ご覧あれ。

8位:ヒトならざるモノから、人を守る高い壁は、もう一つある。
『ストラヴァガンツァ -異彩の姫-』

ストラヴァガンツァ-異彩の姫- 1巻 (ビームコミックス)
作者:冨 明仁
出版社:エンターブレイン
発売日:2013-07-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 富明仁さん著『ストラヴァガンツァ-異彩の姫』ファンタジーの世界観を守りつつ、コミカルさも忘れないというのはたいへんに難しいのだと小沢高広さんが語っています。主人公は仮面の女王。城下町に降りるときには仮面をはずし、名前を変えて市民と交流します。

 『進撃の巨人』は、常々、ブレーキの壊れた自転車で、坂道を一気に駆け下りているような展開が魅力だと思っている。
その例になぞらえるなら『ストラヴァガンツァ』には、ブレーキングもハンドリングも完璧なBMXのトリック満載の走りを見ているような魅力を感じる。(レビューより)

7位:カラダ探すだけじゃ終わらなかった…。謎解き×ホラーの『カラダ探し』

カラダ探し 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
作者:ウェルザード
出版社:集英社
発売日:2015-02-04
  • Amazon Kindle
カラダ探しを終わるまで、永遠に11月9日を繰り返さなければならない。明日香たちは毎夜、強制的にカラダ探しを行わされ、赤い人に殺され続けていく。

佐保さんのレビュー!『カラダ探し』は夢にカシマさんが出てくるとまずいとか、そういう都市伝説や怖い話が大好きな人にはぴったりな作品ですね。今度発売される6巻で完結だそうです!

6位:誰かの言いなりになって生きるのは楽だよね。でもそれでいいの?『月刊少女野崎くん』

月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)
作者:椿 いづみ
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2012-04-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ガンガンOnlineで連載中の『月刊少女野崎くん』心は乙女な男子高校生マンガ家野崎くんをとりまく日常コメディー。レビューでは『月刊少女野崎くん』から見いだせる人間関係を良くするヒントについて書いています。コメディ部分は現実的なので、「わかる!」といいたくなりますね。

5位:一流のサボり方(と美味しいスイーツ)を教えよう 『さぼリーマン 飴谷甘太朗』

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニング KC)
作者:アビディ 井上
出版社:講談社
発売日:2015-09-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 サボりには一流と二流がある・・・!?

主人公は、IT企業の内勤から出版社の営業職へと転職を果たした飴谷甘太郎(あめたにかんたろう)。
彼が営業に転職した理由・・・それは前の仕事で失敗したからでも、自身のキャリアアップのためでもない。営業と営業のスキマ時間に気になる甘味処を回れるからなのだ!ただし、彼はただサボってスイーツを食っているわけではない。
このマンガには一流のサボり方を学ぶための秘訣が隠されているのである

平日の昼間からなぜかスーツでゲーセンにいるサボりびと。なぜかまんが喫茶で・・・なぜか銭湯に・・・そうか彼らは高い成果をあげていたから堂々とサボっていたのか・・・!というわけではないでしょうが、『さぼリーマン 飴谷甘太朗』 は営業トップ成績を維持しつつ、全力でサボりに没頭するサボりプロのようなのです。

4位:若く美人の中国人嫁を貰って独身中年ヲタが・・・『中国嫁日記』

中国嫁日記 一
作者:井上 純一
出版社:エンターブレイン
発売日:2011-08-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

前週2位の中国嫁日記レビューが今週もランクイン!ほんわか国際結婚エッセイかと思っていたら、物語は会社のお金横領の話へと発展していきます。たまに更新される本家ブログのほうも見逃せません。中国嫁日記

3位:欲望に負けたことのある人へ。大学生の『ヒメゴト』を覗く背徳感がたまらない。

ヒメゴト〜十九歳の制服〜 1 (ビッグコミックス)
作者:峰浪 りょう
出版社:小学館
発売日:2011-04-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「相手のスマホを見るのは後悔しかしないからやめたほうがいい。」こんな言葉がどこかに書き込まれていたのですが、まぁ自分がやられたら嫌なことですよね。しかし気になる気持ちはわかる・・・!本棚に堂々と刺さっている卒業アルバム。気になる・・・!『ヒメゴト』はそんなわかっちゃいるけど一線を踏み越えてしまい、日常が変化してしまうさまを生々しく描いた作品です。

2位:SMAP解散騒動の真相なんかどうせ分からないんだから『はじめちゃんが一番!』でスッキリしませんか?

はじめちゃんが一番!(1) (フラワーコミックス)
作者:渡辺多恵子
出版社:小学館
発売日:1989-05-26
  • Amazon Kindle

 大手男性アイドル事務所から、トップグループの移籍問題が勃発したり、その後輩メンバーが心配したりと、あれ、うっかりS◯APの話に似ている・・・?というのが本作。そんなわけで

この「今こそ読むべき感」は凄くないですか!?

というコメントと締めくくられます。SNSには「懐かしい!というより、文庫で買い直した作品。モデルは光GENJI、舞台はジャニーズベースの芸能界。」というコメントがあがっていました。

1位:モテるためにまだ服なんか気にしているの?『服なんて、どうでもいいと思ってた。』

服なんて、どうでもいいと思ってた。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
作者:青木U平
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-02-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

今週1位は荒井さんのレビュー!なにこの衝撃の表紙!ネギ背負っているし!表紙は絶妙なギャグですが、服なんてどうでもいいと思っていたら現実モテないし、どうすればいいのだろう。ちょっとこじらせたモテない男たちによる本質をついた発言がつめ込まれているのが『服なんて、どうでもいいと思ってた。』です。もはや「俺、ユニクロなんで。」が謙遜でもなんでもなくなっているこの時代。いっそ江戸時代に装いがタイムスリップしてしまえば、誰も悩まないんですけどね。

今週10位の『服を着るならこんなふうに』と一緒に楽しみたいですね。それではまた来週お会いしましょう!

服を着るならこんなふうに (1)
作者:縞野やえ
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2015-12-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事